04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

西岡は来期…どうなんかね。 

今季の大半が故障で二軍暮らしだった阪神・西岡剛内野手(31)は12日、巨人とのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦(東京ドーム)、9回無死一塁の場面で代打で登場。
中前打を放って好機を広げたが、残念ながら点にはつながらなかった。

「1年通して悔しい気持ちがあった。チームに対して申し訳ないと思う」と反省する西岡は、今年で阪神との契約が満了する。

球団は残留させる方針だが、来年も阪神かとの問いに「今はまだ終わったばかりだから」と言葉を濁した。

(転載ここまで)


言葉濁すくらいなら正直いらんわ。
いやまあ、怪我については仕方ないと思うし、そもそもあの福留から全力で激突されてるんで、いろいろ壊れていても当然。(福留が無傷に近いのは、福留のモノが違うから)
阪神初年度は、ある程度打てるんで守備のマズさも目を瞑っていられたんだけど、福留に壊されて打つ方の迫力が無くなってからは、守備力の無さが目に余る。
セカンドは守備力随一の大和か、大和よりは打てる上本で争ってる状態だし(個人的には大和の守備力を優先してほしい)、サードをやらせるとスローイングの悪さと肩の弱さが致命的。ショートは…"聖域"ですわな(溜め息)。ファースト西岡なんて打力的に有り得んし。
昨今は選手寿命も長くなったと思うんですが、西岡は31才の割に老け込んでるというか、すでに下降線ですよね。阪神のお家事情を考えると、悪くても2割8分以上打ってくれないと使えない。
チャラチャラしてるのがウリとはいっても、新庄という…成層圏を突破するような次元の違うチャラチャラを見てる身としては、西岡のは所詮コンビニの前でたむろするヤンキー。藤浪を派閥に取り込もうとしても相手にされてない有り様。
まあ、来年も阪神にいるだろうとは思うけど、実績よりも現状動けるアピールをしていかないと、新監督の方針次第で扱いは変わるでしょうね。

今年、梅野と江越の二人が頭角を現したのは何よりですが、昨年西岡の怪我をきっかけに伸びた上本が、今年は不振と怪我で大和と併用される状況になったりと、なかなかレギュラー定着する野手がいない状況。実質…鳥谷以来育成全滅。
育成部門がいろんなしがらみで、無能が配置されていて腐っているのは常々言っている通り。たまに佐藤義則みたいな有能が来ると、最終的に「あきれて」去っていくというのが阪神。
関本健太郎が今シーズン限りで引退しましたが、186cmで長打力もあったはずが、いつの間にか便利屋でコツコツ当てるタイプとして固まってしまった事については、自分は残念でなりません。八木、濱中のような中・長距離砲になれる素材だったのに(和田がそういう風に育てたんだろうなあ)。もちろん…そうすれば出番が確保出来るし、チーム的にも助かったんでしょうけどね。
この、"和田がユニフォームを着続けたことによって生まれた、コツコツや逆打ちを尊ぶ阪神"を変えていくのは大変な事です。それでいて、"和田二世"みたいな3割前後打つ打者は一人も出てこなかったし。
自分が「和田監督お疲れ様~」とか言いたくないのは、そこら辺の感情ですね。

これでマートンがいなくなれば、打線としては軸が無くなる(年齢的にいつまでも福留に頼れないからねえ)。育成は急務としても、とりあえず誰か引っ張ってこないと新監督がバカを見る状況です。
ここで西岡が、3割前後の打率でサードを請け負ってくれれば助かるんだけど、果たして…。
関連記事
スポンサーサイト
2015/10/13 Tue. 13:37 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1935-c4feddbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)