06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう』(岡村靖幸) 

岡村靖幸がオリジナルアルバム「幸福」を2016年1月27日にリリースすることを発表した。

岡村がオリジナルアルバムをリリースするのは2004年9月発売の「Me-imi」以来、約11年半ぶり。収録曲は後日発表される。
アートワークは2013年発売のシングル「ビバナミダ」も手がけた現代美術家の会田誠によるもので、「幸福」というタイトルの意味を追求した普遍的かつノスタルジックな作品に仕上がっている。
なお本作は、音楽とアートワークで1つの作品として制作したという意図から、しばらくの間ダウンロードやストリーミングなどは行われない。

リリース形態は、オンラインストア・SPACE SHOWER STOREでの受注生産限定となるデラックスエディションと通常盤の2タイプ。
デラックスエディションは通称「幸福3部作」として、高音質なBlu-spec CD2、川島小鳥が台北で3日間にわたって岡村を撮影した写真集「台北日記」、岡村の最近のライブ映像作品にて監督を務める村尾輝忠が撮影と編集を担当したドキュメンタリー映画「平熱大陸」のDVDがセットとなっている。
デラックスエディションの予約受付期間は本日11月15日から12月15日までの1カ月間なので、入手したいファンは予約をお忘れなく。

また、来年春には全国ツアーも開催決定。全国5カ所のZeppやホール会場にて全14公演が予定されている。

(転載ここまで)


自分は、芸事を生業にする人や、何かを生み出すクリエイター的な方が薬に手を染める事に基本寛大なんですが(悪なのは当然として、それによって何かを生み出すんであれば、その境地にたどり着くのは当人の責任だと思うんで)、岡村ちゃんは定期的に薬で捕まる事で「延命」してる珍しいパターンの人だと思うんですよ。
岡村ちゃんの親友であった尾崎豊の場合、自分が"いい年"になっていく時の流れにアジャスト出来ずに苦しみ、あの形でピリオドを打った事で結果的に尾崎豊という形を保ったと思うんです。あくまで私見ですけどね。
対して、岡村ちゃんは間違いなく…定期的に薬で逮捕されて世間から消える事が、岡村靖幸というアーティストのイメージを保つ要因になってる。途中太ったりしてたけどw、なんだかんだで今はそれなりの体型と若い外見だし。
消えてる期間が長いから、長渕剛みたいに新しいファンを獲得して生き延びている訳ではないけど、自分らおっさんおばさん世代の岡村ちゃんイメージは変わらない。サザンは年取ったし、美里は(体型が)丸くなったし、小室ももう神通力は無い。
今回のアルバムも、11年半ぶり。自分らが名盤と持て囃した『家庭教師』が4thアルバムなのに、今回のアルバムは7thアルバムなんだと。どんだけ悠長なんだよw。
でも、こういう洋楽アーティストみたいなリリース間隔で許されるのって、日本では岡村ちゃんくらいだと思うんですよ。
若い人には分かんないだろうけど、岡村ちゃんてのは"天才"だからこれでいいんです。
(この"天才"という言葉に、御本人がどの程度プレッシャーを感じているかは知らん)

自分が岡村ちゃんで一番好きなのは…この曲ですね。


『あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう』 ライブ映像 by YouTube

この、クソ長いタイトルをギリギリ嫌みに感じさせないのが、岡村ちゃんの岡村ちゃんたる所以です。
残念ながらカラオケでは歌ったことは無いんですが(『だいすき』なら何度か)、他の人が歌った時は…♪ナーナーナーナーナー…とコーラスを入れてあげるのが基本です。おっさんならみんな出来ます。
映像を見てもらえれば一目瞭然ですが、とにかくこの人は周到にあざとく自己プロデュースしてくる。嫌いな人は嫌いでしょうが、慣れると非常に心地良い。
ここまでお洒落な青春文化系なプロデュースをするアーティストは少ないし、大概長続きしない。PSYSにしろクレヨン社にしろ輝きは一時で終わっちゃうんです。
岡村ちゃんフォロワーである及川ミッチーは独特の世界観があるけど(自分、アルバムやライブDVDを数枚買ったほど好きです)、ミッチーも今や俳優色が強いしねえ。
この映像のような、岡村ちゃんならではのステージは後継者が無いままになりそう。

♪あともう15秒で このままじゃ35連敗
分かりそうで分からない、でも分かる歌詞というのも岡村ちゃんの定番。
あの娘を振り向かせたいという"青春"な動機と、2番の…どうやら引っ越しをするらしいという場面設定。説明不足に見えて、感覚で共感出来りゃいいという、削ぎ落とした歌詞。
これに岡村ちゃん独特の歌唱法が加わって、ゆったりとしたメロディーラインに浸る。やっぱ心地良いんですよ。
中二病ではなく高二病とか言った方が当てはまるんかな。この人は。

そんな訳で、今度出るアルバムにもちょっと興味はあります。
さすがに限定版はいらんけどw、通常版でいいから買っておこうかな。
こういう、たまにしか仕事をしないアーティストが動き出すと、おっさんに生まれて良かったと思いますよ。

♪あの娘~ぼくがロンシュー 決めたらどんな顔するだろぉ!
関連記事
スポンサーサイト
2015/11/16 Mon. 06:03 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1969-0a3de1ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。