06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

吉田正和五段の結婚 

競技かるたの第一人者で永世クイーンの渡辺令恵(ふみえ)さん(51)と、将棋の吉田正和五段(29)が結婚したことが、19日分かった。ともに初婚で17日に婚姻届を提出した。
取材に応じた渡辺さんは「かるたも将棋も相手と一対一で向き合う競技なので、夫婦としてもしっかり向き合ってすてきな家庭を築きたいです」と笑顔。
吉田五段は結婚を機に渡辺姓に改姓し、今後は「渡辺正和」の名前で活動する。

かるたと将棋。畳の上の勝負の世界に生きる、22歳差カップルが誕生した。
根っから明るい性格の渡辺さんは「明るくて楽しくて笑いがあって、人がたくさん集まってくれるような家庭になったらいいなと思います」と顔をほころばせた。
まだ同居はしていないが、17日に婚姻届を提出。結婚式、ハネムーンなどは未定だ。

出会いは昨年1月、将棋の森内俊之竜王・名人(現九段、45)の竜王就位式の席上だった。
森内九段と10年来の友人だった渡辺さんが祝福パーティーに駆け付けると、吉田五段と偶然同じテーブルになった。
お互い相手の職業を知らないまま談笑していたが、控えめな性格の吉田五段が恥ずかしがって名乗らずにいると、渡辺さんから名刺を渡してあいさつ。
名刺を切らしていた吉田五段は、箸袋に名前を書いて手渡した。
その後、吉田五段から「楽しかったです」とだけメールを送って連絡し、ディズニーシーに一緒に行くなどして交際がスタート。

控えめな吉田五段だが、渡辺さんとのデートの時はいつも「楽しくて時間がたつのが速かった」と話していたという。
今年5月、吉田五段からプロポーズした。

それぞれの競技の研究や勉強を重ねながら、2人で将棋を指したり、かるたを取ることも。
独身を貫いてきた渡辺さんは「クイーンだった37歳まで気持ち的に結婚する余裕はありませんでした。両親も亡くなってこのまま一人なのかな、と思っていましたが、正和さんが家族になってくれて幸せです」と話している。

神奈川トヨタ自動車株式会社渉外広報部に勤務する渡辺さんは、競技かるた界のレジェンド。
10歳で競技を始め、1988年からクイーンを3連覇した。93年からは前人未到の11連覇を飾り、永世クイーンに。クイーン通算14期は史上最多記録だ。
現在は全日本かるた協会の常務理事を務める傍ら、現役も続けている。

吉田五段は2005年に棋士養成機関「奨励会」入会。2008年に四段(棋士)昇段を果たした。
2011年には王位リーグ入りを果たすなど活躍。振り飛車も指しこなす居飛車党として今後の飛躍が期待される若手だ。


◎吉田 正和(よしだ・まさかず)1986年1月23日、埼玉県ふじみ野市生まれ。29歳。
神吉宏充七段門下。2005年、奨励会入会。2008年、四段昇段。2012年、五段昇段。竜王戦4組。順位戦C級2組。
著書に「これからの角換わり腰掛け銀」。今後は渡辺姓で活動。

◎渡辺 令恵(わたなべ・ふみえ)1964年8月30日、東京都品川区生まれ。51歳。
父の故・雅大さんの指導で10歳から競技かるたを始め、1988年にクイーンに。以降、クイーン14期。
札を取る速度から「スピードの女王」の異名がある。神奈川トヨタ自動車株式会社勤務。

(転載ここまで)


何度も何度も読み直したニュースであります。いろいろと衝撃的でw。
将棋は好きですから、それなりに情報は入れているんですけど、吉田正和五段といえば…「コミュ障」とか「変人」とか言われることが多い棋士。まあ棋士は大半が変人ではありますがね。
ブログは将棋には一切触れず投資の事しか書かないとか(ブログで自分の職業の事を触れるのもアレだと思うんですけど)、ツイッターは悪口と不満ばっかだとか言われてました。自分の著書の編集さんもボロクソに叩いてたとか。
そのツイッターも、高橋道雄九段を暗に批判した(趣味に傾倒し過ぎて将棋が疎かに云々)内容を、将棋ファンが高橋九段のブログのコメ欄に注進し、それを受けた高橋九段が本人にカチ込みしてアカウント削除となりましたがw。
何というか…将棋の強い2ちゃんねらーと言って差し支えない人なんです。普段は無口なのにツイッターでは饒舌、しかも悪口ばっかというw。

で、肝心の将棋の実力的には…今のとこ伸び悩んだ若手の一人という認識。思ったほど伸びてないと言い換えてもいいかな。
奨励会入会前から大会で名を売っていて(何故かその頃、富山県に移住していたそう)、奨励会も19才の時に特別規定で初段合格、んで3年後に四段に駆け上がるまでは期待の若手だったんですけどね。(三段リーグは次点2回で抜けた)
その後は…上記にもあるように王位リーグに入ったのが記憶に残るくらいで、竜王戦はランクアップしているものの、糸谷、豊島といった世代の中では置いていかれた感があります。(糸谷はそろそろ馬脚を現してはいるけど)
記憶に新しいのは、去年だったか…羽生vs森内戦の記録係をしている時に、羽生四冠の残り時間が3分あるのを「残り2分」と誤って読み上げ、記録係なのに羽生四冠から「はあっ!?」と物凄い羽生睨みを喰らったという事件がありましてw。
マズかったのは、羽生睨み喰らってもしばらく気付かず、周囲のとりなしでようやく気付いて、大声で言い訳して場の空気を乱したという…。ちなみに羽生四冠よほど頭にきたのか、その後は全て40秒以内で差して勝利してます。
まあ吉田正和五段は、かなり痛い子という認識で間違いないと思います。

その吉田五段が結婚というのはめでたい事なんですが、…22才年上というのがね。母親じゃん。
2ちゃんの将棋板では、「本当にかるたクイーンの人なのか? 同姓同名の違う人なんじゃないか?」みたいな懐疑的書き込みばかりだったですねw。そりゃそう思うわな。
自分はおっさんですから、おっさんなりに考えてみると…やっぱお相手の女性の包容力だろうねえ。快活でよくしゃべる女性らしいし、息子くらいの年齢の男の言うなんて可愛いもんでしょ。初婚だそうなんで異性との会話も楽しかったろうし、案外凸と凹がピッタリ合ったんじゃないかと思います。
吉田五段にしても、常にニコニコ喋る年上の女性というのは安らぐでしょうしね。
かのペタジーニが25才差だったので(先輩のお母さんだっけ)、それに近い感覚でしょうか。51才といえば薬師丸ひろ子、山口智子世代ですから、そう考えれば充分ありです。
誰か度胸のあるマスコミの人、この件に関して清水市代様のコメントを取りに行(以下略)。

吉田五段が苗字を変えた件については、これはまあ…憶測しても仕方ないとこです。女性側の事情かもしれないし、吉田五段が苗字を変えたがったかもしれない(過去の自分との決別とか、吉田五段の親が難色を示したとか)。棋士活動も苗字を変える辺り、そういう思いはありそう。
自分も「伊集院」とか「武者小路」みたいな苗字ならぜひ名乗ってみたいですしw、あまり"婿入り"とか気にしない方がいいです。どっちが変えてもいいんだし。

かるたクイーンはともかく、吉田改め渡辺五段にはこれを機に伸びてもらいたいですね。30代の間にタイトル戦にぜひ出てこれるように。
しかし、盤外の話題の多い人だw。お幸せに。
関連記事
スポンサーサイト
2015/11/22 Sun. 05:29 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1976-691ff7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。