08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

F-14は『トップガン』に欠かせないのよ 

1986年に公開され、大ヒットを記録した映画『トップガン』に主要キャストの一人として出演していたヴァル・キルマーが、『トップガン2』への出演オファーを受けているとFacebookで発表した。
ヴァルはトム・クルーズ務めるマーヴェリックの同僚パイロット、アイスマン役を演じていた。

Facebookの発表で彼は
「たった今、#topgun2からオファーがあった― 台本を読まずにYESを言うことはなかなかない」とコメント。

しかし、数時間後、ヴァルは再びFacebookで先の発表が時期尚早だった旨を伝え
「まだ道のりは長いから、落ち着いて。この話は本当に長い間進んでいたことで、役のオファーを受けることと実際に演じることは全く違う。投稿を早まったよ…トップガン並みに早く…。うっかりミスです。ただ、エージェントとの電話での話がとても素晴らしくて」
とコメントしている。

(転載ここまで)


『トップガン2』ねえ…。何故そういう危険な企画が出てくるかなあw。
どう考えても……「あの頃ボンクラな若者だった、今ではおっさんおばさんの諸君! 『トップガン2』だよ! ほらほらケニー・ロギンスの『デンジャーゾーン』だよ! 血が騒ぐだろ!」という罠でしかないんだけども、…まあ気にはなるw。これは仕方ない。
ただねえ、あの映画に欠かせないパーツが現在は無いんだよね。おそらく変わっちゃうに違いないんだ。
そう、F-14トムキャットという傑作戦闘機がもう無いんだわ。

自分は、一時期部屋にF-14のポスター貼ってたくらい大好きな戦闘機でしてね。
何が好きかと聞かれたら、「あのフォルム、高い性能、可変翼、運用形態、ドッグファイトもF-15並みにこなせる…」とかペラペラ喋ることでしょう。F-14のムック本まで買ってたしね。
F-14という戦闘機は、『トップガン』に限らず映画によく登場するし、日本では漫画やアニメにも引っ張りだこですけれども、それはやっぱりカッコよさと美しさが共存してるフォルムだと思うんですよ。
明らかにF-14の仕事ではないとこでも、とにかくF-14を投入して動かしてみたいアニメーターやら漫画家は多いはず。かわぐちかいじも『沈黙の艦隊』で、F-14に対潜哨戒とかやらせてましたしw。潜水艦にフェニックスやスパローは撃ち込めないだろ。
『超時空要塞マクロス』のバルキリーのネタ元である事でも有名ですし、そういう発想を触発する機体なのは間違いないです。
そんな、現在でも人気のF-14でありますが、実は2006年にアメリカ海兵隊配属の機体は全て退役しました。次世代の戦闘機に切り替えていく為なのはもちろんですが、実は非常に大きい要素が絡んでの退役なんですよね。
それは、アメリカ以外でF-14を配備するただ一つの国、イラン空軍の所有するF-14を将来的に無効化していく為です。

ホメイニ師によるイラン革命が始まる前、親米のパーレビー国王時代のイランが、オイルマネーで高価なF-14を配備したんですよ。
確か全部で79機だったはずです。漫画『エリア88』で、イランに譲渡されなかった80機目のF-14がミッキー・サイモンの愛機になりますからね。(漫画は勉強になるなあ)
アメリカとしては金持ちの親米政権にF-14を売りつけたはずが、まさかの展開でF-14は反米政権の手に。即座に整備や部品などの支援は打ち切られたんですけど、イランとしては虎の子のF-14、部品の密輸や機体研究で独自の整備を確立しちゃいます。
幸い対空先制型の戦闘機でしたから、そこまで深刻な事態ではなかったにしても、おいそれと手が出しにくい状況にしてしまったのはアメリカの失策でしょう。
以来、現在でも40機程度のF-14が使用可能状態でイランにいるという状態のため、F-14は大変人気のある機体でありながら、飛行可能な状態でなるだけ残さない、部品のイラン密輸を避けるため、展示機体も主要な部品を抜くという措置がとられてます。
だもんで、今やF-14トムキャットというのは伝説上の戦闘機になりつつあるのです。

『トップガン2』を本当に作るんなら、F-22とかF-35とかが使われるのかなあと思いますが、どう考えても"絵にならない"んですよね。F-14に比べたらの話ですが。
メカニックというのは、洗練され過ぎると面白くないんですよね。ステルス戦闘機に見た目のカッコよさなんてあるはずが無いし。
ステルス戦闘機が全てダメになった時に、格納庫の奥からF-14が登場して…みたいな燃えるB級ストーリーでもいいんだけど、肝心のF-14がねえ…。ひょっとしたらイラン空軍が貸して…くれないだろうねw。
トム・クルーズもヴァル・キルマーももちろん必須だけど、F-14じゃない『トップガン』ってのは魅力無いなあ。あ、主題歌とサントラは当時のヤツでやれ(命令)。

しかしハリウッドもネタが無いのね。
これが終わったら『ハスラー3』と『カクテル2』かも。大変なこった(棒)。
関連記事
スポンサーサイト
2015/11/24 Tue. 05:40 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1978-92f89dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。