10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

在阪マスコミの金本叩きが始動 

11月19日の「お別れの会」。
甲子園球場のバックスクリーンには故中村勝広ゼネラルマネジャー(GM)の優しそうな「笑顔」が大写しになっていた。
球場にはOBたちの懐かしい顔が揃った。
安藤統男、江夏豊、上田次朗、江本孟紀、川藤幸三、山本和行、柏原純一、岡田彰布、池田親興、中西清起、仲田幸司、和田豊…。
そして友人の谷沢健一、山田久志。各球団の関係者や財界、報道からも多くの人たちが参列した。

注目を浴びたのは、ハリのある声で弔辞を読んだ82歳吉田義男の元気さと、メモも見ず10分以上の謝辞を滔々(とうとう)と述べた長男の大輔さんだった。
「大したもんや。カツが監督の頃、小学生やった子やろ。ええ青年になったな」
「灘高から阪大医学部を出て、米国で医者? カツの特大ホームランやな」
とOBたちは目を細めた。

そんな中、疑問の声もあった。
ユニホームを着た選手たちが献花に臨んだときだ。先頭は背番号「70」の高代ヘッド、続いて「31」の掛布二軍監督。
「金本はどうした。ふーん、来とらんのか?」
「所用? これより大事な用が他にあるんか」
「球団も甘いのう」
それぞれ短い言葉だったが、OBたちの声には厳しい響きがあった。

たしかにその通りである。実際、以前からの約束でどうしても出席できない事情が金本監督にはあったのだろう。だが、それを調整する時間もあったろう。
この日の「お別れの会」は球団と中村家主催の“公式”の行事である。
たとえ中村GMとの親交が少なくとも、タイガースの代表として各界の関係者を迎え、そして御礼する立場にある。それが「監督の仕事」でもある。
監督の不在に違和感を覚えたのはOBたちだけではなかったはずだ。

「金本はまだ若い。だからこそ、球団がしっかりと導いてやらないかん。監督のいう事はすべてOKではダメ。ときには教育も必要。そうでないと我々も恥をかく。タイガースとはそんなことも教えられない球団なのか-とね」とあるOBは提言した。

監督就任以来、ブレずに“金本流”を推し進める姿に「若いけど、やりおる」と高い評価を得ていた金本監督。こんなことで“みそ”を付けてはもったいない。

(転載ここまで)


難しいとこですね。いや、出た方がカドが立たなかったのはもちろんなんですけど。
これについては、単純に負広GMと金本は接点が無いんですよね。
金本が阪神に来たのは、星野仙一の根強い交渉によるもので、その頃負広GMは解説だったかオリの監督あるいはGMだったか…。
そして、負広が阪神に戻ってきてGMになったと同時に金本が引退している。ここにも接点は無いし、金本をやめさせたのが負広GMという可能性もある。
で、負広GMが亡くなってから事態急転で金本監督が誕生した…。
穿った見方をすれば、金本は負広GMをあまり好いてはいないんでしょう。(気に入ってるんなら会に出たと思うし)
ノムが鶴岡の葬式に行かなかった件を引き合いに出すまでもなく、まあ…気分的には分からなくもないところです。大挙してやってくるOB連を避けたかったのかもしれない。
広島の三村さんが亡くなった時のお別れの会には出てたらしいですし、単純に気持ちの問題でしょう。

ただ、在阪マスコミは既に「隙あらば遠慮なく叩くよ」という、いつもの足引っ張りモードに入ってるんですよ。上の引用が分かりやすい例。
負広だろうと和田だろうと藤田平だろうと真弓だろうと、そしてどんでんだろうと機を見たら一気に叩くのがいつものパターンですからね。
結局、お別れの会に出席しなかった金本を叩いているように見せて、阪神のOBが金本に冷たいという印象操作をしたいだけなんです。布石というヤツですか。
出来れば、ここから少しずつ煙を大きくしていって火事にしたいなあ…というのが在阪マスコミの思惑。毎度毎度振り回されているのはファンです。
サンスポの越後屋みたいに、常に上から目線でモノ申すスタンスの謎記者がはびこっているのが、阪神周辺特有の闇だと思います。
そもそも、藤田平も真弓も新庄も来てないんだから、人にはいろいろ事情があるで済むことを、わざわざ目に付く記事にするあたり腐ってると思いますよ。

このお別れの会、負広GMの御長男のスピーチが素晴らしかったようですね。
ネットに全文があったんですけど、これを現地で聞いたら泣けるなあ…という内容でした。興味のある方はググってみてください。
出てれば良かったというのには同意ですが、あくまで負広GMお別れの会ですから、縁の無かった金本を必要以上に叩くのはやめましょう。

…そんなことより、よっさんと江夏はまだギクシャクしてんのかね? そっちの方が気になるわw。
関連記事
スポンサーサイト
2015/11/25 Wed. 04:20 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1979-5709a654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。