07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

京楽の凋落 

パチンコも水物ですから、大ヒットする機種があれば、反対に閑古鳥で通路化する機種も当然あります。
今年のパチンコで、自分が「伝説的に客を飛ばした四天王」だと思っているのが…、ウルトラバトル列伝(京楽)、ガンダムV作戦(SANKYO)、キャプテン翼(サンセイR&D)、ミリオンGODライジング(ユニバ)の4つ。どれも見事に人気の無い通路となっていました。
無論、すでにホールがメーカーから台を買った上での結果ですから、客が飛んだ事自体はメーカーには響きません。
ただ、ホールもお客もそのメーカーに対する印象が悪くなるのは当然で、ホールはそのメーカーの台を買い控えるようになりますし、お客は色眼鏡で見るようになります。ボディーブローですね。
上記の4つのメーカーを見ると、SANKYOは資金力あって他の機種はそこそこヒットしてるし、サンセイR&Dはホールの王様『牙狼』を持ってる強みがある、ユニバーサルはそもそもスロットのメーカーなんでパチンコの評価は問題ではない。失敗はあってもすぐに影響が出る状況ではありません。
問題は京楽です。数年前まで我が世の春を謳歌していたこのメーカーは、現在ホールにもお客にもよくない先入観を持たれつつあります。

一番分かりやすいとこで、京楽の「売上と利益」の数字を、官報で見てみましょう。

☆第51期(2012年6月期)決算公告 2012.10.19官報より
売上  1908.23億
営業利益  489.34億
経常利益  505.62億
純利益  290.95億円

☆第52期(2013年6月期)決算公告 2013.10.25官報より
売上  2051.85億
営業利益  338.35億
経常利益  326.78億
純利益  199.62億円

☆第53期(2014年6月期)決算公告 2014.12.10官報より
売上  1377.26億
営業利益  110.81億
経常利益  125.06億
純利益  62.05億円

☆第54期(2015年6月期)決算公告 2015.10.29官報より
売上 1092億
営業利益 11.14億
経常利益 107.43億
純利益 43.29億
(資本金4500万円 利益剰余金1263.26億円 自己株式198.22億円)


数字としては黒字だし、問題視すべき状況ではないかもしれませんが、ホール内の勢力図は完全に書き替わりました。(にしても、利益の減り方がスゴい)
2013年くらいまでは、京楽の機種で1シマ埋められるのは珍しくなかったんですが、現在は珍しくなってしまいました。その珍しい1シマ全部京楽だった3月のウルトラバトル列伝が、見事なまでに通路化して速攻撤去と1パチ落ち。1パチでも夏まで保たず撤去。2月に1シマ全ての台数があった機種が6月には完全消滅なんて、いくらなんでも酷すぎる話です。

京楽が何故急速に売れなくなったのかを考える前に、ここ10年の京楽の機種を振り返ってみましょう(セカンドブランドのオッケーも含む)。

【2005年】・ウルトラセブン・水戸黄門
【2006年】・冬のソナタ・たぬ吉くん・チェッカーズ・JAWS・華王美空ひばり・羽根ウルトラセブン・ウルトラマン
【2007年】・アタックNo.1・歌舞伎剣・必殺仕事人Ⅲ・まことちゃん・仮面ライダーショッカー全滅大作戦・黒ひげ危機一発2
【2008年】・羽根水戸黄門・冬のソナタ2・必殺仕事人Ⅲ桜バージョン・アバンギャルド
【2009年】・キン肉マン・グラディエーターエボリューション・おぼっちゃまくん・天国の階段・仮面ライダーMAX Edition・必殺仕事人Ⅲ祭バージョン・爽快美空ひばり不死鳥伝説
【2010年】・あしたのジョー・爽快水戸黄門2・戦国無双MAX Edition
【2011年】・巨人の星・銭形平次withチームZ・銀河鉄道999・プロポーズ大作戦・スケバン刑事・必殺仕事人Ⅳ
【2012年】・超電磁ロボコン・バトラーV・ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟・AKB48・必殺仕事人 桜花乱舞・太王四神記・攻殻機動隊
【2013年】・冬のソナタFinal・ウルトラマンタロウ 暗黒の逆襲・必殺仕事人お祭りわっしょい・黒ユリ団地・仮面ライダーV3・コードギアス 反逆のルルーシュ・ベルセルク・鬼武者
【2014年】・キン肉マン 夢の超人タッグ編・AKB48 バラの儀式
【2015年】よしもとタウン、ウルトラバトル列伝、Akb48まゆゆ、トランスフォーマー、よしもと甘、CRぱちんこ仮面ライダーフルスロットル

まず、2005年のウルトラセブンから全ては始まりました。これが無ければ京楽は今でも渋い中堅メーカーだったはず。
そして、2006年にウルトラセブンの余波だけではない開発陣のセンス開花が来ます。冬ソナ、JAWS、羽根セブンの3つだけでどれだけ語れることか。
2007年から2008年も、仕事人3、仮面ライダー225分の1、黒ひげ、冬ソナ2と絶好調。歌舞伎剣もいい台だったよねえ。
京楽の先代社長が「京楽はお客様の打ちやすい台を作る。もうマックスは出さない」と宣言したのがこの頃。さすが苦労人はよく分かってる。
2009年は社長が息子に替わって、なんか変な方向に流れ出した時期。仮面ライダーマックスでマックスに復帰。機種自体は面白かったけど…。あとこの年からイルシオというウザい小当たりカウンターがデータランプ横に付いた。パチ屋のデータランプが小当たりをカウントしなくなったのは、これのおかげでもあるけど。
2010年のジョーはまずまず面白かった。若社長の「京楽はホールの味方です」発言はこの頃だったか?
2011年は銭形に尽きるんじゃないかな。AKBが関わってるから打たなかったけど。スケバン刑事をAKBまみれにしやがった恨みは忘れない。
2012年は、AKBの大ヒットとタロウのそこそこヒット。ここらへんまでですね。個人的には攻殻とコンバトラーが好きだった。
2013年は台数は…売れたは売れたんだろうけど、どれも評判は良くなかった。この年がボディーブロー。
2014年は、ホール内で馬鹿みたいな騒音をまき散らす機種しか発売してない。この2機種は徹底的に嫌われてます。「京楽=うるさい、ウザい」という刷り込み。
で、2015年。ウルトラバトル列伝の伝説的客飛ばしの陰で、よしもともうるさい台として逆貢献。うるさいRTCと馬鹿みたいなレバーという、京楽の二刀流。

こうして見ると、2013年にカスばっかホールに売りつけたことが現在の状況を生んだ…と言えると思います。官報の数字もそこまではピークだったし。
うるさくてレバーが馬鹿みたいでも、演出が面白ければ支持はされるんでしょうが、そうではないことはお客さんの飛びっぷりが証明してます。
ちなみに、ウルトラバトル列伝から付いた馬鹿の極みであるあのレバー、全国で数千台レベルで「壊された」そうです。人間が体重乗せてレバー引いたら壊れるわな、あんなもん。
マックス規制前に駆け込みで出した仮面ライダーフルスロットルは、台を高価にして大きいホールだけに商売したようですが、演出もいろいろアレですけど…あの馬鹿ハンドル(バイクのハンドルが付いてんですよ…)が、「お客さんがドル箱から玉を移しながら打つ」という事を全く考慮しておらず、お客の打ってる時間が自然と短くなっているようです。

京楽がマズいのは、お客の立場ならどうだろう…という視点、想像力がスッポリ抜けて、「RTC賑やかならウケるだろう」「擬似連と先読みを盛大にすればウケるだろう」「デカいレバー引かせればウケるだろう」「ハンドルでド肝を抜いてやろう」という自己満足で台を作って、それがお客の嫌悪感に全部繋がってるとこです。
サプライズボタン(勃起ボタン)を押して外れる、レバー引かせて外れる、ハンドル握らせて外れる…、いくらパチンカスとはいえ、いい大人がこれを高頻度でやられたら不満も溜まるでしょうよ。
とにかく、社長が変わって以降の京楽はお客視点の無さが致命傷になりつつあります。

あと、上のラインナップを見ていて気づいたのは、会社の持ちキャラクターや独自企画で台を作ってないんですよね。全部よその版権タイアップ。
SANKYOならパワフルやクイーン、豊丸ならナナシーやローズテイル、平和は乙女や麻雀、高尾はななみ、そしてパチンコ最大勢力の三洋の海など、版権だけでなく手持ちの駒でも台を作れるメーカーは強いもんです。実験的な台も出せるしね。(奥村は手持ちばっか強くて、版権失敗ばっかだったけど)
京楽といえば、たぬ吉や玉ちゃんという持ちキャラクターがいるんですが、それを活かして…という思考が無い。だから版権に頼らざるを得ない。今時、お客を呼べるインパクトのある版権なんて、そうそうある訳無いのに。
そこらへんも余裕の無さに繋がってるんじゃないかな。

現在、仮面ライダーフルスロットル以外で京楽の台というと、AKBとよしもとが一部残ってるくらいで、あとは他メーカーに占められてしまってます。
自分も、2013年以降はほとんど打ってないですね。だって京楽の演出だし、うるさいしねえ。横の台の人間が不快になるってのは相当ですよ。
伊東美咲と結婚したボンボンには、お客の気持ちや感情は分からないってことですかねえ。
『まどか☆マギカ』のパチンコ版権を握ってるのは京楽なんだけど、京楽ってだけで全く期待してません。そう思われてるって分かってほしいですね。
さて、来年の官報はどうなるのかしら。楽しみですね。
関連記事
スポンサーサイト
2015/11/29 Sun. 13:44 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

こうやって見ると2013年以降は本当に面白くないですが、コードギアスだけは面白かったです。というか今でも打つことがあります。
まぁギアス役物が見所なのに、何で大当たりのときはギアス役物でなくショボい紅蓮弐式の輻射波動役物作動なんすかね…という不満はありますけど。現役稼働している京楽の中ではまだ全然マシな方だと思いますよw

それにしても最近の京楽の台は、ろくなのありませんねf(^^;
同じ吉本の芸人使うにも昔のプロポーズ大作戦は結構面白かったのになぁ。

える #- | URL | 2015/11/29 23:21 * edit *

>>える様
コードギアスは、元ネタを見てなかったんでスルーしたんですけど、液晶の下で寝ている女の子の役物がインパクトあったという印象ですw。
確かに、好んでコードギアス打つ一派はいらっしゃいますね。忘れてました。

明らかに開発能力が落ちてるし、感覚がズレてるんですよね。
あと、京楽の枠は音質が悪いですね。藤のリング、地獄少女枠の音の良さに比べると…。
マックス規制を機に、どこに金をかけるべきか見直してほしいですけど…期待出来ないですねえ。

メテオ #- | URL | 2015/11/30 12:15 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1982-d70db64c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。