10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

41年間寄付を続けたおじさんの話に号泣 

山形県鶴岡市立羽黒第四小学校に41年間にわたり、毎月、図書費を匿名で送り続けてきた男性がいる。
その寄付で購入した図書は1400冊超。児童らは「鶴岡のおじさん」と呼んで毎年、見知らぬ男性に感謝する祭りを開いてきた。
だが、児童数24人の同校は来春、閉校することに。
4日にあった最後の祭りに、本人がついに参加した。

男性は、鶴岡市出身で仙台市に住む金野昭治さん(68)。
ランチルームで行われた「おじさん祭り」で、白髪に柔和な笑みを浮かべて児童と向き合った。

「私は子どもの頃、環境に恵まれず、地域の恩を受けた。その恩返しのつもりで続けてきました」。
子どもたちは、41年分の「ありがとう」の思いを込めた手紙をプレゼント。
代表してあいさつした冨樫直希君(4年)は「おじさんとの思い出を大切にしていきます」と感謝した。


寄付の始まりは1974年4月12日。学校に届いた封筒の裏には「鶴岡市」とだけあった。
手紙には「社会から受けた温かい恩に少しでも報いたい。図書費に使って下さい」と書かれ、2千円が同封されていた。
以降、金額は途中から5千円に変わり、消印も仙台市となったが、封書は毎月届いた。
自らを「おじさん」と称し、ほぼ毎回、「釣り、スキーが趣味です」「学校の近くを通りかかりますが、『遠くから見つめる』と誓っています」などの言葉を添えていた。
児童達は毎年「おじさん祭り」を開き、想像して似顔絵を描き、思いをつづってきた。

今までの寄付の総額は約220万円。「おじさん文庫」は1400冊を超えた。
だが地域の少子化が進み、同校が隣の小学校と統合され、閉校することが決まった。

すると今年3月、思いがけず「おじさん」から校長宛てに手紙がきた。
故郷の友人から閉校の話を聞いたという。

(転載ここまで)


自分、さっきから号泣してます。涙止まんないし、鼻水まで出てきてる始末。
なんか…自分の中のものすごいツボに入ってしまったようで、どうにも制御出来ません。夜中に一人、部屋でポロポロと泣いているおっさんの姿はいいもんではないんですけど。(しかもブログを書きながら涙を拭っているw)

このおじさんが寄付を始めたのが1974年、27才の時。
当時の2千円といえば結構な金額です。100円玉でしこたまお菓子が買えましたし、コミックスが300円するかしないか、食事だって安く喰えた時代です。
そんな金額を封書で毎月匿名で寄付するという、真似の出来ない行為。毎月毎月、欠かすことなく寄付が続く。
その善意に、1400冊超の本を揃えることで応えた学校の誠意も特筆すべきことです。自分は小学校時代は図書委員だったもんで、そこらへんにもこの話のツボがあるのかもしれません。
41年という歳月は、1年単位で生徒が進級し卒業していき、先生方も異動で出入りがある小学校という場所では、気の遠くなる長い時間です。最初の寄付の事を覚えている教職員なんている訳がないし、その時の生徒が50才前後になっているんですから。
毎月届く寄付の封筒、語り継がれ保存されていく「鶴岡のおじさん」からの手紙、少しずつ増えていく"おじさん文庫"…。
「おじさん祭り」という催しがどの辺りから始まったのかは分かりませんが、代替わりしていく生徒と教師の中に「鶴岡のおじさん」がしっかりと根付いていたのは間違いないでしょう。

そして最後のオチの見事な美しさ。ここが完璧過ぎる。
寄付を続けてきた小学校自体の閉校。今年度が小学校最後の年。おじさんはまだまだ寄付の意志があったでしょうけど、この小学校への寄付は出来なくなる。
小学校の消滅という儚く寂しい事態に対し、41年間匿名を貫いてきた「鶴岡のおじさん」が最後の"おじさん祭り"に姿を見せるという、なんという綺麗な結末。ここが素晴らしいんだなあ。
かの『あしながおじさん』の話だって、最後にあしながおじさんが意外な形で姿を見せるから綺麗に完結するわけでね。『あしながおじさん』の場合は手紙を書くのは援助してもらうジュディだけども。
閉校なんで決して幸せな結末ではないかもしれないけど、この小学校への思いを寄付していた「鶴岡のおじさん」が、最後の代の生徒とふれ合い、消える小学校を見届けたという結末は…一つの物語の終焉として素晴らしいと思います。

ダメだ、泣きすぎて目が痛いw。でも泣くのは案外すっきりするんですよね。
41年続いてきた、小さな善意の物語の結末。泣かせて頂きました。
おじさんと子供達に幸あれ。
関連記事
スポンサーサイト
2015/12/05 Sat. 04:03 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1988-ea9aad6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。