09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2015年、印象の良くなかった機種 

そろそろ、今年のパチンコについてまとめたいんですけど、昨年と打って変わって打った機種が多いんですよね。そう簡単にはまとまらない感じ。
そこでまずは、今年あまり印象の良くない台から挙げてみたいと思います。

◎機動警察パトレイバー(三洋)
相性が最悪だった機種w。5万負けを2回やったしな(打ったのはミドル)。
台としてのクオリティは悪くないんだけど、いかんせん地味。三洋にしては色の熱さ表現は(他に比べれば)マトモかな。
擬似連と役物待ちなんだけど、それが作動してもアッサリ外れる。王道ルートが弱い。逆に何気なく入ったシャフト3人組の演出から、あっさり当たって連チャンする事もあるんで…。引いた振り分けの問題なんだろうけどね。
通常時は盛り上げが少なく、結構な修行台。保留変化待ちだけど、その変化も滅多におきない。嫌いではないけど今時はウケないなあ。
CGやら動きについてはまずまず。声優は千葉繁無双ではあるけど、南雲隊長とかはオリジナルキャスティングみたいで、そこら辺は可能な限り作り込もうとはしてたよう。
マイホではなく準マイホ(○ハン)で打ったんだけど、1個返しなのに釘が渋くて…。「おいおい、釘調整したヤツは1個返しって分かってないんじゃねーのか?」と思いながら打ち、完膚無きまでに敗北。
イヤな印象だけが残りました。

◎エヴァ10(ビスティ)
これはいつぞや書きましたんで、もう書くことは無いなあ。アレ以来視界にも入れずに無視してますんで。
オリジナリティを放棄した、エヴァ史上最低の台です。

◎ガメラ(タイヨーエレック)
これは…スペック的には悪くない台ですけど、個人的に演出がダメでした。
とにかく、昭和ガメラと平成ガメラの世界観がゴッチャゴチャで、いろいろと面食らうんですよ。知ってるからかえって良くないんでしょうけどね。ギロンとかジャイガーがどうこうみたいなセリフが入った直後に、イリスやレギオンの話をされても困る。
こうなると、人物など実写映像を使わず安上がりに仕上げた感じも印象悪くなって、あまり打ち込まずにやめました。
親会社のサミーに、金かけて作ってもらいたかった。

◎ガンダムV作戦(SANKYO)
これもいつぞや書きましたが、打ち込んだ身としては…嫌いではありません。誉められないけどね。
潜伏割合をもう少し少な目にするだけで、客飛びは避けられた気がする。演出も煽り多めだからアレだけど、前作に比べたらマシになってたし。
ああ、潜伏中にアツいリーチを外すのは良くないわ。アレを連発されると打ち手がキレる。
先日甘デジが出ましたけど、そっちはまだ打ってないんで論評はしない。

◎釣りキチ三平(豊丸)
今年の豊丸は良かったんだけど、この機種については…悪い時の豊丸でしたね。
煽りがウザいのと演出が濃いのと、保留変化がアテにならないイライラで長く打つのが苦痛なんですよね。野沢さん元気に演じてくれるのはいいんだけど、言い回しが脳裏にこびりついて仕方ないしw。
原作が膨大だから仕方ないけど、発展先が多すぎて、アツいと思ったリーチを緑カットインだけで外される感が強い。ストーリー系はそこそこだけども、滅多にいかないし。
ちなみに、三平とユリっぺが「女らしくしろ」とか痴話喧嘩するリーチの気恥ずかしさは特筆モノw。あれは語られるべき。
あとは、とにかくスペックが鬼畜w。確変しても電サポが次回まで確約される割合が少ないんで、確変状態(99分の1→77分の1)なのに結局普通に打たざるを得ない。77分の1なんて『北斗』や『咲』の甘デジと同じ確率だから、それを左打ちで当てるのは…それは確変ではない。
自分も初打ちの時に2500玉ほど出したところで、確変状態なのに電サポ終了してしまい、平然と捨ててきましたw。こういう台はよっぽど長所が無いとみんな捨てまくるよ。ハイエナにも向いてない。
こういう版権モノは、もう少し優しいスペックじゃないとダメ。

◎『あしたのジョー』(サミー)
先日初打ちして、2回当ててSTに入れなかったんですけどねorz。
それはともかく、これが不人気な理由も分かりました。クオリティは高いのに…もっさりしていて盛り上がらないんですよ。京楽が数年前に出した『あしたのジョー』と比べて、脳汁ポイントに欠ける。
まあ、甘デジが出ると評価は変わる気がしますが、果たしてこの機種で甘デジが出るのかも不透明だし、なんかもったいない感じですね。
基本、赤演出、キリン柄待ち。通常時に力石やホセに遭遇する事がほぼ無い。ハイスペックでこれではキツいです。
重ねて書いとくと、アニメや演出そのもののクオリティは高いんで、なんとももったいない。今年のハイスペックラッシュの中に埋もれてしまいました。


…この6機種が良くない印象の台ですね。良くないと言いつつ結構打ち込んだ台もありますが。
これに、昨年から継続している台(明菜3の甘デジ、戦国乙女3の甘デジ、ブラックラグーンの甘デジ、北斗の拳6)が「定番」として存在してます。困った時はここに行ってました。
そして、印象の良かった機種が10機種。これについては後日書きます。
関連記事
スポンサーサイト
2015/12/08 Tue. 12:53 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1991-a8794b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。