05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

2015年の漫画雑誌を振り返る(月刊ヤンマガ) 

寝過ごしたんで、簡潔に一つだけです。こんな展開では今年中に終わらないんだけどw。


☆【月刊ヤングマガジン】
地味ながら存在感のある雑誌。中軸がしっかりしているスタイルなんで、同じ講談社の『イブニング』よりは読み応えがある。

看板である『攻殻機動隊ARISE』は今年も安定して面白かった。話もさることながら絵が上手いよねえ。万人受けはしないだろうけど、中軸としては充分なクオリティ。

同じく看板であろう『十~魔界転生~』は、展開は面白いんだけど進行が遅いのがもったいない。ただあの『魔界転生』の漫画化自体が難事業なんで、それは仕方がないと思う。(ラスボスが天草四郎ではない、ちゃんとした漫画化だしね)
同じ作者の『バジリスク』みたいにアニメ化して知名度を上げたいとこだろうけど、それに目処がたつのは…数年後かなw。長い目で見守りたい。

ぢだま某の『Kiss×sis』は、一応読んではいるけど…自分はリアルに姉がいたのであまりこの作品にはノレていませんw。作品自体は良いと思いますが。
しかし、これがアニメ化したのって相当前の事だと思うんだけど、やっぱり…中途半端な時期のアニメ化ってのは、作品のその後の印象を地味にしちゃうんだよね。『ヤマトナデシコ七変化』とか『ながされて藍蘭島』とか、本屋で新刊見かけるたびに「まだやってたんだ…」としか思えなくなっちゃう。『まりあほりっく』もそう。
アニメ化以降の盛り上げ策は難しいと思うけど、編集部で頭をひねってほしいところ。

『幸子に幸あれ』は、安定の四コマ。特に不満無し。
『鉄子の育て方』の終了は、個人的にホッとしました。鉄道マニア嫌いとしては、タイトルから嫌いだったので。
巻末の柳沢きみおは…もはや風物詩なんで、そういうもんだと思ってマスw。雑誌の色としては折り合いが悪い気はするけど、だからといって『イブニング』移籍というのもね…。(講談社の雑誌体系は年齢層高めの部分が弱い)
あと、この雑誌ってパチンコメーカーの平和とコラボした作品が定期的に連載されるんだけど、パチンカーとしては…ウケているのか不安で仕方ないですw。
現在は『銀河乙女』ですか。題材としては悪くないんだろうけど、『戦国乙女』みたいにアニメ化にこぎつけるほどのインパクトは無いなあ。
それと『南国育ち』の漫画はもう復活しないんでしょうか(触れてはイカンかったかな)。

週刊ヤングマガジンの姉妹誌として、独自の色があって落ち着いた感じがあっていい雑誌ですが、もう一つ注目作品が載るといいですねえ。
月刊誌ならではのまったりとした漫画が読める雑誌として、今後も重宝したいとこです。
関連記事
スポンサーサイト
2015/12/14 Mon. 12:34 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1997-85fb3c6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)