07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2015年、印象の良かった機種(その2) 

はい、サクサクと行きましょう。ベスト5も残ってるんだから。

◎CRデビルマンのハイスペック(エキサイト)
エキサイトはニューギンのセカンドブランドですね。ニューギンは沈むかと思うと、忘れた頃に面白い機種を出して踏みとどまるんですよ。そこが大一との大きな違い。
この機種は、385分の1、ST突入率100%、継続率が約86%という非常に魅力的なスペックです。確かST中は39分の1で75回転じゃなかったかな。
この継続率には内訳があって、確か突確が20%で、残り80%が10段階くらいで均等に出玉が振り分けされてるんですよ。だから連チャンしてはいるんだけど、甘デジみたいな増え方になってしまう事もあります。
そういう意味では人を選ぶ機種ですが、演出が突き抜けていたので時々打ってました。よくまあ、こんな含み笑いしてしまう演出を考えついたもんだよ…。

初打ちは…この機種が新台入替で入ってきた次の日だったか(マイホは何故かこれを1シマ32台入れた)、夜8時頃に空きがあったので軽い気持ちで着席。なんせ『デビルマン』ですから興味ありましたし。
通常時は正直面白くないし、うるさくて眩しい。こらまた騒々しい台だなあ…。キャラクターは全てCGで、原作にもアニメにも似ていないけど、まあ実写映画にされるよりはいい。
5000円ほど入れたところで1回激アツっぽいのを外して「さて、どの辺でやめようか…」と思案していた6000円目、不動明が牧村美樹と待ち合わせるリーチから、なんと美樹が街の群衆に追いかけられるストーリー系へ発展。
原作知ってる方ならお分かりだと思うんですが、自分は「うわあ…頼むからこのリーチ勘弁してくださいorz」と嫌なトラウマがw。必死で逃げまどう牧村美樹(cv野中藍)に…もうハラハラしながら顔を背けようか悩んでいたら……当たりましたw、不動明が助けに来ました。
当たった事実よりも「ああ、このリーチ怖い、二度と見たくないわ」と溜息出まくってましたね。原作読んだ人なら分かると思います。
とりあえずいくばくかの玉を貰って確変ST突入。ST中のBGMは選択出来るんですが、当然オリジナルの『デビルマンのうた』を選びます。ちなみにこの曲だけでも歌い手を変えて6種類くらいあります(影山ヒロノブ、奥井雅美…など)。
ST中は完全な先読み待ち。画面下の四文字熟語の色が変わるのをひたすら眺めているだけ。39分の1だけあって軽いリーチでもサクッと当たりますが、そういう場合出玉は少な目か中くらいが多いですね。
しかし、当たった後が本番です。とにかくボタンを押させられて、出玉を上積みさせられます。若本規夫のかけ声や、ひたすらボタンを押させられる自分に次第に笑えてくるのです。
一番酷いのがデビルバトルリーチ。原作にも出てきたデーモンと対決して、勝てば多めの出玉をゲット出来るチャンスなんですが、このリーチの長さと、その間に押させられるボタンの回数はギネス物ですw。小冊子には「新感覚ゲーム」と書いてありますが、向かう方向がおかしいだろうニューギン。
で、そこまでボタン押した挙げ句、デーモンを倒せずに次の回転に進まれたりするともうw、自分がおかしくて笑えてくるんですよ。
この、あまりにも突き抜けたSTの面白さと、ST中に引いた突確は画面にもランプにも反映されず、STが終わる直前に「ST回数上乗せ」されるという小粋な演出が実に良かった(すごく嬉しい)。これで通常時が普通だったら名機になり得たかもしれん。なれないとこがニューギンだけど。
この時は8箱くらい出たから、16000発弱ってとこかな。その後も数回打ったけど、相性が良かったのかほぼ勝ってますね。甘デジはまだ打ってませんが、一度打っとかないといけません。
この機種のSTのシステムは、ぜひ他の機種にも流用してほしいですね。特に突確告知しないのは好きだ。あ、ボタンはほどほどがいいです。
濃い演出、ボタン、若本節などアクは強いですが、割とおススメ出来ます。甘デジで試してみてください。


◎CRドラムロイド(ニューギン)
これもニューギンのサブ路線の逸品。ドラム機の中では一番面白いと思います。
そもそもドラム機としては『コブラtheドラム』をちょくちょく打ってたもんで、その後継である本機にも抵抗はありませんでした。
この機種には確変という概念がほぼ無く、電サポついても確率は変わってないんですよね。だから連チャン自体が難しいんだけど、それ故に連チャンして100回時短がついた時の嬉しさはひとしお。
あとは、ドラムロイド君の真摯で呑気なキャラクターがたまらんですね。「閃いた~!」
マイホは8台入れてて、よく閉店迫ってきてから打ってました。最後はドラムロイドみたいなノリ。今でも1パチで打てます。
今後も打てる限りはちょくちょく打ちます。いい機種だもん。


また2機種しか書けなかったorz。続きは後日。
関連記事
スポンサーサイト
2015/12/21 Mon. 05:09 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2004-fb1acf22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。