10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2015年の漫画雑誌を振り返る(イブニング、アフタヌーン) 

今日のお題に入る前に、プロローグ。AnAn対戦記書いてた頃はこういうのを書くのが楽しかったんだけどね。
ビッグコミックスピリッツの、中原裕の新連載『ワイルドピッチ』を読んできました。いかにも中原裕という感じの主人公でした。
今回はプロ野球での話になるようで、まず…主人公がどういう経緯でスカウトされるのかを描いていくんでしょう。高校野球地区予選決勝の話でしたが、前作『ラストイニング』に比べると展開が早いw。
主人公のライバルになるのであろう、清宮系巨漢打者との因縁もサッサとこなれた描写。おそらく打たれるんじゃないかな。で、老練そうなスカウトに気に入られて、指名へと繋がっていくんでしょう。
お楽しみはこれからとして、やっぱスピリッツに中原裕がいると引き締まるね。漫画読みとして応援します。


☆【イブニング】
講談社は、ヤンマガ系やモーニング系は好調なんだけど、この…イブニングの停滞はどうしたことだろうねえ。
モーニングが、月刊モーニングとかモーニングtwoなどの実験場を充実させてしまったので、本来そういう場所だったイブニングの役割があやふやになっているのはあると思うんですが、それにしても数年前に比べて面白くない雑誌になってしまった。
とりあえず『海賊と呼ばれた男』は原作読む手間が省けて助かるんですが、主人公の国岡さんのあまりの聖人っぷりにちょっと半笑い。須本壮一の堅くて真面目な絵柄も相乗効果で半笑いしてしまいます。とはいえ須本壮一自体は(本そういち、の方が有名か)結構何でも描ける漫画家なんだけどね。
『学生・島耕作』は一周廻って多少面白い。弘兼漫画的な展開だけど、まあ安定して読める。
『秋月あきひろのポジション』は、野村宗弘大好きな自分としてはまずまず面白いんだけど、この漫画…女っ気が足りんよね。自分は野村宗弘の描く健気な女性が大好きなんですよ。
それと野球物を描くと、広島ファンとしての野村宗弘が透けて見えるんで、ちょっと微妙な感もあります。些細なことですがね。

そして『レッド』。これを読むためにイブニング読んでると言っても過言ではない、最も目が離せない作品です。
とにかく、左巻きの人を集団で山奥に押し込めると、こんな強烈な内ゲバが始まるというのが目から鱗でねえ。自分みたいに「まあいいや」「仕方ない」みたいな生き方をしてる人間には、何をそんなに張り切って生きてんの?としか思えません。
あまりにもアレ過ぎて、コミックス買うのを途中から止めてるくらい鬱な作品ですけどw、これはいい作品だと思いますよ。世間を賑わせてる左巻き文化人や活動家、政治家の本質はこれか…と気づかせてくれます。
この漫画に関しては、牛歩でもいいのでじっくりと事実に、あるいは事実に近いものに迫っていってほしいなあと願います。

しかしこうして見ると、明るい漫画が無いよね。
まあ自分が『少女ファイト』も『いとしのムーコ』も『オールラウンダー廻』も読んでないのが悪いんだけどさ。『しばちゅうさん』終了以降、イブニングから笑える漫画は無くなった状態。
そろそろ大改造しないと、さらに地味になっていくことになりますぜ。


☆【アフタヌーン】
『謎の彼女X』と『今日のユイコさん』が終了し、他の連載陣に今一つノレていないので、正直『げんしけん二代目』だけを楽しみにしている雑誌。(『プ~ねこ』はコミックスでまとめて読む派)
新しい看板がなかなか出来ないまま、月日だけが流れている感があります。月刊誌の話題作も他の雑誌から出ることが多いし。とよ田みのる小学館流出は痛かった。
ともかく、植芝理一の復帰を首を長くして待つ。

眠い。他は次回。
関連記事
スポンサーサイト
2015/12/22 Tue. 04:53 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2005-f1a990dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。