10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『雪に書いたLOVE LETTER』(菊池桃子) 

アイドルってのは、顔が可愛かったり、歌が上手かったり、踊りが上手かったり、芝居が上手かったり、いろんな取り柄が備わっているもんです。そこにいろんな要素がくっついて、そのアイドルの特色が出てくる訳ですが。
自分はおっさんですから、70年代から80年代アイドル全盛期、そして90年代のアイドル受難の時代まで、いろんなアイドルを見ることが出来ました。
その観点からいっても、やっぱ菊池桃子というアイドルはとんでもない存在だったと思うんですよ。声がか細いから歌は決して上手くないし、躍動感もないし、ナイスバディでもない。もう…とにかく可愛いとしか言いようが無く、男の子のある種の理想型だったんですから。

自分が中2の頃に菊池桃子はデビューしたんですが、デビュー当時はそこまで大きい存在じゃありませんでした。映画『パンツの穴』が公開されはしたものの、目立った活躍とはいえなかったし。
でも、男の子は(菊池桃子、可愛いよね)と思ってる…というね。そこを敏感に察知した学研が『Momoco』という雑誌を立ち上げ、創刊号の表紙に菊池桃子を使って大成功したり。
言うなれば、その年代の男の子にとっての…ドキドキする対象として菊池桃子は存在したんだと思います。憧れとも好意ともちょっと違う、一線級のアイドルのような高嶺の花でもない微妙なポジション。

その菊池桃子が、アイドル歌手としてベストテン番組などにランクインするようになった曲が、3rdシングルである『雪に書いたLOVE LETTER』。菊池桃子のポテンシャルを存分に引き出した重要曲です。
片想いしてる女の子がクリスマスイブに、相手の男の子が通る石畳の道にメッセージを書く、気づいてほしい…という、実に卑怯な内容のこの歌詞を書いたのが……秋元康。ね、作詞家としての秋元康は良い仕事をするんです。
特に、歌詞の最後のフレーズである、♪あなただ~けに~ 「メリークリスマス」という囁きですよ。今風に言えば"萌え死ぬ"んでしょうが、当時はそんな便利な言葉が無かったので、とにかく「これがいいよね!」という意味で「メリークリスマス」と言い合ってました。中3の男子が教室で「メリークリスマス」「メリークリスマス」と囁き合うという地獄絵図。馬鹿ばっか。
ちなみに、前の職場でこの『雪に書いたLOVE LETTER』をラジカセで鳴らしていた時も、男性社員の間で「メリークリスマス」「メリークリスマス」言い合ってましたw。男なんてそんなもんです。


『雪に書いたLOVE LETTER』 レッツゴーヤング初出演時 by YouTube

この動画、『雪に書いたLOVE LETTER』が売れ出して歌番組に呼ばれるようになった頃の菊池桃子です。16才ですよ。
そして番組がなんと『レッツゴーヤング』。冒頭の実に『レッツヤン』な短い掛け合いがたまらないですね。太川陽介も若いですが、倉沢淳美(「わらべ」のかなえ)も懐かしくて死ねる。
菊池桃子はかなり緊張しているのが分かるんですが、それでいて「アイドルになる子ってのは、ステージ度胸が違うなあ」とも感じさせます。歌は下手だけどw、これもまた菊池桃子だわ。最後も囁けてないけど、まあ仕方ない。
とにかく、大器が動き出したことを感じる動画です。

自分らおっさんが根強く支持しているせいで、クリスマスソングとしても一定の地位を持ってますね。アイドル歌手が歌ったクリスマスソングで、ランキング的に売れて現在も残ってるのって、この『雪に書いたLOVE LETTER』と、松田聖子の『Pearl White Eve』くらいじゃないかな。
そういう意味でも意義のある、エポックメイキングな曲であります。

そしてアイマスPV。
この動画を見つけて3年、ようやく書けたw。そう、この曲は萩原雪歩じゃないとイカンのです。


『雪に書いたLOVE LETTER』アイマスPV by ニコニコ動画

この曲の世界観にピッタリ合うのは、どう考えても雪歩。
世界観も曲調もそうだけど、12月24日が誕生日である萩原雪歩にあつらえたような曲ですからね。この動画を作った職人さんもそう考えているでしょう。
途中、実際の雪歩の台詞が入るのは賛否あると思いますが、自分は容認派かな。肝心な「メリークリスマス」はちゃんと聴こえるし。
この曲と雪歩の相性の良さを再認識出来る動画であります。

近年のクリスマスイブは、萩原雪歩生誕祭の画像集めに忙しくて、この曲について書くのを失念し続けていたんですが、ようやく書けました。大したことは何も書いてないけどね。
久しぶりに聴きましたけど、やっぱクリスマスイブに聴くと盛り上がるもんです。名曲というのはアレかもしれないけど、佳曲ではありますよ。
ああ、自分も菊池桃子みたいな理想型の女の子に言われてみたかったものです。

♪あなただ~けに~ メリークリスマス(囁き)
関連記事
スポンサーサイト
2015/12/24 Thu. 04:45 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2007-d2cb808c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。