06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2015年の漫画雑誌を振り返る(スペリオール) 

昼過ぎまで爆睡してましたので、ゆるゆるとブログを書いております。
年内最後の休日なので、今日は外出せずにのんびりします。………大晦日まで仕事だしなorz。

☆【ビッグコミックスペリオール】
スピリッツより若干暗めの重い漫画が多いんだけど、オリジナルほどではなく、ビッグコミックほどガチガチではないという位置づけの雑誌。
この4誌は小学館の中でどういう勢力関係になっているのか気になります。週刊のスピリッツが若干優遇されている感はあるけど、スペリオールの扱いは微妙っぽい。

小山ゆうの『雄飛』は、ヤクザ物とボクシング物の間を浮遊している感じ。なんか落ち着かない。
『スプリンター』の時は、タイトルもそうだし内容も陸上にしっかり軸が置かれていたんだけど、今回は雄飛の最終目標がボクシングには無く(それだと『がんばれ元気』になっちゃうからね)、最終的には母親と姉の仇であり、大垣の親分の仇でもある峻堂巌が最終的な目標だから仕方ないけど。
読んでるコッチが峻堂に対してフラストレーションがたまってイライラしだした頃を見計らって、雄飛が峻堂をボッコボコにしたのは実に上手いなあと感嘆。小山ゆう恐るべし。
さらにその流れで、雄飛女体初体験でしばらく骨抜きになるのはちょっと笑ったけどw。まあそれも人生。
峻堂が雄飛を持ち上げて落とす思案をしだしたので、今後しばらくはボクシングに話の軸が来そうな感じ。いずれ女絡みの悪事で峻堂の暗躍は描くだろうし、長い話になりそうなんでのんびり読むべし。

『岡崎に捧ぐ』は中学生編が終わってしまったので、今後の話作りがちょっと不安w。過度の期待をする漫画ではないけど。
ノスタルジック要素が薄くなり、岡崎さんのキャラクターだけでは保たせるの難しいだろうから、新キャラクターなり出してくるとは思うけど。

『江川と西本』は、タイトルとは違って…あの当時の巨人の裏事情を描く漫画になってますね。それはそれで面白いんですが、西本の高校時代がサクッと省略されたのが「それでいいんかい!」という気分にはなりました(江川は夏の甲子園以降もっと省略されてるけど)。
まあ、西本は一度も甲子園には出ず、その甲子園で激戦を繰り広げたのが鹿児島実業の定岡と東海大相模の原で、しかも定岡は巨人のドラフト1位、西本はドラフト外入団ですから、そういう描写になるのは仕方ないんですけどね。
西本が先にプロ入りしちゃいましたから、江川の描写は…法大時代をほぼすっ飛ばして…クラウンがまさかの予備抽選1位で舞い上がって、急遽予定を変更して江川を強行指名しちゃうとこまで無さそう(言ってもしゃあないけど、このクラウンの舞い上がった指名が全ての根元なんだよなあ)。
この調子だと長い漫画になりそうだけど、この漫画を読んでいて初めて………西本が二軍でひっそり行った引退試合に長嶋がやってきたという逸話の意味が分かった気がします。

『なぎさにて』はまだ論評出来ねえw。もうちょっと読み込んでからな。

『チェイサー』はもう少しペース上げてくれると嬉しいんだけど、内容的に無理かなあ。コージィが抱えてる仕事量もあるだろうけど。
読んでるコッチは、手塚治虫が次第に人気を落としていき、虫プロも倒産して完全に「過去の人」になったところから、『三つ目がとおる』『ブラックジャック』で一気に息を吹き返す流れを知っているんだけど、この漫画の主人公は"戦記漫画"の大家(貝塚ひろしみたいな感じか)ということなんで、どうやって手塚治虫を"追跡"するのかが気になるとこなんだよね。そこら辺はコージィの腕の見せどころ。

池上遼一御大の『アダムとイブ』は、現在のところ………すげえ面白い。池上御大久々のヒットという感じ。『覇~ROAD~』も『六文銭ロック』もノレなかったので。
超高級キャバクラかなんかで飲んでいた"一つの感覚が異様に発達した人"の集まり(しかもヤクザ)が、二人組の謎の透明人間に襲撃され、その戦闘を克明に描写するという漫画なんですけど、こういう閉鎖空間リアルタイム戦闘物を池上御大が描くのは初めてなんじゃないかな。
で、今回の原作が山本英夫。"感覚の達人"達のキャラクターが実に山本英夫で、それを池上絵で見れるという僥倖。やっぱりノってる原作に巡り会うと池上御大は力をフルに発揮するね。
視覚、臭覚、触覚、聴覚などの達人がそれぞれの特色を出しながら透明人間に立ち向かう中、味覚の達人があっさり最初に殺されるのには笑いましたw。そりゃあそうだ。
たぶんそう長い話にはならないと思うけど、それだけにこの異能の密室戦闘を描ききってほしいものです。

サイバラこと西原理恵子の巻末漫画は、やっぱ面白いね。高須院長の真の価値が見えてきますわ。
たまにはシリアスな漫画も描いてほしいけど、もうそんな疲れることはやらないでしょう。


よし、こんなとこ。
ちょっと眠くなったので軽く昼寝するw。
関連記事
スポンサーサイト
2015/12/26 Sat. 15:17 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2009-abd46437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。