08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2015年同率第1位その2、CRデジハネ化物語STK(サミー) 

『化物語』というアニメは、実はほぼ見ていません。
あの頃はまだTVを見ていたんだけど、チラッと見た時に(たぶん2話)…なんともシャフト的、新房監督的な演出がどうも気に入らず、すぐにチャンネル変えて…以来避けてたんですよね。(新房演出自体は『ぱにぽにだっしゅ』などで嫌いではないんだけど、『絶望先生』などでかなり食傷気味だった)
アニメ『化物語』が評判を取ったのはもちろん知ってましたが、「まあ、切ったもんは仕方ないよな」と特に後追いする気もありませんでした。
その後、『化物語』はスロットになります。自分はスロットは全くやらないんですが、このスロットがすこぶる出来が良かったらしく、身近な人も「化は面白いッスよ」と言いながらよく打ってました。
その様子をチラチラ見ながら、「どうやらヒロインが5人いるらしい」とか、ヒロインの名前とか特徴とかを朧気に掴んでました。あくまで朧気ですけどね。(AnAnの問題はこの知識で乗り切ったw)
スロットは高稼働を続け、いよいよパチンコになります。メーカーはスロットと同じサミー。スペックはオーソドックスなミドルの確変機。
面白いようなら打ってみたいなあ…と思ってたんですが、打ってきた知り合いの話を総合すると「あれはダメ、クソ台」という一致した情報。マイホには入らなかったこともあり、「どうやら縁は無さそうだなあ」と諦めました。
そして今年、甘デジスペックがリリースされます。マイホにも5台入荷。ミドルに比べて演出に改良が施されているとの事前情報。
「スペック面白そうだし、入荷したんならちょこっと打ってみっか!」
…ちょこっと打つはずだったのが、現時点で確実に2万回転以上回している…という事態に陥るほどハマってしまいました。
デジハネCR化物語STKという、とんでもないじゃじゃ馬にね。

この機種を打つ気になったのは、『化物語』という題材への興味ももちろんありましたが、それ以上にスペックに惹かれたからです。

◎確率99分の1、ST突入率100%、ST6回転(14.5分の1)、内訳は15R40%、6R40%、2R(凸)20%(ヘソ、電チュー共通)

これは自分にとっては魅惑のスペックなんです。ハッキリ言って万人向きではありません。かなり偏った打ちにくいスペックと言えます。
まず気に入ったのが、ヘソでも電チューでも15R率が40%あること。これは重要な事だし、これがあるから厳しいSTにも立ち向かえるんです。
そのSTは…ハッキリ言って難関です。ST6回転で次の当たりが引ける確率は30%台、正直引けないと思ってた方がいい。しかし、ここで当たりを引くとST6回転の後に94回転の時短(電サポ)が付いてきます。こうなればシメたモノです。
一例として、先日(元日です)…朝9時から夜10時半まで打ち倒したデータを挙げますね。1パチです。

(1月1日の実戦データ)
4連、単、15連、単、単、2連、単、単、3連、単、単、単、単、12連、単、単、24連。
総回転数3712回、当たり71回。総当たり確率約52分の1、出玉15601玉。

ええと、まず目に付くのは「単」ですねw。この機種で単発を引くのは当たり前のことなのです。このデータでも初当たり17回中、連チャン出来たのは6回。ちゃんと30%台ですね。
こういう機種ですから、ヘソでも15Rが引けるというのはとても大事な事なんですよ。
この日は、出だしの4連が凸2回であまり出玉を得られず、5000円投資したとこでようやく15連1万玉余が炸裂。しかし直後に400ハマりを喰らってトントンまで戻され、その後…見ての通り単発地獄に低連チャンという最悪の流れで1万玉全て飲まれ、追加投資2000円する負けパターン。
そこへようやく12連で6999玉まで回復し、「ここで大きい連チャンを出来れば…」という身勝手な願いが結実して自己最高の24連! まさに逆転ホームラン。
結果15600玉で15000円、プラス8000円という満足すべき結果で、元日13時間半決戦を制した訳です。(こういう大人になっちゃダメ)
このデータがこの機種の魅力を存分に表してますよね。甘デジとは思えないくらい、メリハリのある大勝ちか大負けになるんです。波荒というか、雌伏して一発に賭ける感じですね。1パチコーナーで打ってても、周囲の甘デジとは明らかに出玉力が違います。
こういう荒くれスペックが、『化物語』という素材に使われるとはお釈迦様でも気がつくめえ。

演出はミドルに比べてかなり改良され、忍野忍やファイヤーシスターズの出番や台詞が増加しているそう。
オーソドックスなパチンコに比べると演出自体がトガりまくっていて、初見の方や『化物語』に予備知識が無い人はかなり面食らうと思います。旧字体の漢字使いまくってるしなw。
基本的には「赤がアツい、キリン柄は鬼アツ(80%台)、レインボーは確定」という決まりがあるんですけど、赤だけど大してアツくない予告も多いので、そこは経験からの見極め。
画面上を移動するホチキスや飛び立つ鳥などの赤は、せいぜいテンパイ確定くらいで特にアツくありません。台詞の赤、ステップアップの赤も概して当たりには直結しません。それなら2回滑りや主題歌予告の方がよっぽどアツい。
スーパーリーチ中のカットインや演出が赤なら結構アツいと思います。予告よりは、チャンスアップの赤の方が重要。キリン柄なら外したくない。
保留変化については、通常時は保留変化自体が滅多に起こらないのであまり気にする必要はありません。黄色保留と白保留はどっちも20%台で釣り要員、赤保留は60%ありますが…あくまで60%ですからね。
「保留が5個以上ある時に変化ホチキスが出現すれば、残存保留中で必ず変化」、「変化ホチキスが3つ同時に出現したら必ず変化」という法則がありますんで、それ以外ではほとんど変化しません。突然はぐれ変化ホチキスが出てくることもありますが、ほぼ素通りしますw。
この、保留変化待ちではないとこも好きですね。画面予告に集中出来るし。

この機種、8個保留でそれを活かした面白さがあるんですけど、ちょっと…気になる点があります。
アルゴリズムの傾向なのかもしれませんが、2回転続けてアツい挙動をする事がちょくちょくあるんです。特に保留が5個以上入っている時に。
それだけなら実害は無いんですが、保留を8個満タンにすると保留からエフェクトが出て、次回転から八九寺真宵の「噛ミマミッション」に入るという決まりがあり、よくスーパーリーチ中に8個満タンにするんですけども…。
リーチ中に8個入ったのに満タンエフェクトが出なかった場合、次回転でリーチ以上の挙動をする事が内部的に確定しているので(当確とかでは全くない)、現在展開中のスーパーリーチは………どんなにいい展開だろうと必ず外れると分かってしまうんですorz。これはちょっと萎える。しらじらしくリーチ後半まで引っ張られても、もうワクワクすらしません。
まあ「噛ミマミッション」との兼ね合いでそうなってるんだろうし、嫌ならリーチ中に保留満タンにするなって話ですが、そこに開きがあるなら満タンにするのはパチンカーの務めですから、どうにかしてほしかったですね。
その「噛ミマミッション」も、"アララギさん!"と言ってくれたところで…普通の「噛ミマゾーン」に行った時点でハイワロですから。「超噛ミマゾーン」なら60%台ですけど、あくまで保留満タンから発動する演出なんで、釣りも結構あります。
それでも8個保留はフルに活用した方がいいです。99分の1だしな。

スーパーリーチとしての発展先は実に豊富。
まず、5人の各ヒロインに「その1」から「その3」まで3種類のスーパーリーチ。
「その1」と「その2」は信頼度的には20%台ですが、チャンスアップ次第で直当たりもよく見れますし、前半でビタ当たりなんてのもあります。こういうバランスはよく練ってありますね。飽きません。
「その3」は信頼度30%台ですが、発展する事自体が珍しい部類のため、結構緊張感あります。ここもチャンスアップ次第だけどね。
ただ、羽川翼のみ「その2」は後半発展の時点で確定、「その3」は発展で確定だもんで、他の4人とはバランスが異なります(裏を返せば羽川は強予告殺し)。
ヒロイン系以外では「ミッション」も重要な強いリーチ。暦と羽川翼がラジオの投稿ハガキについて喋るんですが、前半のボタン演出で選択肢が赤かキリン柄ならかなりアツいです。青ならハイワロ。ちなみにハガキが撫子のなら赤7テンパイで鬼アツ。
そして忍野メメ系。まず「その1」は当たると突確に入る凸専用リーチ演出。正直…嬉しいようなそうでないようなw。まあ外れてもダメージは無いですね。
「その2」は重要。各ヒロインのリーチ前半から役物出てここへ来るパターン。60%前後の信頼度があるんだけど、ここに来るまでの予告やチャンスアップに不安があったら外れる覚悟でw。釣りも多い。
そして確定以外の本機最強リーチである「キスショットスーパー」。信頼度80%超、ほぼ当たると言っていい切り札的存在。
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードこと忍野忍の事を暦さんが語るんだけど、素晴らしいのは…リーチ中にチャンスアップの類は一切無いこと。最強リーチってのはこうでなくちゃいけない。発展したら「よっしゃ!」、万一外れたら泣け。
…ちなみに、1回だけですが…2回転連続でキスショットスーパーを外すという驚愕の変動を喰らったことがありますw。4パチだったんで心折れそうになったけど、踏みとどまってたらそこから100回転くらいで怒濤の連チャンに入って利益出ましたが。
2万回以上回して、外れたのは10回も無いくらいですね。

当たった後や凸でやってくる6回転のST。特に初当たりの後はここで次の当たりを引かないとサヨウナラなんで、真剣な目で一挙手一投足を見つめます。2連チャン目に入った瞬間ほど嬉しいことはありません。
STの種類は、ヒロイン5人(羽川翼のみブラック羽川との2種類)と暦さんで計7種類。2連目以降なら任意で選べます。
演出はそれぞれ実に凝っていて、濃密な6回転を楽しめます。当たり方も回転ごとに複数のプレミアがあったり、ノイズから忍野忍が赤7を無理矢理揃えたり、脳汁出まくります。やっぱショートSTは楽しいよね。
残念ながらSTで当たりが引けなくても、2連チャン以降なら94回の時短が付きます。ここでの粘り腰がこの機種の強み。
この時短で秀逸なのは、決定的な予告が無いということ。どうやって当たるかが読めず、軽めのリーチでも緊張感が持てます。
一番アテになるのは「熱」保留ですが、60%ほどですから確信は持てません。液晶横の「化物語」タイトル赤発光も60%ほどですが、これはリーチの途中で赤になるケースがあって釣りに使われやすいので、「熱」保留よりちょっと落ちます。あと、ヒロインが出てきてキャッチコピーが入るやつも、赤文字ならかなりアツいですね。タイトル発光と複合したら鬼アツ。
先読み系は、とにかく複合しないとダメ。保留変化、ホチキス役物、止マレなど複合すれば期待が多少持てます。怪異フラッシュ先読みはチョイアツですが、見た目ほどではありません。
この辺の予告を見極めながら、100回転までに引き戻すことを念じるのが楽しい。しかも時短中はリーチでも音楽が途切れないので、当たり消化中でも聴けないフルコーラスが聴けたりしますんで、なかなかの耳福なんです。映像もいいけどね。
上の実戦データの時もそうでしたが、調子に乗って連チャンする時は大半が時短引き戻しなんで、94回の時短を得て活用することが勝利への一本道であります。

アニメを見てない自分から見ると、5人のヒロインは全て実に面倒臭そうな女であるとこが魅力的ですね。面倒臭い故に愛着が湧くというか。羽川なんぞ小言を言われたくない自分にはキツいキャラクターだわw。
一番のお気に入りは戦場ヶ原ひたぎさんですね。次いで阿良々木火憐かな(長身好き)。
このパチンコを2万回転以上回し、現在も着々と回しているんですが、「ちゃんとした内容が知りたいなあ」と思い立って…西尾維新の原作小説を読むに至りましたw。まあ今のところ読了したのは「ひたぎクラブ」と「まよいマイマイ」だけですけど、実に面白いですね。パチンコでおなじみの台詞がどういうシチュエーションで発せられたものなのかも分かって、実に一石二鳥。ひたぎさんの「全てが解決したら、北海道に蟹を食べに行きましょう」ってのは、パチンコだけだとニュアンスが伝わってこない代表格。
原作小説、先は長そうなんでボチボチと読み進めることにします。
そして、パチンコに収録されてる6曲の歌がとても気に入りまして、先日発売になったCD『歌物語』をAmazonで事前予約までして買いました。パチンコ収録のClariSの曲だけ入ってませんが、いい曲が揃っていて良い買い物をしたと満足しています。
アニメも見ておらずパチンコを打っただけですが、原作小説、ベストCD、ファイヤーシスターズのムック本など買ってしまうハマりっぷり。アニメは依然として見てませんがw、『化物語』の魅力に取り憑かれてしまいました。
パチンコは長く打ってるけど、こういうポロロッカ現象を体験したのは初めてかもなあ。

厳しくてじゃじゃ馬台だけれど、楽しい演出、魅力的なヒロイン、気持ちの良い歌、ショートSTの快感、そして爆発力(24000発出したこともある)。あまり話題にはなっていない機種ですが、甘デジとしては2015年最高の名機だと思ってます。
2015年で一番ブン回した機種、今後も台がある限り朝から夜までブン回すつもりです。1パチだしなw。
昨日から2日がかりで長文書きましたが、書きたいことの半分も書けてない気がしますけど、出来れば打って頂きたいですね。以上!

関連記事
スポンサーサイト
2016/01/09 Sat. 04:15 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

化物語は当時だとミドルを、Anの知識吸収がてらやろう!というのでやり始めました。
予備知識なしでやりはじめたので、大分面食らいましたねw当時思ったのは、(戦場ヶ原さんは何でこんなに辛辣なんですかね…)と(小学生にセクハラするこの主人公、頭どうかしてるだろw)でした。

でも気がついたら凄くハマってまして、甘デジはかなり打ち込みました。…とりあえず初当たり後に忍野メメや忍野忍出ろよ、と常に願っています。
最近単ばかりで(また単かよー)も慣れましたw

あとAnの化物語は連想の声優問でよくあったイメージです。千石撫子→花澤香菜、神原駿河→沢城みゆきは間違いなくあったとして…羽川翼→堀江由衣が確かあったはず(堀江由衣の問題はありましたが、羽川翼が入ってたかは曖昧)。
この辺は当時、パチとwikiで乗り切りましたw

とりあえず、撤去進む前にまだまだ打ち込みたいです。長文失礼しましたm(_ _)m

える #- | URL | 2016/01/09 23:40 * edit *

>>える様
お久しぶりです。
初当たり後の忍ちゃんほど天使のような存在はありませんよね。
スーパーリーチ中に保留満タンにするもんで6回転の結末は決まってるだけに、忍ちゃんは本当に有難いッス。
メメさんはですね…出てきてワクテカしてたらスルーするケースがよくあるので、(メメさん大丈夫なんですか?)という疑念がw。たぶん五分五分じゃないかと。

AnAnの化物語問題といえば、速答プレッシャーで「ひたぎクラブ」とか「なでこスネイク」とかを答えるのがありました。この辺はゲーセンのプライズフィギュアで覚えましたw。

先のストーリーが耳に入ってきてしまうのは仕方ないんですけど、今公開中の『傷物語』に今年中に追いつければいいなあ…と思いつつ原作を読んでます。
パチンコも続編出るといいんですけど、たぶんスロットの方が先でしょうね。期待しつつ化を打ちます。

メテオ #- | URL | 2016/01/10 00:54 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2019-42cb04e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。