06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

あの"エルフ"の終焉 

【エルフホームページ閉鎖のお知らせ】

平素は格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
また、日頃より「エルフホームページ」をご愛顧くださいまして、誠にありがとうございます。

長年に亘り皆さまにご利用頂いておりました「エルフホームページ」ですが、2016年3月31日をもちまして閉鎖させていただくことになりましたので、お知らせ申し上げます。

現在ご利用いただいております皆さまには、大変ご不便をおかけすることとなりますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

また、情報メール「エルフ速報」の配信につきましても、終了させていただきます。
株式会社エルフにご登録いただきました個人情報につきましては、全て責任を持って削除させて頂き二次利用は行いません。

これまで「エルフホームページ」を支えてくださいました皆さまには、心から感謝を申し上げますとともに、サイトを閉鎖いたしますことを深くお詫びいたします。
長年にわたりご愛顧くださいまして、誠にありがとうございました。

エルフソフトのサポートに関しましては、引き続き対応してまいりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2016年3月1日 株式会社エルフ

(転載ここまで)


パソコン(あえてPCではなく)で遊びまくった世代としては、非常に物悲しいニュースであります。
家庭用ゲーム機でいえば、スクウェアがアホな映画作って潰れかけて、エニックスに救ってもらった一件に近いものがありますが、まあ…00年代以降は時代にノレていなかったから、やむを得ないとも思います。
エロゲを隆盛に導き、市場を拡大させた功労者的存在でありながら、近年は知る人ぞ知るエロゲ(『彼女はガテン系』とか)を細々と商売してましたし。
悲しんでいるのは、おっさんばかりなんだろうなあ。

エルフは1989年の設立。(本棚から『エルフマニアックス』という本を引っ張り出して書いてます)
この当時の自分はまだ富士通FM-77AV40EXを使っていたので、エロゲの世界には足を踏み入れてません。だから『ドラゴンナイト』シリーズや『DE・JA』『ELLE』といった初期のソフトはほとんど触れてません。
PC-98を入手したのが…1991年かな。だから…92年発売の革命的エロゲ『同級生』には、すぐに飛びつきました。コピーじゃなく、ちゃんと8800円出してソフト買いました。
『同級生』についてはいずれ書くつもりなんですけど、とにかく陽気なシナリオ、美麗なグラフィック、時間とマップの野心的なゲームシステム、複数同時攻略が可能、魅力的なキャラクター…など、全方向にクオリティが高かった。ゲームとしては『同級生2』よりもコッチが好き。
その『同級生2』は1995年発売。即買いましたとも。
一段と深化したシステムとキャラクターは素晴らしいの一言。ただ…一人一人のシナリオが深まった分、複数同時攻略は難しいゲーム性になったのが個人的に残念。純愛寄りになったとも言えるか。
そして同じ1995年、…もう一つ忘れてはならないのが『遺作』ですよ。
いわゆる伊頭三部作の始まりですけど、この…息詰まるゲーム性は素晴らしかった。職場から帰って、夜中真剣にやってましたわ。繰り返しやるタイプではないけど、実に満足したソフトでした。
1996年は『下級生』『野々村病院の人々』『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』という充実の3作品を生みだしてるんですが、この3作品、自分は全てセガサターン版でやってますw。
この3作品から、PC-98版はハードディスク必須になっちゃったんですよね。ウチのPC-98に限界が訪れた訳です。ちょうどWindows95の時代に突入したこともあって、自分はパソコンをやめました。(たぶんこれから買い換えが頻繁になる予感がしたので)
96年の3作品はどれも大変面白かったんですけど、特に『下級生』は『同級生』システムの集大成で大好きですね。『下級生』はPC版をやりたかったなあ。
ここから後の、『臭作』『鬼作』『下級生2』『ワーズワース』『河原崎家の一族』『愛姉妹』…などなどのソフトは、セガサターン版も出ず、パソコンも無い自分はやっておりません。『臭作』『鬼作』はエロアニメ借りて見たけども。『下級生2』のメインヒロイン非処女騒動とかも「アホやでこいつらw」と眺めていました。

自分にとって、エルフのエロゲ最大の魅力はシステムでした。
00年代に入ってから【DVD-PG】ってのが出たじゃないですか。DVDプレイヤーで出来るエロゲ。
パソコンを持たない自分には非常に有難いモノでしたが、逆に言えば…アレは90年代末に勃興したエロゲの潮流を現したものだと思うんです。一本道でたまに分岐するだけ。
別に、LeafやKeyのソフトをディスってる訳じゃありませんが、感動させる系統の脚本さえ用意出来れば、あとは分岐だけ作っておけば成立するという、DVD-PGでも何ら問題無く移植出来る単純な紙芝居。
エルフのソフトは、決してDVD-PGに移植出来ないとこが魅力だったんですよ。決して一本道ではないし、繰り返し遊ぶことを前提としたものでした。『YU-NO』の"A.D.M.S"とか、『下級生』の同じ娘と寝る度にグラフィックが変わっていくとか、最高過ぎます。
そういう練ったシステムがよりも、物語性がウケるようになっていくと共に、エルフは急速に落ちていきます。
(まあ、蛭田昌人取締役の引退、竹井正樹との決別、剣乃ゆきひろが『YU-NO』だけで退社、『下級生2』ヒロイン非処女騒動、あかほりさとるまで巻き込んでアニメ化した『らいむいろ戦奇譚』不発…など、いろいろあったのも事実ですけどね。特に竹井正樹と決別したことで『同級生3』が永遠に無くなったのが…)

今やエロゲ業界は衰退の一途を辿り、エロゲという媒体から何か生まれるという事すら無くなっている有様。エロゲのノベルズ化も見かけなくなったしねえ。
こんな状況ですから、老舗で栄光の過去を持つエルフが活動停止になってしまうのも仕方のない事なんでしょう。
先頃PS Vitaでリメイクされた『YU-NO』は、リメイクの許可を得るため話を持ちかけたら…エルフ側から「もうウチにはリメイク出来るスタッフもいないんで、権利を買わないか?」と言われて権利ごと買い取ったというエピソードを聞きました。なんて哀しい…剣乃ゆきひろの傑作が…。
エロゲという市場が無くなり、DVD-PGでも遊べないエルフの名作群は…もう二度と遊べなくなるのでしょうかね。何らかの形で、18禁指定のエルフのゲームを遊べるようにしてほしいです。スマホやタブレットで気軽に遊べれば…。
ぜひ、そうなる事を期待しています。おっさんは気長に待ちます。
関連記事
スポンサーサイト
2016/03/02 Wed. 08:19 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2064-4cbc7dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。