04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

ハヤブサさんを偲ぶ 

ハヤブサさんが亡くなりましてね…。
ファンというか、単純に好きでした。カッコいい、シビれる、憧れる。ルチャを主体とするレスラーの中でも、雰囲気と切れ味が物凄かった。
90年代はインディーズのFMWですらレスラーを海外修行に出せるくらい、プロレス自体の景気が良かった時代ですが、それが無ければハヤブサというレスラーはあそこまで見事に開花しなかったかもしれない。
新日や全日のようなメジャー団体だと、あの体格の持ち主にルチャはさせなかった気もするので、FMWだったからこそハヤブサが誕生したということになるんでしょう。
プロレス雑誌でその存在は知ってましたが、初めて動くハヤブサを見たのは新日が主催した『スーパーJカップ』です(1994年だったと思う)。
この大会、参加レスラーが凄かったんですよ。優勝がワイルド・ペガサス、準優勝がザ・グレート・サスケ。あとは獣神サンダーライガー、エル・サムライ、スペル・デルフィン、TAKAみちのく、ディーン・マレンコ、リッキー・フジもいたなw。
そしてハヤブサが、ライガーと素晴らしい試合をしましてね。「うおお、ハヤブサすげえ!」と認識し、プロレス雑誌で情報を追うようになります。(この試合の映像、YouTubeとニコ動には無い…というか削除されてますね。他の動画サイトにはありそう)

大仁田の引退(という行事)によってFMWのトップとなってからは、火の車であろう団体を盛り立てるべく、数々の名勝負と、それに伴う故障、その故障を癒す暇も無い団体事情…と、満身創痍で戦っておられました。「メジャーだったらもう少しどうにかなあ…」と思わずにはいられなかったものです。
でも、リングでのハヤブサは本当にカッコよかったです。ファイアーバード・スプラッシュ、フェニックス・スプラッシュの有無を言わさぬ説得力。ルチャは楽しく激しい。
ハヤブサが活躍したのは…いいとこ5~6年なんですけど、それ故に記憶は鮮烈なのです。

あの…事故で、ハヤブサが半身不随となってから15年ほど。
プロレス復帰に執念を燃やすハヤブサさんの姿を見るたび、応援したい気持ちと切ない気持ちと半々でした。
後に三沢が頚椎断裂で亡くなった時、頚椎損傷のハヤブサさんは…それでも運が良かった方なのか…と愕然とさせられもしました。プロレスラーというのは、なんて因果な商売なんだろう。
プロレスラーは身体削っているんだから、こっちも真剣に見て批評するのが礼儀だと思うようになったのは、ハヤブサさんの存在が大きいですね。

あの重傷から、松葉杖、補助付きとはいえ、立ち上がってどうにか移動出来るようにまでなって、………訃報を聞くとは思ってませんでした。
長年戦った頚椎損傷からの半身不随ではなく、睡眠中のくも膜下出血というのが、なんともやるせない…。酒が好きだったそうだけど、それが関係あるかは分かりません。
いずれにせよ、ハヤブサさんはこの世からいなくなったのです。

こういう日は、こういう映像を見る事が供養かな…と思いまして。


『ルチャ、空中技セレクト』 by ニコニコ動画


『ハヤブサ画像集』 by ニコニコ動画

ルチャの名場面集は、ハヤブサだけでなく数々の名レスラーのいい場面が見れます。ルチャの楽しさが集約されてます。
ハヤブサの映像は、…やっぱ持ってる雰囲気が素晴らしいよなあ。

ファイアーバード(火の鳥)、フェニックス(不死鳥)。それがハヤブサさんの決め技でした。
ハヤブサさんの残した記憶は不死鳥のように永遠に残り、時を経て火の鳥のようにいずれ甦ってきますよ。
鮮烈な試合と、長いリハビリ、お疲れ様でした。安らかに。
関連記事
スポンサーサイト
2016/03/05 Sat. 04:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2067-c1f3ed15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)