10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

オコエの1軍は楽しみ 

楽天のドラフト1位、オコエ瑠偉外野手(18)の開幕1軍が決定した。

オープン戦の全日程が終了した21日の横浜DeNA戦後に、梨田監督が
「開花宣言はあったの?オコエもサクラ咲くでいいかな」
と、得意のジョークで開幕1軍登録することを発表した。
コーチ会議でも反対意見は出なかったという。高卒新人野手の開幕1軍は球団初。

梨田監督は
「オコエは(キャンプ、オープン戦を通じて)よくやったよ。バッティングはまだまだだが、守備は魅力だし、お客さんを喜ばすことができる。嶋が駄目でキャッチャーを3人入れるなら、普通は野手は16人だが、2人でいけるということで17人にできそうだしね」
と経緯を説明した。
死球の影響が心配されていた嶋基宏(31)の骨に異常がなかったことが判明。嶋も開幕1軍登録されることになり、オコエが入りこむ余地が生まれた。

キャンプ初日には、打球が前に飛ばず、緊急打撃改造に着手されていたオコエだったが、この2か月間で、着実に成長。
オープン戦の打率は.174に終わったが、得点圏打率は.500で、4打点を記録するなど、脅威の勝負強さを発揮。得意の足とセンスを生かした守備、走塁でも非凡さをアピールした。

この日、報道陣から開幕1軍入りを聞かされたオコエは
「学べるところをしっかりと学んでチームに貢献できるように努力したい。今ある自分の力をもちろん出しますが、(1軍で)やっていく中で、学ぶものがたくさん出てくる。そこをもっともっと成長させていかねばならない」
と厳しい表情で決意を語った。

また、キャンプ、オープン戦をふりかえって
「高校時代に打てないようなボールを打てたことがあった。前に飛ばすことよりボールの見極めが大事になってくる」
と語った。

オコエは、スタメンではなく、当面は、代走、守備固めで起用される方向。“持っている男”が1軍にいれば、何かをしでかすのかもしれない。
開幕1軍入りはゴールでなく、大きく羽ばたくためのスタートだ。

(転載ここまで)


これはアリでしょう。
お客さんを喜ばす=客寄せパンダという図式はあるにせよ(三木谷オーナーはそう思ってそうだし)、そういう起用も一つの方法です。
確かに即戦力とは言えませんが、じゃあ二軍でじっくりやればいいのか…というと、そういうもんでもないでしょうし。どういう使い方が出来るのか探る意味合いも含めて、使ってみるのはいい事だと思います。

阪神ファンとして、こういう話で思い出すのは…岡田彰布ことどんでんの事ですね。
早稲田大学で活躍し、6球団の競合にも関わらず相思相愛の阪神がクジを引き当てた逸材。期待のルーキーです。
しかし、当時の阪神の監督は、球団史上最も頭が良くまともなドン・ブレイザー。「大物新人とはいえ、1年目から積極起用はしないよ」とマトモな思考でありました。
どんでんは監督からそう通告された時に、「そら(俺も)そう(ムッとした)よ」と後に述懐してます。
で、セカンドは新外国人のヒルトンだったんですが…これが打てない。でも守備力はあるのでブレイザーは使う。
この辺は難しいとこなんですけど(守備力って大事だしねえ)、当時の阪神ファンはここでキレてしまった。「なんで岡田使わんのや!」
で…ブレイザー監督へのブーイング、執拗な嫌がらせ、監督の御婦人(身重)が乗った自動車を取り囲んで蹴る…みたいな実力行使に及んでしまう訳です。100%ダメな行為ですが、阪神ファンですからねえ…。
球団も空気を読んで、理由つけてブレイザー監督を解任し、中西代行をたてます。これでどんでんは晴れて正セカンドとして出場し、この年の新人王となる訳ですが…。
この騒動で、ブレイザーという得難い監督を失っただけでなく、中西代行という人選がマズくて、ソリが合わない江本投手の急な引退にも繋がっていったという、まさに黒歴史なんであります。まあ…阪神の歴史なんてこんな騒動ばっかりですが…。
この騒動は、ドン・ブレイザー監督がしっかりした考えの人だったのが悲劇の引き金で、ヒルトンが打てなかったことで暴発しました。「岡田使ってみっか!」みたいなノリの人だったら…。
ちなみに、どんでんは2004年に監督になってから、早稲田からのドラ1の鳥谷を頑なにショートで使い続けましたよね。
「ああ、どんでんは自分の騒動を踏まえて、使うことで鳥谷を育ててるんだ」と自分は納得してました。それで育った鳥谷は偉い。

オコエの場合はすぐに活躍とはいかないでしょうが、守備固めでも代走でも使えるとこで使って、見せながら経験を積ますんでしょう。
ブレイザー監督を高く評価している野村克也(以下ノム)は、下でじっくり育てるべき…と言ってるようですが、習うより慣れた方がいい場合もありますからね。ノムの言う事が全て正しい訳じゃない。
ただ、打つ方はともかく、守る方で楽天の外野陣がオコエに教育出来るのか…。日ハムなら新庄流が浸透してるんで得るものは大きいんですが。
とにかく、そういうとこも含めて…見るのが楽しみな選手がいるのは幸せなことです。
阪神の高山? 知らん、ファンとして見守るだけだw。オープン戦なんかアテにならん。

そんな事を思いつつ、いよいよ25日に開幕します。ルーキー達、頑張れよ。
関連記事
スポンサーサイト
2016/03/24 Thu. 05:39 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2081-c49f3791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。