04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

雑誌『Cobalt』の休刊と、コバルト文庫の縮小危惧 

集英社発行の女性向け隔月誌『Cobalt』(コバルト)が、4月1日発行の5月号を最後に休刊することが同日、分かった。
今後は同日開設した無料ウェブマガジン( http://cobalt.shueisha.co.jp/ )に完全移行する。

同誌は、昭和57年に『小説ジュニア』(昭和41年創刊)のリニューアルにより創刊。
氷室冴子さんの平安ラブコメディー『なんて素敵にジャパネスク』などで、少女漫画のような少女小説のジャンルを確立し、新井素子さんや藤本ひとみさん、前田珠子さんといった人気小説家を生み出した。
氷室さんや新井さんらが連載していた平成2年には9万部を発行したが、近年はウェブ上で小説を書いたり読んだりする読者が増え、1万数千部まで部数が低迷し休刊を決めた。主な読者層は10~30代の若い女性という。

ウェブマガジンは毎週金曜日に更新。引き続き前田珠子さん、赤川次郎さんら、従来の執筆陣が担当する。
また、人気小説家の“お題”に沿ってテーマ小説を募集するなど、小説を投稿機能も拡充した。
同社の広報担当者は「今年はコバルト文庫創設40周年にあたる。40周年を機に、楽しい小説を読み、書く機会をウェブマガジンにより、さらに増やしていきたい」と話している。

(転載ここまで)


残念で寂しいニュースですねえ。
雑誌『Cobalt』は何度か買いました。ええ、『マリア様がみてる』絡みでw。
『マリア様がみてる』は基本的に文庫書き下ろしなんですけど、作品自体の人気が上がった頃から、短編については雑誌『Cobalt』によく載るようになったんですよね。
今野緒雪先生はもともと短編が好きなのか、読後感がいいものからダークなものまでいろいろ書かれました。特に短編『チョコレートコート』の…はからずも二股してしまう姉の話は衝撃でしたね。脇役や一般生徒の話が中心でした。
そしてそれは雑誌『Cobalt』をチェックした読者だけが知っているという優越感w。ちょうどアニメ化されて新規読者がドッと入ってきた頃でしたし。
その短編がどういう形で文庫に収録されるのかやきもきしてたんですけど、19冊目の文庫『インライブラリー』で、それまでの未収録短編がいくつかまとめられて1冊になり、その後も定期的に短編集が出るようになっていきます。
で、最終巻である39冊目『フェアウェルブーケ』で、それまで未収録だった短編が全てまとまって1冊となり、『マリア様がみてる』は終わりました。
書き下ろしで進行する本筋と、雑誌『Cobalt』で発表される世界観の肉付けである短編という読ませ方は、『マリア様がみてる』はあくまで小説であって百合アニメじゃないという事を刷り込んでくれたと思います。
あ、『マリみて』の短編が載ってない号でも、関連情報や付録が付いてたら買いましたけどw。

上の記事に出てる9万部を誇っていたという平成2年頃は、ちょうど紀伊國屋書店福岡店でパートしてましてね。
所属の売り場が文学文庫コミック地図方面だったので雑誌『Cobalt』には直接タッチしてませんが、しばらくコバルト文庫の棚の発注補充を担当してましたんで、あの頃バカスカ売れていた作家陣はなじみがあります。
なんといっても氷室冴子『なんて素敵にジャパネスク』ですよ。新刊が出る度に大騒ぎ、うちの店だけで1000冊売れるビッグタイトルでしたからねえ。既刊もよく動いてたし、『ざ・ちぇんじ』とか。
んで、"漫画家マリナシリーズ"の藤本ひとみ、『丘の家のミッキー』などの久美沙織、トランプ推理物の山浦弘靖、あとは…田中雅美、日向章一郎、"未完の帝王"前田珠子が出てきたのもこの頃か。
とにかくみんなよく売れていたなあ。この頃の大人しい女の子はコバルト文庫とか講談社X文庫とかよく読んでいたし、男は朝日ソノラマ文庫とか読んでいたのよ。
この隆盛があったからこそ、90年代に『炎の蜃気楼』シリーズが出て、そして『マリア様がみてる』が出てくる訳で。盛り上がれば何か生み出すもんです。

今後は…コバルト文庫から何かニューウエーブが出てくるというのは難しくなりそう。ウェブ媒体って簡単に言うけど、雑誌という媒体に比べたら手軽には読めないですからね。
先日本屋で、紙媒体を捨てたはずの『週刊アスキー』が姑息にも別冊号を出して、巻頭で「週刊アスキーはウェブで手軽に読めます!」とか必死にアピールしてたんですけどね。たぶん予想以上に読まれてないんでしょう。わざわざアクセスしてまで読むような内容じゃないし。
雑誌『Cobalt』の場合、読んでもらわなきゃいけないのは…パソコンやスマホを手軽に使える大人よりも、中学生高校生の女子なんですよね。そういう世代の読者が次を担う訳で。
コバルト文庫は頑なに"ライトノベル"と呼ばれるのを良しとしないとこですから、ならばそれなりの格を保ってほしいんですけど…。コバルト文庫自体が徐々に縮小していく気もします。そうはなってほしくないですけど。
ともかく、こうなったからには…ウェブでの成功を祈っております。
関連記事
スポンサーサイト
2016/04/06 Wed. 12:10 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2092-c3eedcb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)