07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

九州、熊本の地震 

書こうと思っていたニュースがあったんですが、九州で大変大きな地震があったので…今日はやめときます。

自分が福岡市に住んでる頃、職場への出勤が午後なんでまだ寝ていた朝10時頃に、震度4の地震に見舞われたことがあったんですけどね。
実に不思議なもんで、大して目覚めがいい訳でもない自分が、地震の始まる直前にパチッと目が覚めて、その直後に揺れが始まった記憶があります。
揺れは10秒か20秒かでしたが、生まれて初めて体験した地震だったもので(長崎県は極端に地震が少ない)、寝たまま凝固して動けませんでした。
揺れが収まってから、TVをつけて報道をチェックして震度を知り、「震度4てのは、あんな感じで揺れるんだ…」としみじみ思いましたね。民放(KBCだったかRKBだったか)の朝番組で司会をしていた漫画家の長谷川法世さん(代表作『博多っ子純情』)が、いかにも素人なリアクションをしていましたねw。
九州で体験した大きな地震はその1回だけで、あとは…金沢時代に震度4(阪神大震災)、富山でも震度4(能登沖地震)ですかね。中越地震は営業車にて業務移動中で、東日本大震災は徒歩にて出勤途中で、それぞれ揺れは感知してません。余震の震度1か2はあるけど。

だもんで、震度5以上の揺れは想像がつかない人間なんですけど、自分の体感記憶より凄い揺れで、なおかつ何十秒も揺れたあげく、余震に何十回も見舞われるというのはとんでもない事だという意識はあります。
今回の九州の地震、"天災は忘れた頃にやってくる"という言葉の通り、"地震"という災害の意識が…どっちかというと東日本に向いている折りに突然やってきました。しかも熊本では震度7という、国内4例目の最大震度(阪神、中越、東日本)。
被災された方は余震もあって大変な事態でしょう。無事を願うしかありません。夜9時台という、まだ起きてる人が多かった時間での発生は、不幸中の幸いだった気がします。
また、阪神大震災や東日本大震災を経て、地震災害への対応と正確な情報のやり取りを、官民と被災者が迅速に行えるようになっているのも心強いことです。政府の対応も東日本大震災より圧倒的に早い。
天災がくるのは避けられないことですが、人的被害を広げない為の対応が出来れば何よりです。

熊本城の石垣が崩れた映像が流れましたが、震度6強や7を喰らって石垣程度で済む熊本城はやはり偉大ですよ。石垣なら時間をかければ元通りになります。
ちょっとおっさんおばさんの長崎県民には有名な話ですが、1982年の長崎大水害(死者不明者299人)の時に、かの有名な石橋『眼鏡橋』は土石流で崩壊し、大部分流されてしまいました。しかし、濁流に流された石を下流で丹念に探索して回収し、回収した石で見事に橋を復元したんです。それに比べれば石垣復元は容易いでしょう。
震度7でも威容を保つ熊本城、個々の家屋は倒壊しているでしょうが、目立った建造物はしっかり揺れに耐え、粛々と避難する住民の方々。構築されていく情報網と、安否確認の方法。
大きな地震への対応力は、確実に上がっていると思います。それでも住民の方の心労は大きいでしょうが、支援は届きやすくなっているはずです。

不安でしょうが、皆様の御無事を願っております。
関連記事
スポンサーサイト
2016/04/15 Fri. 04:21 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2098-cae2d8e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。