07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『COMIC X-EROS』から『COMIC ExE』誕生 

2012年のクリスマスイブ、このブログはクリスマスイブに相応しい話題として…成年漫画界の大事件について書きました。
さっき読み返してみましたが、好きな話題のせいか我ながら張り切って書いてるなあw。


2012.12.24の当ブログ「COMIC X-EROS誕生」

簡単にまとめれば、コアマガジンで長年人望のあった編集さんが冷遇されたのでワニマガジンに移籍したら、その編集さんを慕っている名のある成年漫画家も多数ワニマガジンに移籍し、その為ワニマガジンが『COMIC X-EROS』(コミックゼロス)という月刊成年漫画雑誌を創刊して、移籍組がドーンとそこに名を連ねた…という、成年漫画界のパワーバランスが崩れた大事件でした。
…あれから3年半ほど経ち、ワニマガジンは『快楽天』を中心に相変わらず業界最強の地位にあるんですが、なんか…思ったほどでもないのが事件の主役となった『COMIC X-EROS』。
創刊から通巻40号を突破し、月刊成年漫画雑誌としてそれなりのクオリティは保ってるんですけど、創刊当時の多士済々な梁山泊的雰囲気は影を潜めて、ちょいと豪華な月刊誌くらいな感じ。…月によっては豪華でもないなあ。書店に並ぶ部数もほどほどになり、載る漫画家も…新人発掘などいろいろ模索してる印象。移籍組はどうした? あえて載せてないのかコントロール出来てないのか…。
第一、3年半経つのに…ワニマガジンの主力は依然として『快楽天』『失楽天』『快楽天BEAST』『快楽天XTC』あたりで、フラグシップの座を奪えないままなんですよね。(まあこの4誌はクオリティも役割も育成もガッチリしてるからね)
一大移籍騒動の末、鳴り物入りで誕生した『COMIC X-EROS』はなぜ伸びないのか?

GOTという出版社がありましてね。
エロ方面に手広く出版事業をやってて、今は無き英知出版から『デラベッピン』や『ベッピン』といった雑誌名を引き継いでいたりもします(内容は全然違う)。
このGOTが、3年前に創刊した成年漫画雑誌が『アンスリウム』。ちょうどコアマガジンに警察がガサ入れして、業界が騒然とした頃です。
創刊当初はクオリティもそう高くはなく、野心的、実験的な漫画が結構載ってました。ケモナー系とか獣姦みたいなネタもあって、進む方向を探っているようでした。士郎正宗のエロCGが必ず載るのが売り…と言えますかねw。
その『アンスリウム』も創刊から1年くらいで荒削りながら安定感が出てきて、雑誌からのコミックも動きだし、現在ではなかなかのクオリティがあります。とはいえ新人さんの落ち着かない漫画や、ニッチな層を狙った漫画も相変わらず載りますけど、それも含めて雑誌の色、勢いとなってますね。
創刊から毎号欠かさず買って読んでますけど、『快楽天』や『メガストアα』『夢幻転生』『阿吽』『TENMA』などとは毛色の違う、トンガった面白い雑誌だと思います。これがGOTの社風、編集方針なんでしょう。
で、ここからが本題。
…GOTは5月に新しい成年漫画雑誌を創刊します。名前は『COMIC ExE』(コミックエグゼ)。
この新雑誌の中核を成すのが、なんとワニマガジン『COMIC X-EROS』からの離脱移籍組だというのです。

半月ほど前に発売になった『アンスリウム』最新号、創刊以来初めて付録別誌が付きました。
『COMIC ExE 00』と銘打ったこの付録、40人近い漫画家が『COMIC ExE』の為に準備している漫画のキャラクターラフ画が載っています。このラフ画だけで興味を持てというより、金のかかった予告編(あるいは挑戦状)といった趣きです。こういうの業界初なんじゃない?
また、アンスリウム3周年記念での執筆作家描き下ろし色紙161人プレゼントの面子が、アンスリウム執筆陣80人と、COMIC ExE執筆作家陣81人というのもスゴいw。まだ刊行されてない雑誌の執筆作家陣という概念…。
この81人、全部書き出すと面倒くさいので抜粋すると、石恵(COMIC X-EROSの表紙絵を長く担当していた)、如月群真(御存知大御所)、ここのき奈緒(フェチシズムの大家)、桂井よしあき、蕨野まつり、モチ、たかやki、saitom、DISTANCE、小島紗………といった、自分が単行本持ってる先生方wが結構おられますね。なかなか豪華。
コアマガジンからワニマガジンに移籍した面子のうち半分程度が入れ替わって、GOTに再度移籍した感じでしょうか。ワニマガジンにもともといた『快楽天』系の漫画家さんはほとんど動いてないですね。

話によれば、コアマガジンからワニマガジンへの移籍劇で中心となった編集さんは今回ワニマガジンに残留してるそう。その他のくっついてきた編集さんがGOTへの移籍となり、漫画家さんがそれに付いていく形のようです。
編集さんが移籍する原因が、どうやらワニマガジンの水が合わなかったそうで。コアマガジンは若干緩い社風で、ワニマガジンは厳しく細かい社風なんだとか。あとワニマガジンは経費の精算が遅いので、お金に困った編集さんもいたなど…。まあ、働く立場としてはそういうのは大事なことだと分かりますけど、なんか夢の無い理由だなあw。
恐らくそれが主因なんでしょうけど、『快楽天』という業界トップ誌の存在も…移籍のX-EROS組には圧迫感あったんではないかと勝手に推測。
不満を抱えた編集さんと漫画家さん達が、『アンスリウム』を軌道に乗せて強気のGOTの誘いになびいたんでしょうね。
あれから3年半、成年漫画業界再度の勢力再編です。

しかし、GOTは『アンスリウム』と『COMIC ExE』をどう棲み分けさせるのかね?
『COMIC ExE』が、『快楽天』や『HOTMILK』みたいな中綴じコンビニ系雑誌なんであれば話は分かるんですが、5月25日という創刊号発売日から推測すると『COMIC X-EROS』に喧嘩売ってるとしか思えないんで(毎月25日発売)、同じ判型の平綴じ月刊誌で、しかも総合誌だよねえ。
そもそも現在"総合誌"は難しいんです。受難の時代と言ってもいい。
茜新社で18年もの歴史があった成年漫画雑誌『コミックTENMA』(天魔、テンマ)が、先だっての号で終刊となりました。
うるし原智志が描くおっぱい表紙でおなじみであり、大物成年漫画家の作品が載る雑誌だったんですが、散漫な印象があって自分はあまり買いませんでした。最終号は久しぶりに買いましたけど。木静謙二が読めたし、雑誌の最後を飾ったりょう先生の漫画が良かったなあ。
茜新社は現在、会社の方針として『LO』『juicy』『コミック高』などのテーマがハッキリした雑誌をメインに切り替え、それが好調に推移しているようなので、あえて『コミックTENMA』を終わらせたんでしょう。賢明な判断だと思います。
ティーアイネット、ヒット出版社、三和出版、オークス、クロエ出版、エンジェル出版…など、どの成年漫画系出版社も生き残りに知恵を絞り、単行本を売りたいんです。
コアマガジンの『メガストアα』(月刊)と『漫画ばんがいち』(隔月)みたいに、平綴じ総合誌を2つ持ってる場合もあるにせよ、この苦しい情勢下に…総合誌を2つ持つというGOTの判断は、果たして上手くいくんでしょうか。

とりあえず全ては5月25日発売の『COMIC ExE』を読んでからですね。『アンスリウム』との差別化などGOTの方針もそこで見えてくると思います。
ちなみにワニマガジン『COMIC X-EROS』の最新号では、もちろん漫画家大量離脱には全く触れてませんでしたw。当然か。
創刊当初の豪華さは無く、…なんか地味に『アンスリウム』化してんなあという感じです。表紙を描いた小島紗も移籍するし。
で、次号予告の執筆陣の中に………駄菓子、西安、Hamao、いーむす・アキ…といった『快楽天』『失楽天』でおなじみの漫画家が来てます。手持ちの駒でどうにか出来るのはさすが最大手。これで『COMIC ExE』を迎え撃つのね。
ワニマガジン、コアマガジンに次ぐ第3勢力としてGOTが躍進するのか、はたまた画餅と化すのか。
成年漫画好きには目が離せない5月末です。乞うご期待。

(3日かけてやっと書き上げた~。アホな事ほど真剣に書きたいもんでね)
関連記事
スポンサーサイト
2016/05/02 Mon. 04:18 | trackback: 1 | comment: 6edit

コメント

久々に読んでて楽しいブログ記事でした

#- | URL | 2016/05/07 00:07 * edit *

>>名無し様
有難うございます。
こういうお題もたまには書きたいんですが、なにせニッチな分野なもんでw。
また思うとこが出てきたら、書きたいと思います。

メテオ #- | URL | 2016/05/07 11:13 * edit *

並んで売ってた2誌をみて何事かと思って検索したらこの記事がありましたので拝見しました。
ゼロス組がほとんど移籍はいいんですが、そこで連載してた作品もって来るのはどうかと思うなぁ。

#- | URL | 2016/06/10 21:27 * edit *

>>名無し様
コメント有難うございます。
X-EROS組にも残った人と出た人がいるんですが、漫画家さんにとっては…ワニマガジンの編集さんの作品への介入、リテイクがキツかったようですね。
ワニマガジンが…テンプレというか、売れる方程式のような漫画を描かせたがるのは、読者としてなんとなく分かりますw。
それを苦にして描かなくなった人は出たという感じらしいです。作品まで移籍させた人は、相当嫌だったんでしょうね。
まあ飼い殺しされるよりはいいでしょうし、X-EROSも最新号の駄菓子表紙にはグッと来ましたし、縁山など残った人もいますし、コアマガジンは我関せずだしw、今んとこまずまずではないかと。
ExEは隔月だそうですので、果たして本当に移籍組がコンスタントに描くかは、一年くらい見ないと分かりませんね。
業界の活性化になってくれればいいんですが、どうでしょうか。

メテオ #- | URL | 2016/06/11 05:58 * edit *

何気なく、新しい雑誌が出ていたので購入しましたが、
こんな事件があったんですね。

こちらの記事を読んですっきりしました。ありがとうございます。

#- | URL | 2016/06/17 06:53 * edit *

>>名無し様
コメント有難うございます。
まあ…こんなテーマで文章を書きたがる人間は稀ですからw。お目汚ししました。
無論2冊とも買いましたが、ExEは創刊号ですからまだ何とも言えませんが、X-EROSの方がひょっとすると面白くなるかもしれません。
こういう競争は業界の活性化になりますから、興味深く見守っていきたいと思ってます。

メテオ #- | URL | 2016/06/18 04:48 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2109-ab81d501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/

『COMIC X-EROS』から『COMIC ExE』誕生 - メテオ・ストライクス!

http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/ | 2016/12/29 18:26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。