08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

コーヒーは健康食品じゃねえぞ(笑) 

「飲み過ぎると胃が荒れて胃潰瘍になる」「肌に悪い」など、健康に悪い印象のほうが強かったコーヒーだが、近年そのイメージが覆され始めている。
動脈硬化を起こす生活習慣病と食物との関係を研究する、東洋大学食環境科学部の近藤和雄教授は次のように語る。

「動脈硬化の一番の原因といえるのが悪玉コレステロール。悪玉コレステロールは酸化することにより、血管を厚く、硬くしてしまいますが、その酸化を防ぐ物質にポリフェノールがある。そして日本人が最も多くポリフェノールを摂取しているのがコーヒーなんです」

ポリフェノールといえば、近藤教授が動脈硬化予防の効果をいち早く実証し、ブームにもなった赤ワインやチョコが有名。
「コーヒーのポリフェノールにも同様の効果があるのはすでにわかっていたがコーヒーはブームにならなかったため、最近までその効果が広く知られていなかったんです」とのこと。

「またオランダの研究では、一日あたり30㎎以上のポリフェノールを摂取したグループは、そうでないグループと比べて心筋梗塞になる割合は半分以下という結果が出ています。ほかにも『一日2杯以上のコーヒーを飲む人にはシミの抑制効果が認められる』とする研究がありますし、国立がん研究センターでは一部のがんについてリスク低下との関連が示唆されています」

管理栄養士の安中千絵氏によるとほかの健康効果も数多く報告されているという。

「クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)の脂肪燃焼効果や、カフェイン摂取による代謝アップ効果など、コーヒーにはダイエット効果のある物質が含まれています。そしてアメリカ国立衛生研究所が’12年に発表した研究結果では、コーヒーを飲むことで心臓病、呼吸器疾患、脳卒中、糖尿病などによる死亡が低下するという結果が得られています。一方で、『胃に悪い』というイメージについては、それを否定する研究結果も出ていますし、うつ病や事故死の割合が低下するという研究結果もあります」

ただ、コーヒーに関する「新説」も出てきており、最近では朝にコーヒーを飲むタイミングに関して、「例えば8時に起床する人の場合、コルチゾール(ストレスホルモン)の分泌が高い起床直後は避けて、分泌が減少する午前9時半から11時半のあいだに飲むといい」という説も生まれている。
しかし、これに関しては「時間栄養学の観点からそのような話がないとは言い切れませんが、そこまで立証できるエビデンスがないため、今後の研究が必要でしょう」(安中氏)とのこと。
いずれにせよ、広く知られる集中力アップの効果、リラックス効果なども相まって、生活にさまざまなプラス効果をもたらしてくれるコーヒーなのだ。

(転載ここまで)


はい、"話半分"の時間がやってまいりました。
自分は食い物飲み物への執着が薄い方なので、こういう…「○○は身体にいいらしい」という話を聞くと笑ってしまうんですが、みなさんはどうでしょうか。
コーヒーは身体に悪いという論陣を張る人は大概コーヒーが嫌いで、その逆の人はコーヒーが好きな人が多いというだけな気はするんですがね。自分の舌に合わないものを褒める人は少ないでしょうし。

ウチの父親は、一日数杯コーヒーを飲んでましたね。あれは…好きだったのは間違いないでしょうが、そういうスタイルを作りたがる人でもあったと思います。
父親が家にいる時は、仕事先から年に2回くらい帰ってきてのんびりしてる時なんで…たぶん暇だったんでしょうが、コーヒーを飲みながら小説を読むというのが日課でした。(実は官能小説や濡れ場の多いバイオレンス小説なんだけどね)
昭和1ケタ生まれの頑固な方で、スタイルを構築してそれを全うする「キザ」な面があって、それがコーヒーに表れていたんでしょう。昔の人ですから。
コーヒーの銘柄とかサイフォンでどうこうとか、そういうコーヒー通みたいな事は全くこだわっておらず、ネスカフェにクリープという既製品の権化みたいなコーヒーを嬉しそうに飲んでいるあたり、「コーヒーを飲んでいる自分」を実践していた…と考えた方がいいでしょうね。
自分にも分かるくらいですから母親もよく分かっていたでしょうが、そういう野暮なツッコミをする人ではないので、ウチでは「静かに読書しながらコーヒーを飲む父親」というのがデフォとなってました。
コーヒーを飲む、お茶や紅茶を飲むなんてのは、その程度のことだと思うんですよ。

飲食物はどういうものであれ、摂取すれば何かメリットはあるし、摂り過ぎれば身体には害悪です。
上の記事は『鰯の頭も信心から』であって、「へえそうなんだ! じゃあ今日からコーヒー三昧だ!」とか踊らされるほど説得力のあるものでもありません。今まで人類が飲んできたコーヒーの量を思えば、劇的な効果があったり、毒物だったりはしないはずですから。
ウチの父親は至って健康でしたが、それはコーヒーによってもたらされた訳ではありません。身体が頑健なのは適度に身体を動かす仕事だったからでしょうしね。
ちなみにヘビースモーカーでもありますが、吸ってる父親も副流煙(笑)吸ってる自分らも健康でしたね。嫌煙家のみなさん不健康ですか?(馬鹿にしてます)
結局、身体にいいとか健康云々というのは、ほぼまやかしだという事です。こんなの"話半分"でしか聞けませんよ。

ま、コーヒーなんてのは健康目当てじゃなく、何も考えずに飲んでるから幸せなんでしょ。
それが紅茶でも緑茶でもコーラでも、全部同じだということです。
自分が好きなものを飲んで、適度に身体を動かしてたら健康は維持できるもんだと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2016/05/21 Sat. 04:57 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

遅レスですみません。

私はコーヒー党なので「身体にいい」と言われるのは素直に嬉しいです。10年後に真逆の事言われてる可能性もありますけどね。ま、ただの気休めですね。

それより、メテオさんのお父さんのかっこよさに惚れてしまいました。
安楽椅子に腰掛けて「汚れた英雄」あたりを読んでいるお姿を想像しただけでドキドキしてしまいます。

エトワ-ル☆ #- | URL | 2016/05/24 18:44 * edit *

>>エトワール☆様
恐れ入ります。椅子よりはコタツの印象が強いですけどw。まあ読書家ではありましたね。
いつ頃からコーヒー好きになったのか聞いておけば良かったんですが、たぶん…長期間船に乗ってる仕事でしたから、その辺かなあと。

コーヒーも紅茶もお茶もディープになると話に付いていけなくなるんですがw、「美味しい」と思えるのが何よりの健康の素だと思います。

メテオ #- | URL | 2016/05/25 04:31 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2125-6ca1f258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。