07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

昔からクレバーだった香田コーチ 

制球難を克服するためプレート位置を変えた。

自分の弱さと向き合ったこともステップアップできた一因だろう。二軍暮らしが長かった昨年、首脳陣に尋ねたことがある。

「何でコントロールが悪いんですか」

相談相手は、今年から一軍投手コーチを務める香田勲男と二軍投手チーフコーチの久保康生だった。
そのなかで提案されたのはプレートを踏む足の位置を変えることだった。左投手は右打者に角度をつけるため、一塁側を踏むことが多い。
岩貞も同じだったが思い切って三塁側に変えた。

「新しい投球フォームが自分に合っている」

わずか61cmの白い投手板が、岩貞の世界を変えた。香田は成長の要因を「一番は制球」と断言する。
さらに「プレート位置を一塁から三塁に変えたこと。ストライクゾーンに入れるには、どっちがいいか。極端にインステップしていたからね」と指摘する。
岩貞は腕が横から出てくる特徴があった。投球動作を見抜き、立ち位置を変更させていた。

久保も「(三塁側なら)リリースの時、ストライクゾーンの中で投げられる。(一塁側なら)ボールゾーンから、ストライクゾーンに球を入れないといけなくなる」と説明する。
インステップしていた右足を真っすぐ捕手方向へ。さらに、左腕の横振りを縦振りに修正。
ただでさえ勢いがある球が、角度がつくことで球威を増し、打者を苦しめるようになった。

今季対戦した、ある打者は「昨年も対戦したけど、もっと横だったのが、上から投げ下ろしてくる感じで角度もあった。
甲子園のマウンドって低いはずなのに……」と舌を巻いていた。無駄な四球も減った。
ベテランコーチの教えを受け止め、地道に取り組んだ成果が出ている。

現実に目を背けず、変わることを恐れなかった。新進気鋭のサウスポーは「フォームを変えて、それが自分に合っていると思います」と胸を張る。
生きる場所を見つけつつあるようだ。

(転載ここまで)


香田勲といえば、自分が高校野球を見だしてから初めての長崎県輩出の好投手です。
80年代の佐世保工業(通称させこう)で、夏春夏の3期連続甲子園出場、3期とも初戦突破、春はベスト8までいった記憶。
とにかく香田が投げるとみんなTVかじりつき、県民の希望の星でした。県予選決勝で、五島高校相手にノーヒットノーランやったのも鮮烈(上五島住民としては、香田スゲエ!と下五島ざまあ!という心境w)。
しかも結構な男前で、女性人気もスゴかった。ウチの母親も応援してましたわ。
香田以前だと、70年代の海星高校の"サッシー"こと酒井圭一がいるんですが(甲子園ベスト4、県予選で試合開始から16者連続奪三振)、自分は甲子園での酒井の記憶が無いんです。その後の高知商相手の逆転のPLあたりからかな。
90年代には長崎日大の中村隼人(甲子園ベスト8)、そして00年代には県悲願の甲子園優勝である長崎清峰の今村猛が出てくるんですけどね。そう考えると10年周期くらいで甲子園通用投手が出るんだな。

佐世保工業(通称させこう)時代の香田ですごく印象深いことがありまして。
どの試合だったかは覚えてませんが、よく遊びに行く親戚の家で甲子園の佐世保工業の試合を見ていた時、実況と解説が香田のピッチングの話を詳しくしてました。
「香田君は打者や状況によって、プレートの踏む位置を細かく変えてるんですよね」
確かに打者によって、プレートの右端を踏んだり左端を踏んだりしてます。素人には言われないと分からないレベル。
これについて解説は、香田の工夫として褒めながらも、これが良い結果を生んでいるかはなんとも言えない…というスタンスでした。まあ投手出身でもないと突っ込んだ話は出来ない領域でしょうが。
見てるこっちは小6か中学生くらいですから、単純に「香田スゲエ!」としか思ってなかったんですけどw。

今期から香田が阪神の投手コーチをやると聞いた時は、「あの香田が阪神に来るのかあ」と感慨深く、ちょっと嬉しかったんですよ。
単に県民感情でもありますけど、上記の長崎県好投手4人の中で、プロ入り後の実績が一番あるのは香田なんですよね。
巨人と近鉄で60勝以上をあげ、特に…あの近鉄vs巨人の日本シリーズで、巨人3連敗での第4戦で先発し、度胸満点の緩急ピッチングで勝利投手になったのは忘れられません。阪神ファンの自分としては当然巨人に負けてほしかったんだけど、香田は応援したいというジレンマで混乱してましたわw。
その後、その近鉄に移籍してるのも因縁ですし、両球団で投手コーチを務めているというのも有能さを感じます。
で…この岩貞覚醒秘話を読んだ時に、高校時代からプレートの足の位置を気にして投げていた香田らしい話だと思いまして。工夫と度胸と緩急ですね。

岩貞覚醒だけでも香田コーチに来てもらった甲斐はあります。やっぱ外の有能な人材入れないとね。出来ればあと二人くらい覚醒させてくれると嬉しいんだけど。
継投の方は…それほど上手いとは思わないのでw、育成型のコーチなんだろうな。
それならそれで、投手王国を目指した育成をお願いしたいものです。工夫と度胸と緩急を伝授してほしい。
長崎県出身者として、高校時代からクレバーだった香田コーチには期待しています。
関連記事
スポンサーサイト
2016/05/29 Sun. 10:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2131-4d7037a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。