07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ドローン傘は、雨具の技術革新になるか? 

栃木県小山市のソフトウエア開発会社、アサヒパワーサービスが、ドローン技術を駆使し、手を離しても頭上にとどまって、プロペラから涼しい風を送る電動日傘の開発に乗り出した。
数カ月以内にも試作品を完成させて商品化を目指し、将来的には、自転車に乗りながら使える傘の開発も視野に入れている。

日傘用の生地に小型プロペラを数機設置し、浮力を得た上、利用者に向け、ローターの風でミストシャワーを吹き付ける仕組み。
発想はドローンと傘の組み合わせで、「フリーパラソル」と名付け、鈴木健治社長(40)は「手で持たない傘。熱中症対策にもなる」と話す。
開発メンバーの小林宣夫取締役(61)は「半年かかって、傘を浮かすという第1段階をクリアした」と説明。
当初は、ビニール傘を使って実験したが、気流が乱れ、傘が一定の位置にとどまらなかった。日傘のように、編み目から空気が上に抜けると安定しやすいことが分かった。

小林さんは「試行錯誤の連続だった。傘は12から13本取り換えて試したし、生地選びも難しかった」と振り返る。
ドーム形が横風に弱いなど、傘の形状も変えながら実験を重ねた。
実験では、スマートフォンでドローンを操作したが、柄の部分にスイッチを取り付けて操作し、頭頂部のセンサーで、対象者の頭上の位置を保つようにする考え。
まずはイベントなどで使える1~2万円前後の製品を売り出す方針だ。

将来的には、手を離しても頭上に浮く傘の開発が目標。
自転車走行中も、センサーが利用者の位置を捉えて同じスピードで追いかけ、雨に濡れない傘も夢ではない。
実現すれば、傘を差しながら自転車を運転する危険が回避される一方で、強い風でも安定して浮遊できるようにするにはどうしたらいいかなど、ハードルもある。
バッテリーや、機材の防水性といった技術的な課題に加え、実用化には、ドローンの飛行に対する規制もクリアする必要がある。
鈴木社長は「こうした課題解決につながる企業などと連携し、力を借りたい」とし、県内外の部品メーカーや大学、専門学校などとの協力を進める。

(転載ここまで)


傘というか、雨具ってのは進歩しませんよね。
『パタリロ!』の何巻だったか忘れましたが、歩行者が背中に改良したジェットエンジンを背負って、雨を吹き飛ばすという研究をしてる人がいました。軽量化して30kgで、20分しか稼働しないんじゃなかったかw。
科学が進歩するにつれて、画期的な雨具を模索した人はたくさんいるはずなんですが、大したモノは出来ていない。雨は厄介なんです。
そりゃまあ、傘の品質は向上してるし、ジャンプだの折り畳みだの、意外と透明ビニールの方が視界が確保されて歩きやすいとか、そういうのはありますがね。
雨合羽、レインコートの類は、日本の気候だと暑苦しくて着てられないんですよね。通気と防水は両立しないもどかしさ。
自分は普段徒歩で通勤していますが、傘は…風が強いと正直さしたくないですね。雨が一定以上降らない限り、傘は畳んだまま「春雨じゃ、濡れて行こう」となります。別に減量してる訳でもないので、レインコート汗だくというのもイヤ。
実は、徒歩通勤の自分が一番便利だろうなあ…と感じているのは『三度笠』なんですよね。時代劇『木枯らし紋次郎』でおなじみの、渡世人が被っているアレですよ。
アレなら、少々の雨でもズンズン歩けるし、風が強めなら手で補助するだけでいい。何より「あっしには、関わり合いの無えこってござんす」と虚無感に浸れる。
欠点としては、強風だと歩きにくいし首を痛めそう、雨が止むと邪魔ってとこですか。あと、現代の工業製品になっちゃうと『三度笠』的な格好良さは出ないだろうなあ。

さて、このドローン傘のニュースを見た時にまず思ったのは、「どの程度頭上に浮かせるのか?」でした。
あんまり頭に接近してても邪魔くさいですし、変に離れていると…ドローン傘自体を大きくしないと効果ありませんよね。風を送るとか言ってるから近めなのか、髪の毛巻き込まなきゃいいけど。
頭頂部のセンサーはどうやってつけるのか(あごヒモ?)、首だけ横向いたり振り向いたりした時のドローン傘の動きはどうなるのか、フサの人とハゲの人ではセンサーの安定性が変わらないか、道に何か落としてしゃがんだ時のドローン傘は危険じゃないか、強風に耐えられるのか、富山の水分を含んだ雪が積もると頭に不時着してこないか……etc.。
他にも、道路標識激突、長い橋の途中で力尽きて川へ落下ジエンド、ドローン傘同士のすれ違いトラブルも看過出来ませんね。
アイデアを腐すつもりはありませんが、長距離徒歩通勤に使えるかというと疑問が湧きます。
商品化されたとしても、普段ちょこっとしか歩かない人がキャッキャ喜ぶだけのアイテムになりそう。んで無理な使い方して事故が起こって…という末路。

雨具に革新的な技術が応用されたら、それだけでノーベル賞モノじゃないでしょうか。世界中から感謝されるでしょうよ。
やっぱり雨は厄介で難しいのです。
関連記事
スポンサーサイト
2016/06/20 Mon. 04:24 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

人間型の美少女AIが傘を差しかけてくれたら、全ての問題が解決すると思ってます。

エトワ-ル☆ #- | URL | 2016/06/20 19:25 * edit *

>>エトワール☆様
日本人ならその方向へ技術を投入してほしいですよね!(瞳キラキラ)

メテオ #- | URL | 2016/06/22 00:14 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2144-7ee42aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。