05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

異世界モノはお断りですって 

◆応募要項

【テーマ】
「異世界転生」、「異世界転移」の要素なし

上記制限はございますが、ジャンルは自由です。
ファンタジー、ホラー、ヒューマンドラマ等々、お好きなジャンルでご応募ください。

応募手順
応募期間内に指定のキーワード「文学フリマ短編小説賞」を設定し、小説家になろうへご投稿頂ければ応募完了です。
なお指定のキーワードに関しましては、選考中は削除を行なわれませんよう、ご協力をお願い致します。

応募期間
2016年5月31日(火)0:00 ~ 2016年6月30日(木)23:59

応募条件
・オリジナル作品
・4万文字以下の完結した作品
※話数は自由です(2000字×20話など)
・応募期間内に新規投稿された作品
※再投稿された既存作品は応募可能です(未出版作品に限ります)
・複数応募可能
※ただし、作品ごとにキーワードを設定してください
・同人誌への収録、販売にご同意頂ける作品

選考について
応募期間内の、「ポイント評価」と「アクセス数」を元に一次評価を行ない、その後、選考委員会による最終選考を行ないます。
発表
9月上旬、本ページ内にて発表致します。

諸注意
・日本語以外の言語で書かれた作品は選考対象外となります。
・二次創作作品は選考対象外となります。
・応募期間外に投稿された作品にキーワードを追加したものは、選考対象外となります。
・ご応募の段階にて、小説家になろうが発行する冊子へ収録、販売させて頂くことにご同意頂いたものとのお取り扱いとなります。
・平素より開催させて頂いております出版 社様主催の小説賞とは異なります。
誠に恐れながら、受賞作に関しましては一般に流通する書籍ではなく、非流通の書籍として発行させていただくこととなります。

(転載ここまで)


「異世界転生」「異世界転移」の要素お断り。
こういう縛りを設ける理由はよく分かります。多かれ少なかれそういう要素を含んだ作品が溢れてますからね。
ただ、本当にこういう縛りは良い方向にはたらくんだろうか?という疑問はあります。
面白い作品の誕生を見送ることになりゃしないか?

ちょくちょくこのブログでも触れてますが、自分は「吸血鬼」という設定を便利に使われるのがあまり好きではありません。
今から15年ほど前のラノベ周辺に多かったんですよね。登場人物の誰かが吸血鬼か、吸血鬼の血縁だったりするのが。それで食傷気味になったんです。
いやもうね、「吸血鬼」は本当に便利ですよ。強さと弱さのメリハリが効いた設定の全てが偉大過ぎる。
『怪物くん』のドラキュラ、『ときめきトゥナイト』の江藤蘭世の親父といったとこを経て、現在における吸血鬼の下地を作ったのは菊地秀行の『吸血鬼ハンターD』でしょう。
『吸血鬼ハンターD』は…12巻くらいまでは読んだ記憶。といっても覚えてるのは7巻の"北海魔行"上下巻までですけどね。現在も続行中らしいですが。
この作品の影響で、ラノベの吸血鬼といえば卓越した身体能力を持ち、敵に味方に重宝される存在となったと思います。
00年代以降、吸血鬼は個人的にかなり毛嫌いしてたんですが、近年はだいぶ緩和しました。『化物語』みたいに吸血鬼をウリにせず話に溶け込ませるような話も出てきましたしね。
上手く使ってくれるなら、吸血鬼設定もアリだろうと思っています。

「異世界」に出入りするだけでなく、「異世界」からやって来るキャラクターにも枷がされると、ちょっと厳し過ぎる気がしますね。
タイムスリップやタイムリープも一種の異世界だと思いますし、こういう制約は書きにくくなるだけ。ざっと思いつくだけでも…。
『時をかける少女』『戦国自衛隊』『ファイナルカウントダウン』『スターファイター』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』みたいな映画。
『ポールのミラクル大作戦』『ドラえもん』『ヤッターマン』『オタスケマン』『時の旅人』『天空のエスカフローネ』みたいなアニメ。
『ジパング』『僕はビートルズ』『信長のシェフ』『ドリフターズ』みたいな漫画。
『不思議の国のアリス』『戦国の長嶋巨人軍』みたいな小説。
そういうのはお断りってことですよね。捉え方の問題ですが、厳しいと思いますよ。

まあ、みんな寄ってたかって『ゼロの使い魔』みたいな作品を送ってくるんでしょうけどねw。そういうのに辟易してるんでしょう。
でも、バッサリ規制するよりは「推奨しない」くらいの表現がいいと思うんですけどね。
使い古された素材から新しいものが出てくる可能性は、切り捨てないでください。
関連記事
スポンサーサイト
2016/07/03 Sun. 12:29 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2152-8d9c75c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)