07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

人は平等ではないのよ 

若者の間で「社会人カースト」という言葉が流行っている。

有名大学を卒業して大企業に就職し正社員で、かつ人間力が高く、充実した人生を送る人々は「最上位のカースト」とされる。
一方、学歴が四大卒未満、非正規社員で、見た目や性格がパッとしない人々は「最下層のカースト」となる。

大阪大学人間科学研究科教授の吉川徹氏によると、若者たちが自分の序列(カースト上の位置)を意識するようになったのは、2008年のリーマン・ショック以降、学生が就職活動において企業から人間力を問われるようになってからだという。
自己分析を通じて他人と比較し、上下の位置づけが見えるようになったためだ。
また、雇用が流動化して転職が一般的になったことで、「雇用市場における自分の価値(実力やコネ)」を自己査定できるようになったことも背景となっているという。

日本の学校教育は1990年のバブル崩壊以降、ゆとりと個性が強調されるようになり、若い世代は「自分たちは本来、平等であるはずだ」と信じて育ってきている。
その間に大人の世界では「格差社会」がいわれ、階層化が進んでいるのだが、階層格差が明らかに存在し社会問題となっている諸外国に比べればまだまだだ。
この言葉の誕生は、若者がリアルな階層社会に敏感になってきた象徴なのかもしれない。

(転載ここまで)


「自分たちは本来、平等であるはずだ」と来ましたかw。
失礼ながら自分は、こういう…精神が甘い蜜で出来たような戯言を聞くと、さむいぼが出るんですよ。
こういう事を能天気な教師に教わってきた挙げ句、就職したら誰一人平等ではない現実を突きつけられる訳ですから、そりゃあすぐに仕事辞める子もいるでしょうよ。
教師は自分がウットリするような美辞麗句だけ言ってりゃいいんでしょうが、生徒はいい迷惑ですよ。…いや、あまりにも多忙な教師の密かな意趣返しかもしれないけどね。

ま、そもそも"本来"もへったくれも無く、人間は不平等なんです。
生まれた場所、生まれた家の資産、親の職業…みたいな、自分ではどうする事も出来ない根っこの部分から、体格、身体能力、成績、試験合否、食生活、友達関係、異性関係、担任教師相性、趣味…などの後天的なところまで、不平等極まりない。
昔の親がよく言っていた「よそはよそ、うちはうち」というのは、そういうとこに不満を持つなという宣言みたいなものです。隣りの芝生は青く見えるのが常ですから。
それともう一つ、全く平等でないのが"運"というヤツです。どんなに恵まれた人でも、運の強い人にはかなわない。強運、巡り合わせの良い人が最も成功出来るけど、それはほんの一握りだけ。最初から期待出来るものではありません。
そういう理屈は大人になると分かるので、大人は子供に「勉強しとけよ」と言うんですけどね。スキルを上げておけという事です。
まあ、子供の時には馬耳東風なんですけどw。

「なりたい自分になるんだ」というのは、映画『アイアンジャイアント』のテーマですけど。
『アイアンジャイアント』は映画館で見て感動しましたが、「なりたい自分になるんだ」は魅惑過ぎて誤解されるフレーズだと今でも思います。
実際は「なりたい自分になるために、泥水でもすする」じゃないといけないと思うんですけどね。『あかんたれ』とか『白い巨塔』みたいな思考ですが。
「最下層のカースト」から成り上がる打たれ強さを持つためにも、「自分たちは本来、平等であるはずだ」という考えはまやかしだと気づいてほしいですね。
おっさんのお節介な駄文でした。
関連記事
スポンサーサイト
2016/07/06 Wed. 03:20 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2155-eb1f1fd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。