09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

全世界の人間を集めると悲惨 

米国オハイオ州立大学の研究者らが、「もし世界の全人口の73億人が一斉に飛び跳ねたら何が起きるか」を明らかにした。
研究の結果は「ビジネス・インサイダー」誌に公表された。

研究によればもし地球上の全人口が一箇所に集まった場合、ニューヨーク市内に収まってしまう。
ニューヨークに集まる事が出来た場合、これは環境に多大な影響力を及ぼしうるという。

たとえば彼らが一斉に飛び跳ねた場合、マグニチュード4から8の地震発生時に類似した莫大なエネルギーの発散がなりたつ。また沿岸部に集結して飛び跳ねた場合、高さ30メートルの津波が引き起こされてしまう。

(転載ここまで)


全世界の飛行機が全て着陸したら云々…みたいな話ですね。もちろん飛行機の方はヨタ話ですが(ライト兄弟以前は飛んでなかったしw)。
スタジアムでのジャンプや、プロレス会場でのカウント2.9足踏みを考えれば、確かに結構な力を生み出すでしょうね。地震や津波に結びつくかは知りませんが、それなりにリアリティはあります。
でも、こういう仮説を聞くと…「そこまでの過程」を想像した方が面白いと思うんですよね。
だいぶ前にこのブログで、名曲『百万本のバラ』で貧しい絵描きがいくら使ったのかを検証したものを書きましたが、ああいうのが好きなもんでw。ちなみに、貧しい絵描きが女優に百万本のバラを見せるために使った金額は、推定7~10億円でした。

73億人を1ヶ所に集める労力と金額は、EU解体では済まないレベルだと思うんですよね。
映画『日本沈没』(ちゃんとした方)で、首相の丹波哲郎が必死になって日本人を国外に脱出させてますが、航空機はせいぜい数百人、船舶にしたって航行に支障の無い人数しか積めませんから、ピストン輸送したとこで気の遠くなるお話な訳です。3分の1は国内で天災に巻き込まれて亡くなってるし…。
それを全世界規模でやったら、飛行場も港湾も駅もパニックでしょうよ。使われる燃料や電力は国家予算を遥かに越えてきます。
着々と集まってくる人間で、ニューヨークはすし詰め状態になっていく。食糧と排泄物の問題だけでこの世の終わり。
そして、なにかしらの疫病がパンデミックして、人類は総人口の大部分を失うんです。まるで『復活の日』(小松左京)ですなw。
この科学実験、実行には移さない方が得策でしょう。たぶん飛び跳ねる前に頓挫するはず。

暇な人は、実際どの程度の金額で実現するのか計算してみてください。
アフリカから、チベットから、アラスカから、シベリアから、一人残らず集めるんですよ。
自分は、日本に潜んで漫画読んでますから、行きませんけどねw。
関連記事
スポンサーサイト
2016/07/10 Sun. 11:48 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2157-7bf3aba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。