08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

神武天皇は実在したか? 

すいません、暑くて執筆意欲が失せてました。
暑さに身体が慣れてくれば、またそれなりに書けると思います。
昨日も、このネタ面白いなあ…と書き始めてほどなく寝落ちしましたしw、おっさんには厳しい夏かなあ…。


(ここから転載)

7月10日投開票された参院選で、神奈川選挙区で当選した自民党の三原じゅん子氏が、同日の選挙特番で「神武天皇は実在の人物」という趣旨のことを話すシーンがあった。
テレビ東京系で7月10日放送された選挙特番「池上彰の参院選ライブ」の一幕だ。

コトバンクによると、初代天皇とされる神武天皇は、神の代から人の代への接点に位置する神話的な人物であり、史実を伝えるものはほとんどないといわれている。

番組中の録画の中で、選挙戦のテーマカラーが赤と白だった理由について三原氏は「やはり日本の国旗の色。神武天皇の建国のそのときからの歴史というもの、全てを受け入れた憲法を作りたい」とコメント。
当選確実になった後には、中継で司会の池上彰氏からの質問に以下のように答えた。

■三原氏「全ての歴史を受け止めて」

――先ほどのVTRの中で、神武天皇以来の伝統を持った憲法を作らないといけないとおっしゃってましたね。どういう意味なんでしょうか。明治憲法の方が良かったということでしょうか?

全ての歴史を受け止めて、という意味であります。

――神武天皇は実在の人物だったという認識なんでしょうか?

そうですね。いろんなお考えがあるかもしれませんけど、私はそういう風に思ってもいいのではないかと思っています。

――あ、そうですか!学校の教科書でも神武天皇は神話の世界の人物で、実在していた天皇はその後だということになってますが?

神話の世界の話であったとしても、そうしたことも含めて、そういう考えであってもいいと思います。

――神話も含めて日本の歴史を大切にした憲法にしなければいけない?

はい、そうですね。


(転載ここまで)


仕事中だったし、そもそもテレビ東京なんて富山じゃ見られませんから、ニュースで読んだだけですけど、なかなか面白いやり取りだと思います。
皇紀2600年とか言いますが、それ自体は"盛ってある数字"なのは疑いようもありません。古事記にしろ日本書紀にしろ作られたのは飛鳥から奈良時代で、想像以上に伝承が風化したであろうことを考えれば、政治的事情も含めて"盛られた"と推測出来ます。欠史八代をはじめ架空の天皇も十数人いますし。
では、最初の天皇である『神武天皇』は実在だったのか?

日本神話自体はほぼ架空の物語です。日本神話に限らず、ギリシャだろうと北欧だろうとインドだろうと、神話ってのはそういうものですけどね。
神武天皇は天照大神の子孫なんですけど、これは「箔を付けた」んでしょう。どっちにとっても箔になるように物語が紡がれています。
(余談ですが、職場の若い子がモンストをやっていて、自分に「アマテラス」って何ですか?と聞いてきた時は吹きました。安くなったなあ、天照大神…。天の岩戸のエピソードなど交えて、日本神話最高の女神だと教えてあげました)
天照大神の子孫である神武天皇が、東征して長髄彦を討ち、大和朝廷を開闢する。
これ以上無い始まりですが、東征に関しては…額面通りには受け取れないものの、西から東への勢力拡大があったのは間違いないでしょう。その事実が語り継がれて、いろいろ盛りつけされた。
神武天皇が実在したかという言い方では「いいえ」でしょうが、後に神武天皇と謚号されるような人物は「いた」のではないでしょうか。モデルというか雛形というか。
無論、その人物が127才(日本書紀)や137才(古事記)まで生きたなんてことは無く、ごく普通の権力者だったはずですけどね。
その人物から大和朝廷が始まった…という意味での神武天皇は「実在した」と言えるでしょう。

では、西暦何年くらいの人だったのか?
簡単に推測すれば、『魏志倭人伝』が書かれた200年代前半より後で、蘇我稲目と物部尾興が仏教導入を巡って対立する500年代より前になります。
その頃の豪族の平均寿命が何才くらいなのかは分かりませんが、40代にもなれば死んでもおかしくない気はしますので、100年の間に激しい代替わりはあったかと。
そう考えれば、早くて300年代、遅くとも400年代半ばくらいにモデルとなった人物は生きていたんでしょう。
そんで、古事記や日本書紀を編纂する際に、いろんな整合と脚色をつけながら、最初の天皇にあたる人物に神武天皇という謚号をし、歴史書とした。
だから、神武天皇については「実在した」と言ってもいいと思います。年相応に寿命を迎えられたと思いますけどね。

しかし、池上さんはそこまで言い切ってもいいんですかねw。神話だって信憑性ゼロじゃあないんだけど(盛ってある部分は別にして)。
右側思考の人も、皇紀2600年は完全に盛った嘘だから主張しちゃダメだけど、推測1500年程も存続してる家系であるとして誇っていいはず。
三原じゅん子氏だって、そこら辺は充分分かってるでしょ。マスコミは些末なツッコミをして遊ぶのをやめるように。
関連記事
スポンサーサイト
2016/07/13 Wed. 03:19 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2158-b55c5ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。