05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

早稲田卒だからポルシェが貰える人生 

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹(28)が、出版社社長からポルシェなどを提供されていたことがわかった。
斎藤はノーコメントだったが、提供側の出版社社長が「週刊文春」の取材に認めた。

関係者によれば、斎藤は出版社ベースボール・マガジン社の池田哲雄社長に「鎌ケ谷の二軍練習場に通うための車が欲しい」とおねだり。
価格が2000万円を超えることもある高級車ポルシェのカイエンを希望したが、マカンの新車に落ち着いたという。マカンも価格は最低でも800万円を超える。

池田社長は、取材に「斎藤から『ポルシェが好きなんで』と言われてね。『お前には頑張ってもらわなけりゃならないから、俺が払ってやる』と」と認めた。
他にも社や池田社長が所有するマンションを提供したこともあったという。

野球選手の金品授受を巡っては、過去に桑田真澄、水野雄仁らが処分を受けたこともあり、日本ハムの対応が注目される。

「週刊文春」7月14日発売号では、池田社長によるポルシェ以外の利益供与についても詳しく報じる。

(転載ここまで)


パッと思いつくだけでも、税金(贈与税)問題と、野球協約問題がありますが、このニュースについては重要な要素があります。
池田哲雄ベースボールマガジン社社長は、早稲田大学出身で、現在早稲田実業の評議員もやってるそうです。
そう、何かと身内を贔屓する事で有名な早稲田閥による、気持ちいいまでの贔屓の引き倒しなのであります。
これが、相撲のタニマチみたいに「後援会」という立場であればどうでもいい話です。貰うモノは貰って、男芸者としての責務を全うしてくれればいい。
問題は、池田哲雄氏は12球団分け隔て無く接しなくてはならないベースボールマガジン社の社長だという事です。
まあ、週刊ベースボールも早稲田閥全開な記事が時に目に付きますし、長年連載してるやくみつるも早稲田大学OB、現在連載を持っている岡田彰布氏(どんでん)も早稲田大学OBです。早稲田閥を可愛がるのが社風といえるでしょう。
しかし、仮にも野球マスコミの中心核であるベースボールマガジン社の社長にこういう事をされちゃうと、非常に醒めるんですよね。お前ら早稲田以外の野球選手を内心カスだと思ってんだろ?

二軍練習場に通う車が欲しい…って、契約金で買えよ。金額欲張らなきゃ選り取り見取りだろう。
大して活躍もしてないのにマスコミのボスがポルシェを買ってあげるんだから、そりゃあ斎藤も前向きにはならんでしょうよ。必死にならなくてもいい人生ですわ。
ドラフト1位だからクビにもトレードにもならず、のほほんと野球したら引退して、早稲田閥の仕事に就くんでしょう(おそらくベースボールマガジン社の仕事はあるはず)。
相撲のタニマチは有望力士に大金を出すもんですが、これは単なる過保護なお坊ちゃんですね。田中将大を引き合いに出すのも(田中に)気の毒ですわ。

ま、日ハム球団もNPBもどうせ大した処分は下せないでしょうけどね。
斎藤の親父が「プロで活躍するより、早稲田大学行って人脈を作るのが大事」と進学させたのは、要はこういう事なんでしょう。
じゃあもうプロ野球は辞めて、早稲田閥にぬくぬく守られた人生を歩んでくださいな。
関連記事
スポンサーサイト
2016/07/14 Thu. 01:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2159-8756281f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)