07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

バイクとの対話は出来るか? 

川崎重工業は25日、人工知能(AI)を活用した二輪車の開発に着手したと発表した。
走行データや対話による情報から、車載AIがライダーの感情や技術を判断して助言したり、車両制御システムを調整したりする。
数年内に実用化するとみられる。

開発する二輪車には、ソフトバンクグループのヒト型ロボット「ペッパー」に搭載しているAIを使用。
車載通信でライダーと対話することで、音声から感情を認識し、怒りや焦りを静める助言を行うなど安全運転につなげる。

(転載ここまで)


…とりあえずマジレスから入ると、走行中のライダーと対話するって事は、デカい音声ってことじゃない? フルフェイスのヘルメット被ってる人もいるんだしさ。
なんせカワサキなんだからスクーターではないんだろうし、それなりの走行音と排気音はすると思うので。
自動車みたいに車内は静かってんなら成り立つだろうけど、バイクは難しいんじゃないかなあ。これのためにイヤホンさせるのも危険だし、環境音もするし雨も降るし。
正直、難しいという気がします。


夢の無い話はここまでにして、あくまでネタとして考えれば…古くはバトルホッパー(仮面ライダーBLACK)、最近だとエルメス(キノの旅)ですよね。
『仮面ライダーBLACK』の序盤、戦い終わったBLACKが「有難う、バトルホッパー」と言ったら、バトルホッパーが「いやいや」と言わんばかりに首(ハンドル)を振ったシーンで、自分と姉が死ぬほど爆笑したのが忘れられませんね。いやいや、このトンデモ演出は無いだろう、頷く時はどうすんだよw。
今思い出しても、あれは電子音声っぽく喋らせれば良かったと思います。

エルメスについては、ああいう世界観だから特に言うことは無いんですが、カワサキのこの事業の発案者の根底にあるのはエルメスじゃないかと思うんですよ。音声から感情を認識し、怒りや焦りを収めるための助言…ですからね。
しまいには、冗談を言ったり、わざと慣用句の使い方を間違えたり、緊迫した場面でもあえて軽口を叩いたりするんでしょう。ツーリングのお供には最適です。
「3Km先で警察が点数稼ぎをしてますよ。彼らも仕事ですからね」みたいなことを言うAI、…言葉のボギャブラリー用にハードディスク積まなきゃイカンね。

あとは音声を合成にするのか、声優にするのか。
声優にすると決まったことしか言わないので面白くない気はしますが、人選の楽しさはありますね。
自分でなら大好きな大塚芳忠さん一択ですが、故人である野沢那智さん、大平透さんも捨てがたいです。
女性なら、いっそカネトモ先生でしょうね。危険な走行になる気はしますが。


自動車みたいにナビ画面を活用するのが難しいバイクですから、音声対話で補助という流れは理解出来ますが、あんまり実用的なモノは出来ない気はしますね。
実用的ではなく、趣味的なモノに振り切って開発した方が面白くなるのではないかと。
………でも…あんまり楽しくて賢いAIにしちゃうと、バイクの買い替えや乗り替えが出来なくなりそうw。過ぎたるは及ばざるが如しってことか。
関連記事
スポンサーサイト
2016/08/27 Sat. 11:15 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2186-8b3c8906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。