09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

カートリッジへ回帰するゲーム 

任天堂は次世代ゲーム機にカートリッジを採用する計画だ。関係者が明らかにした。
これにより旧式のカートリッジが再評価される可能性もある。

ゲームソフトの形状としてはデータ容量が大きく単価の安いディスクが主流で、ソニーの「プレイステーション4(PS4)」や米マイクロソフトの「Xbox One」のほか、任天堂の「Wii U」もディスクを採用している。
だが、韓国のサムスン電子や東芝などによる低コスト・大容量のフラッシュメモリーの開発競争が激しくなる中、カートリッジが再び脚光を浴びている。

業界関係者の間では、任天堂が次世代ゲーム機「NX(仮称)」でカートリッジを選択するのは理にかなっているとの見方がある。
任天堂のゲーム機のファンには子どもが多いが、カートリッジはディスクより傷がつきにくい。
またカートリッジには読み込みが速い上、複製が難しく大量生産が迅速にできるといったメリットもある。

任天堂の広報担当者はカートリッジ採用についてのコメントを控えた。
同社はNXに関し、年内発表予定という以外は沈黙を守っている。
アナリストの間では、今月15日からのイベント「東京ゲームショウ2016」までに任天堂が何らかの発表を行う可能性を指摘する声が上がっている。

(転載ここまで)


なるほど、長生きはするもんです(まだひよっ子ですが)。
カートリッジからCD-ROMへの転換は、メガCDやスーパーCD-ROM2に端を発し、3DOが名乗りを挙げようとしたらセガサターンとプレステが後ろから殺到して始まりました。
その頃はカートリッジのソフトがやたら高価で、CD-ROMは容量とコストの両面で有利だという触れ込み。ゲームの演出と流通に革命をもたらしたのは確かでしょう。
以来ディスクメディアが主役となり、カートリッジは携帯機でしかお目にかからないモノになってたんですけどね。それがまさかの復権。

とにかく、ここ10年でメモリもSDカードも劇的に進化し、安くなりましたよね。
自分が洋ぽんで使っていたミニSDカードは512MBで、しかもパチンコの画面写真を1000枚撮ったら…本体の画像管理が1000枚までで写真が撮れなくなり、512MBの容量を無駄にした苦い記憶があります。あれがもう9年くらい前の話。
現在このスマホに入れてるマイクロSDカードは32GBで、数千枚のアイマス画像(四条貴音だけで1000枚以上w)、同じく数千枚のその他の画像、1000枚を越えるパチンコ画面写真、ニコ動の動画データなどで目一杯使ってます。認識出来るのなら64GBのマイクロSDに替えたいくらい(認識しなかった場合が怖くて買えない)。
進化というか崩壊というか、とにかく取り扱う数値が数百倍になった感覚ですね。

この感覚でカートリッジを作るのであれば、GB単位のモノでも結構な安価で出来る気はします。現にそうなんでしょう。
ディスクの優位性の一つであった「大容量」が、優位性ではなくなった。とすると、生産性の問題さえクリアすれば取り扱いしやすいカートリッジは理想的です。
ファミコンやスーファミ、メガドライブがいまだに稼働する現物が多いのは、ディスクではないからですよね。初代プレステなんてディスク機構がことごとく壊れやすかった。
本体が丈夫で長持ちという点でいっても、カートリッジ採用は理想的なんじゃないでしょうか。

ディスクのソフトだって、ハードディスクにインストールしてから遊ぶので遊び心地は大差無いでしょうけど、本体もソフトも丈夫で保管しやすいというのはディスクには難しいものです。任天堂のゲームキューブは相当丈夫だったようですが。
無くさない、誤飲しない程度の大きさで、子供が乱暴に扱ったり名前書いても壊れないカートリッジの復権は、喜ばしいことだと思います。
わざわざブルーレイを開発したソニーには悪いですが、ディスクの時代は終焉へ向かってますよ。どのみち大人向けはダウンロードが中心になるはずだし。
自分はカートリッジを歓迎します。
関連記事
スポンサーサイト
2016/09/05 Mon. 11:58 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

2016年ももう終わろうかというのにアンチソニーはまだ抜けないんですね(笑)
まあセガ派を自称するくせに、セガに対してあれだけの事をしでかした任天堂を持ち上げてアンチソニーしてる時点で面白爆笑ギャグですが(苦笑)

#- | URL | 2016/09/29 19:34 * edit *

>>名無し様
実はアンチ云々の意識はありません。
ソニーがディスクを推し進めるのは、ゲーム以外の分野の兼ね合いがあるからだし、任天堂がカートリッジに回帰するのは、ことゲームに関すればカートリッジの方が取り扱いやすいから。
どっちが正義ではなく、どっちも正義ってことです。で、自分はゲームに関してはカートリッジの方がいいなあ…と思ったと。

…セガサターンのカートリッジみたいに抜き挿しが怖いのは勘弁ですがw。パワーメモリーが壊れるのを恐れて、せっかくの4MRAMとか宝の持ち腐れになりましたからね。

メテオ #- | URL | 2016/09/30 11:39 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2191-b4a053b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。