05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

プライベート写真やたら公開するべからず 

SNSは便利でありながら、「実は面倒な事も多い」と多々問題が報告されている。
内緒にしておきたかったことを友達の投稿に書かれてしまったり、あまり写りが良くない写真をアップされたりなど、本人の承諾を得ていないと何かとトラブルが生じるようだ。

そんななか、年頃真っ盛りの18歳の娘が、「恥ずかしい写真をFacebookに投稿された!」と激高し、自分の両親を訴える珍事が勃発した。
オーストリアのケルンテン州に住む18歳の匿名女性が、過去7年間に両親が承諾なしに、「自分の恥ずかしい写真をFacebookに投稿し続けた」として訴えを起こした。

本件を担当している弁護士によると、彼女の両親は7年にわたり、500枚もの娘の写真をFacebookに投稿し、設定を「公開」にしているのだという。
なかには、エミリーさんがオムツを替えられている写真や、おまるでトイレのトレーニングをしている赤ちゃん時代の写真も含まれているそう。

両親にしてみたら単に良い想い出だったり、可愛いと思った写真をSNSに載せただけでも、多感な年頃の娘にしてみたら、あまり友達や好きな人には見られたくない写真かもしれない。
彼女は、両親に写真を削除するよう何度も説得を試みたが、全く受け入れてもらえず、最後の手段とばかりに訴えを起こす強硬手段に出たのである。
彼女は「両親に真面目に受け止めてもらえずに、ウンザリしている」とコメントしている。

彼女の父親は、写真を撮影して画像を所有しているのは自分で、それを公表するのは自分の権利であると主張。
だが娘の弁護士は、「個人の生活を守る権利が侵害されたことを証明できれば、訴訟に勝てる可能性はある」と語り、裁判の開始は2016年の11月を予定しているそうだ。

(転載ここまで)


こういう話を聞くと、つくづく…現像した写真をアルバムに貼って保管していた時代は良かったと思います。
アルバムはたまに自分や家族が懐かしんで見るものであり、一葉の写真から「あの時はこうだったね」という会話に花が咲くものでありました。
他人が見る機会なんて、親戚か来客か友達くらいで、基本的にはその家の中で完結しているものでした。
写真家(アラーキーみたいなプロから、アマチュアまで)の方が、自らのテーマに沿って撮ったプライベートな写真を公開する事はありましたが、それは…他人の生活の一端を垣間見るような後ろめたい感覚でしたね。

写真にとっての転機は、やはり携帯電話にカメラ機能が付いたことでしょう。
「写メ」という言葉は現在では本来の意味を失ったのに、スマホで写真を撮る事を総称する言葉として残ってしまってるくらい、インパクトのあるものでした。
そして、単なるメールだけでなく複雑化する通信媒体のほとんどに写真画像が添付され、個人SNSの普及で写真は"積極的に見せる"ものになりました。
顔も知らない不特定多数の人に見せるのが写真という風潮になり、それを象徴する「自撮り棒」という気持ちの悪いアイテムまで売れる始末。
自分もこのブログでは一切画像を使ってませんが、ツイッターでは写真や画像は時々使ってます。
…まあ…写真はほとんどパチンコの演出を撮ったものですけどねw。自撮り棒なんてとんでもない、世間様にお見せ出来る顔じゃありませんし。
自信のある方が、Facebookなどに自分の画像を載せているのでしょう。

さて、自分の姿や過去、考えをSNSに載せるのは本人次第なんですが、家族や知り合いの画像や詳細人物像などを載せるのは個人の自由…なんでしょうか?
引用したニュースは極端な話のようでいて、今後世界各地、日本各地で勃発する論争の始まりだと思うんですけどね。
少なくとも自分は、親から「お前のアルバム、赤の他人に見てもらうから」と言われたら激怒するでしょう。なにふざけたこと抜かしとんねん。
SNSにペットの画像を載せてる人も多いですが、子供の写真とか載せてる人の気分は、ペットと子供が同列に近くなっているんじゃないでしょうか?
やたらと子供をビデオに録画して、来客に見せたがる馬鹿親もそうだと思います。そのビデオ、当の子供はほぼ見ないで処分しますよ。時間の無駄だもん。
ペットは文句言いませんが、子供は確実に将来文句を言います。そういう時期がやってきたんです。

やっぱり写真ってのは、アルバム数冊くらいでまとまって保管してあるのが一番良かったんじゃないでしょうか。ノスタルジーではなく、家族の写真は家の中に収まるべきもの。
親が調子に乗ってると、成長した子供が「親の恥ずかしい写真」を公開するようになりますよ。そんな争いは不毛。
なんでもかんでも公開すりゃあいいってもんじゃないです。


そういやデジカメの時代になって、念写と心霊写真って激減したと思うんだけど、あれはやっぱ(自主規制)。
関連記事
スポンサーサイト
2016/09/26 Mon. 03:48 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2202-c5e01ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)