06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『君の名は。』2回目の感想 

はい、見てきました、『君の名は。』2回目です。
とりあえず言いたい事は後回しにして、ちょっとこのランキングを見てください。
前回は邦画のランキングを引用しましたが、今回は…日本における映画興行収入ランキングのトップテンです。

1 308.0億円/千と千尋の神隠し(2001) 
2 262.0億円/タイタニック(1997)
3 254.8億円/アナと雪の女王(2014)
4 203.0億円/ハリー・ポッターと賢者の石(2001)
5 196.0億円/ハウルの動く城(2004)
6 193.0億円/もののけ姫(1997)
7 173.5億円/踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003)
8 173.0億円/ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002)
9 156.0億円/アバター(2009)
10 155.0億円/崖の上のポニョ(2008)
11 145.6億円/君の名は。(2016、公開中)
12 137.0億円/ラスト・サムライ(2003)

錚々たる顔ぶれ、どれをとっても間違いなく話題をさらった映画ばかりです。
トップテンの映画が、どれも大量の宣伝の印象があるのに比べ、『君の名は。』はそれほど大量宣伝されていた印象はありません。もちろんある程度はやっていたんですが。
日テレやフジテレビがバックについたとか、電通や博報堂が総力を挙げたとか、そういうのが無いのにここまで観客が入り続けているのは驚嘆すべきことです。
現在の勢いからすると、7位の『踊る大捜査線2』までは射程に入ったでしょう。6位5位のジブリの壁を越えるかがヤマ場かな、と。
(意外というか『ハウルの動く城』ってこんなに興収あったんだね。『千と千尋の神隠し』の次だったからその恩恵を受けたんだな)
ついに鳥取でも10月7日から公開が始まって、普段閑古鳥の映画館で整理券が出るくらいの大入り状態だということですし、『君の名は。』の躍進はまだまだ続くはずです。
しかし…何度見ても、上映時間195分の『タイタニック』の興行収入は異常です。『千と千尋の神隠し』は確かにスゴい映画だけども、帝王は『タイタニック』だろうなあ…と思わずにはいられません。

聞くところによると、監督とプロデューサーは20億円到達を目標に映画を作り上げ、出来た映画を東宝の重役である執行役員に見せたところ、「20億円どころではない、この映画は60億円はいく!」と判断して300スクリーン上映体制にさせたそうです。偉い人の見る目と判断力って凄い…。
また、GWの定番である『名探偵コナン』の上映時に『君の名は。』の予告編を流したところ、観客からの反応がすこぶる良かったことも300スクリーンへの後押しになったとか。
8月下旬からの公開でファミリー動員向きではないというのも、学校が始まって学生達の口コミが一気に拡散、見た人がまた次々とSNSで拡散するという伝搬経路で、普段映画館で映画を見ない層を一気に掘り起こしました。もうこうなると、事態は勝手に動くんですよね。
自分が買った公式ビジュアルガイドは、初版が8月26日なのに10月10日で第5版。さっき買ってきた文庫本の『小説 君の名は。』は、6月25日初版で10月5日20版。売れまくりの刷りまくりです。
今日Amazonから送ってきた音楽集アルバムも、驚異的に売れているんだとか。
それもこれも、映画の余韻が素晴らしいからでしょうねえ。


(さて、ここからネタバレですよ)

前回より早い、昼2時40分からの回に行ったのですが、平日のその時間にして観客が10人余りいました。
地方の富山市であることと、ここJMAXシアターとファボーレ東宝、そして先日からシアター大都会でも上映が始まったことを考えると、本当に観客が入ってますよね。

本編開始直後のプロローグ、主役の二人が目覚めるところで…この二人は高校生ではなく社会人だという事に気付いて、(そうか、あのシーンに繋がるんだ)と…すでに目がウルウルしてしまいました。これ初見では分からなかったなあ。
(公式ビジュアルガイドにも、このプロローグの二人の絵は載ってない。意図的ですね)
その後、高校生の三葉が目覚めるシーンでも、夢現の映像で髪を束ねる組紐が印象的なアクションをします。伏線あるなあ…。
てっしーが「カフェ行かんか?」と連れていくカフェ、年配の客によくウケてますw。こういう言い回しって昔の方があったからな、歩いていくことを"テクシー"とか。
姉妹が神社で舞うシーン、雅楽がラジカセというとこに…異様なリアリティを感じます。自分の出身地も似たようなもんでした。太鼓くらいなら叩ける人はいるけど、こういうのは大きい神社じゃないと無理だよね。
瀧(中身は三葉)の目覚めから「東京やぁ…」辺りは、神木隆之介の演技に感嘆。すっげー上手い。
夜に、瀧の手のひらに三葉が自分の名前を書くシーンでまたウルウル。2回目以降はこの伏線キツいわ。
「入れ替わっていた時の記憶は、目覚めるとだんだん不鮮明になってしまう」………ただの説明セリフかと思いきや、ここもとんでもない伏線。
…三葉(中身は瀧)がバスケでシュート決めるシーン、…ノーブラだよね…。男子の喜ぶポイント分かってんなあ、瀧。

宮水家の三人で御神体に奉納に行くシーン、三葉が婆ちゃんおぶってあげるんだけど、中身入れ替わっても基本の体力は三葉なんじゃないかな?と思いつつも、じゃあ婆ちゃん歩かせるんかとなると……やっぱおぶった方がいいよね、絵的にも。
で、この奉納の日に入れ替わっていたというのは、後々考えると…この入れ替わり騒動の中でも一番肝心な事柄なんだよね。この日が無ければ全てが水泡に帰す。
三葉が口噛み酒の儀式を行った後、「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!」と叫んだ直後から入れ替わりが始まり、奉納は入れ替わった瀧が行った。意志を感じます。
宮水家の過去にも入れ替わりがあったとするならば、本編でも言われていた通り、この日の為に今までがあったのでしょう。
そして、「デートが終わる頃には、ちょうど空に彗星が見えるね」というスマホの文章に、(はああっ、そうかズレてるから意味が通じないんだ)と見てるこっちが悶絶。
彗星が来てる日は…糸守は祭りの夜で…。

スケッチから糸守を探しあてて、そこから先については………次の機会に書きます。どうせまた見に行くと思うしw。
まあ、いろいろ書きたいことはあるし、何より余韻がたまらない映画なんで、リピーターになるのに躊躇はありません。部屋にポスター貼りたいくらいだわ。(無論、映画館のグッズショップはすでにパンフしか無い)
しばらくは、この映画に浸って生きていこうと思います。

明日はさすがに行かんけど、来週あたり3回目行ってきますわ。
関連記事
スポンサーサイト
2016/10/12 Wed. 03:24 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2211-425f02bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。