08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

三浦九段のスマホ疑惑について 

日本将棋連盟は12日、15日に開幕する第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)で、挑戦者になった三浦弘行九段(42)が出場しないことになったと発表した。
対局中、スマートフォンなどに搭載された将棋ソフトを使って不正をした疑いもあるとして、説明を求めたという。
連盟は、三浦九段を12月31日まで出場停止処分とした。

三浦九段は朝日新聞の取材に「不正はしていません。ぬれぎぬです」と話した。

竜王戦は将棋の七大タイトル戦の一つ。
七番勝負には挑戦者決定戦で敗れた丸山忠久九段(46)が出場し、渡辺明竜王(32)と対戦する。

今夏以降、三浦九段の対局中の離席が目立ったため、連盟側は11日に聞き取りを実施。
三浦九段は対局中のスマホなどの使用を否定したが、「疑念を持たれたままでは対局できない。休場したい」という意思を示した。
だが、期日である12日までに休場届が出されず、連盟は処分を決めた。

(転載ここまで)


この件に関しては、うっかりしたことが言えないのでいろいろ考えてたんですけどね。
しばらく前に、12月から対局中の通信機器持ち込みと、食事などの外出を禁止する旨が発表されたんですが、これは…この件を内々に調べての布石だったんですかねえ…。
将棋好きなら三浦九段は必ず知ってるくらいの知名度ありますし、タイトルも棋戦優勝もA級保持も実績ある方ですから、ニュースで見た時は意外でした。
こういう問題は必ず出てくるだろうな…とは思っていたものの、それは降級絡みとか瀬戸際の棋士だろうと半ば決めつけていましたんでね。竜王戦の挑戦者になるような現役バリバリの棋士に、こんな疑惑があがるというのが…。
とりあえず、最近の三浦九段の成績を貼ってみます。

7月05日 ●佐藤康光 第2期叡王戦  九段戦 2回戦
7月11日 ○郷田真隆 第29期竜王戦 本戦 準々決勝
7月21日 ●佐藤康光 第75期順位戦 A級 2回戦
7月26日 ○久保利明 第29期竜王戦 本戦 準決勝
8月10日 ●畠山鎮  第42期棋王戦 本戦 2回戦
8月15日 ●丸山忠久 第29期竜王戦 本戦 挑戦者決定戦 第1局
8月26日 ○丸山忠久 第29期竜王戦 本戦 挑戦者決定戦 第2局
9月8日 ○丸山忠久 第29期竜王戦 本戦 挑戦者決定戦 第3局
9月14日 ●稲葉陽  第75期順位戦 A級 3回戦
9月24日 ●佐藤康光 第37回日本シリーズ 本戦 2回戦
9月27日 ○佐藤秀司 第58期王位戦 予選 2回戦
10月3日 ○渡辺明  第75期順位戦 A級 4回戦

別段勝ちまくってる気はしないんですが、引っかかるのは「竜王戦」で、郷田、久保、丸山と強豪を連破しています。あと順位戦での渡辺竜王ね。
ただ、三浦九段自身がこれらの強豪と肩を並べる棋士ですから、勝ったからおかしいという話にはなりません。
しかしこの話、複数の棋士からの疑念が連盟にあがっていたようです。離席が多いとか、疑わしいという内容で。おそらく連盟でも状況調査はしたんだと推測します。
その疑念を、「モノを言う棋士」の橋本八段がツイッターに赤裸々に書いています。
(批判、粘着が殺到したそうで、現在このツイートは消されています)


橋本 崇載
@shogibar84
実は少し前からこの話は知っていた。将棋界の情報には疎い俺でもです。
さて、何書くか…。

橋本 崇載
@shogibar84
数週間か1か月ほど前に、奴と対戦した人が不正行為をやられたと憤慨していると聞いた。
恐らく、その後に決定的にクロ断定できるものを掴んで、踏み切ったのだろう。
将棋連盟はタイトル戦開催まで数日というギリギリのタイミングで
よく英断したと思う。始まってからでは、より取り返しがつかない。

橋本 崇載 @shogibar84
ファンには酷な知らせと思うが、個人的にも1億%クロだと思っている。
奴が除名になるかどうかは知らないけど、俺は二度と戦う気しない。
以前からソフト指し、モラル、カンニング、再三警鐘を鳴らしてきたつもりだが、最悪の形になりただただ残念だ。これでも潔白を信じるという人はどうぞご自由に。


いかにもハッシーらしい書きようですが、見た目と違って真摯に将棋に取り組む人ですから、疑念に対して立腹していたんでしょう。
ハッシーは1億%クロだと断言し、複数の棋士がそう思っている様子。
だからといって…三浦九段も昨年のJT杯(タイトル保持者とA級棋士によるトーナメントで、全局がホールでの公開対局)で優勝するくらいの実力者ですから、真偽についてはなんとも言えないんですよね。
連盟は疑念を受けて、離席の後の一手が有能ソフトとどう一致するかを探っていたようです。おそらくこれが決め手ではあるんでしょう。
でも…ハッキリとした証拠や説明は無いまま、この話題を終息させたいようです。
なんであんなあやふやな記者会見したんだろ?

自分の推測としては、これが「竜王戦」だからじゃないですかねえ。
将棋界最高の賞金を誇る竜王戦は最も格付けが高い、序列1位のタイトルとして存在する事を条件に読売新聞社がスポンサーになっています。
タイトル保持者に4200万円、敗者にも1500万円、挑戦者を決めるまでの各トーナメントの対局料など含めると、読売新聞社が出している金額は結構な額です。(巨人に変な外国人連れてくるよりは安いかもわからんけど)
その序列1位のタイトル戦を前にして、挑戦者にスマホ疑惑があがったんでは申し訳がたたないでしょう。竜王戦に傷をつけることになります。だから今回の思い切った処置をとった。
連盟が記者会見したのに多くを語らないのは、スポンサーの読売新聞社の顔を潰したくないのと、週刊誌にスッパ抜かれるくらいなら公表だけはしておけという、どっちつかずな思惑だからじゃないでしょうか。
でも、連盟が下手を打った感じは否めませんね。

まあ一つ言えるのは、休憩離籍が難しい早指しの価値が上がりましたね。早指しでも大きいタイトルを一つ作ればいいのになあ。
三浦九段といえば、羽生七冠から棋聖を奪取してタイトル独占状態を終わらせたのが有名ですが、今回の一件は下手すると将棋界が終わりますよ。三浦九段ほどの人がやってるなら他の棋士も…と言われ出したら最後。
そう言われない為の、断固たる処分と情報公開はすべきなんじゃないかと思います。

あと、ピンチヒッターの丸山九段頑張れ。
関連記事
スポンサーサイト
2016/10/14 Fri. 05:42 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2212-4b880711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。