08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2016年の漫画雑誌(1) 

仕事忙しくて疲れてます。布団に横になるとバタンキュー状態。
12月なんで書きたいことはたくさんあるんですが、このままだと思うように更新出来ないんで、とにかく簡略に。
雑誌ごとに漫画を振り返ってみます。

【ビッグコミックスピリッツ】
『猫のお寺の知恩さん』は、アクションで『富士山さんは思春期』を完結させたオジロマコト先生の意欲作。主人公にとって年上のお姉さんである知恩さんの魅力だけで成り立っている漫画(誉め言葉)。まあこのまま知恩さんを魅力的に描いてもらえれば問題無し。
『かなたかける』は、長距離陸上経験のある高橋しん先生の大河駅伝漫画。といっても『奈緒子』とは全く毛色の違う漫画で、想いで貫く高橋しん漫画が絶賛展開中。
『ワイルドピッチ』は、野球描かせりゃ太鼓判の中原裕先生だけあって読ませる内容。作品としては長くなりそうです。
『恋は雨上がりのように』は月刊から隔週に移籍してきた不安はあったものの、今のところクオリティは落ちてない模様。
『スローモーションをもう一度』は、今時の高校生が80年代アイドルの話で盛り上がるという、ちょっと苦しい展開なんですがw、題材が題材だけにしっかり読んでいます。絵が『気まぐれオレンジロード』の影響受けまくり。
『ふろが~る』は、ツーリングに出るようになってから今一つな感じ。も少し身近な話題にしてくれた方が…。
『気まぐれコンセプト』は、電通の立場が悪くなってからネタにキレが無くなってきた。予想外のヒットが生まれるようになって、広告代理店が肩で風をきる時代がようやく終わるのかも。
『もしもし、てるみです』は、うさくん…いや、水沢悦子の巻末2ページ漫画なんですけど、スピリッツで現在一番面白いと言い切れる傑作。早くコミックスで読み直したい。


【ヤングマガジン】
『カイジ』は…相変わらずワンポーカー。連載で読むと進まないんだけど(アカギよりはマシだけども)、来年には一区切りつくんだろうか。
『セーラーエース』は実に単調なんだけど、なんというか…読んじゃうんだよねw。不思議な漫画だ。
『センゴク権兵衛』は、歴史漫画として見るとそれほど面白くはないんだけど、切り口が独特なんでそこは評価。長宗我部の息子が素晴らしい若武者に描かれているのが切ないねえ。
『ヤキュガミ』は、ロッドの能力の高さの根源がよく分からん。『バトルスタディーズ』に比べると深みは無いけど、面白いことは面白い。


眠い、今日はこんなとこで。
関連記事
スポンサーサイト
2016/12/16 Fri. 04:24 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2231-903dfd12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。