03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

ちばあきお先生の『プレイボール』に続編が… 

故ちばあきお氏の名作野球漫画「キャプテン」の続編が、集英社の漫画誌「グランドジャンプ」4月5日発売号から連載される。
題名は未定。38年ぶりの再開となる。

作画、物語ともコージィ城倉氏(53)が担当。
大の「キャプテン」ファンで、オマージュ作とされる「おれはキャプテン」などの野球漫画で知られる。プロ野球選手の年俸に焦点を当てた異色の野球漫画「グラゼニ」の原作者(森高夕次名義)としても有名。
続編の計画が進む中で「誰かが描くことになるのなら、自分が描きたい」と引き受けた。

続編は、本編で墨谷二中のキャプテンを最初に務めた谷口が墨谷高3年となり、後を追って入学した後輩の丸井、イガラシらと甲子園を目指す。

「キャプテン」は1972~79、当時の別冊少年ジャンプ(後に月刊少年ジャンプ)で連載。歴代キャプテンを中心に野球部の奮闘を描いた。
“魔球”全盛期の当時、読者と等身大の登場人物がひたむきに野球に打ち込む姿が人気を呼び、アニメ化もされた。

73年からは墨谷高に進学した谷口を描く「プレイボール」も週刊少年ジャンプで連載。
78年、谷口が3年生に進級してすぐに終了した。今回の続編は、その先を描く。

コージィ氏は「ファンは新解釈を望んでいない。あきお氏ならどう描くか考えて描く。今風の味付けはしない」としている。
あきお氏の画風そっくりに描くが「簡単にみえて非常に難しい線。レイアウトのバランスも素晴らしい」と驚いている。
展開については「甲子園に行くのが“王道”だが、あきお氏ならどうするか…」と悩んでいる。

あきお氏は84年、41歳で自ら命を絶った。
兄ちばてつや氏やアシスタントらによる再開も検討されたが、実現に至らなかった。
あきお氏の長男で、ちばあきおプロダクション代表取締役の一郎氏(41)は「終了から約40年。父の作品が、世の中から忘れられていくのは寂しい。続編が、今の人の目にとまる機会となれば父も喜ぶ」と話している。

(さらに別記事を転載)

昭和の大ヒット野球漫画「キャプテン」が『グランドジャンプ』(集英社)4月5日発売号から38年ぶりに連載を再開することが発表された。
作者の故・ちばあきお氏の長男・千葉一郎氏(41)が週刊文春の取材に応じ、復活のウラ側を語った。

「父が亡くなって30年以上たち、父の漫画が風化しないよう、出来る事はないかと考えました。そこで、昨年夏に父の友人だった漫画家の本宮ひろ志先生に相談したのです。すると集英社の編集者をご紹介いただきました。最初は連載再開なんて大それたことは考えておらず、『一話読み切りで』と思っていました」

担当することになった編集者は「面白そうだ」と思ったが、最大の問題は誰に描いてもらうかということだった。
悩んだ末に依頼したのは、野球漫画「グラゼニ」(講談社)の原作者でもある、漫画家のコージィ城倉氏(53)だった。

城倉氏が言う。
「思い入れがある作品ですし、唐突なお話だったので、正直迷いました。ただ、非常にシンプルにもかかわらず、何とも言えない様式美がある作品の“根っこ”にあるものを再現するなら僕しかいないという自負はありました。それで、読み切りではなく連載ということで引き受けたのです」

(転載ここまで)


このブログでも何度か触れてますが、生まれて初めて"自分で意識して"買ってもらったコミックスは『キャプテン』の10巻です。
何度も何度も読み返し、やがて『キャプテン』の他の巻も読み、月刊少年ジャンプの連載も読み、日生ファミリースペシャルで2時間アニメになり、それが評判をよんで再度スペシャル&劇場公開、自分が中学生の頃にTVアニメ化…。
おっさんになった今でも、『キャプテン』は自分の人生の漫画ベストテンに常に入っている作品です。自分が野球を見る時の基本が詰まっていると言っていい。
それだけに、ちばあきお先生が自ら命を絶ったニュースは悲しくて仕方ありませんでした…。

「高校時代に好きだった陸上部の○島○○子さんはもうとっくに御結婚されてるんだけど(同窓会名簿で苗字が変わってた)、今度会う機会があるのでかなり心が動揺している」
…自分の現在の心境を表すと、こんな感じでしょうかねえ。○島さんと今会っても仕方ないんですが、会えるもんなら会ってみたい。でも会わない方が記憶の中の○島さんを上書きしないで済む…。そんな感じ。
この続編報道はホントにいろいろと悩ましいのです。
とにかく、まずツッコんでおかねばならないのは………これ『キャプテン』ではなく『プレイボール』の続編ですよね。記事を書いている奴は近藤…いや混同してます。
『キャプテン』は墨谷二中を舞台に、谷口→丸井→イガラシ→近藤という4人のキャプテンの有り様を描いていく定点観察的な漫画。最後は近藤キャプテン率いる新チームが、春の選抜で大健闘のベスト8までいって敗れるものの、墨谷二中の前途は明るいことを示唆しつつ終わりました。
『プレイボール』は人気キャラクターの谷口クンが墨谷高校に進学し、指の怪我で断念していた野球に再度取り組み、それに引っ張られて弱小だった墨谷高校が少しずつ強くなっていく様をじっくり描いた漫画。いわゆるスピンオフです。
丸井は墨谷高校への進学に失敗したものの、谷口さんへの恋慕を募らせ、編入試験まで受けて強引にやってくるし、翌年はイガラシも入学してくる。墨谷二中を苦しめたライバルも墨谷高校に進学してくる。さあ…谷口キャプテン3年最後の夏へ……というところで中断的に終わりました。
上記の記事を読む限り、今回描かれるのは『プレイボール』の続編となります。
(どっちかというと『キャプテン』の続編を描いてほしかったなあ)
ちばあきお先生、41才で逝かれたのか…。

あまり知られてないかもしれませんが、『プレイボール』は2005~2006年に2期26話でアニメ化されてます。まあ、正直なところ…不満の残るアニメでしたけどね。
超名曲「君は何かができる」を流用するのはいいものの、どこぞの若造グループが軽い声とアレンジで歌いやがるし。無論アニメ化出来たのは途中まで。
高校生の谷口と、中学生の丸井イガラシがちょくちょくつるんでいるのも違和感あったなあ。いつも鯛焼き屋で、そこの親父の声が元近鉄の梨田昌孝(こんにゃく打法)というのも…。
おっさん向けファンサービスで、谷口1年時の墨谷高と、丸井キャプテン時の墨谷二中の練習試合をやったのは評価してるけどね。原作で一度も交わらなかった谷口と近藤の邂逅はニヤニヤさせてもらいました。

『キャプテン』も『プレイボール』も未完故に想像の翼が広がる面がありまして、それを支えるキャラクター設定の妙に感心させられます。
谷口は素人に毛の生えたような実力だったのに、責任感と猛練習で一流選手になっていくのだが、鈍感なので細かい事は参謀役がいないと成り立たない。新聞部の取材に「頑張る」しか言えない。
丸井は頑固で短気で、おまけに谷口を崇拝し過ぎていて融通が利かない。およそ上に立つ人間じゃないんだけど、周囲がそれを支える。案外繊細で面倒見は良い。高校進学後も後輩を叱咤激励しに来る。
イガラシは才能と努力を兼ね備えているクールな天才肌だが、下の者の気持ちには無頓着。目的の為に全てを集約しようとして、容赦なくふるいにかける。春の選抜辞退の要因。
近藤は小学生の頃から豪腕とちやほやされたので、自己中で我慢が利かない。それを丸井が蹴ったり、イガラシが辛抱強く諭してきたことで若干成長する。イガラシを反面教師にして部員を切り捨てない。
その他、主だった部員、対戦校の面々にも細かい味付けがしてあり、試合中にふとそういう面が顔をのぞかせるのがいいんですよね。
あと、独特の言葉遣いと言い回し。曽根が北戸中のエースからヒットを打った時の「鉄のタマじゃあるめえし」とか最高ですよ。
こういう、ちばあきお先生でないと出せない魅力の部分を、果たしてコージィ城倉は書けるんでしょうか。

人選としては、コージィ城倉は正解でしょう。
水島新司御大はその昔、『キャプテン』のような漫画は描けないから岩鬼や殿馬を出したと公言してましたし、あだち充先生だと…女の子が出てくるわなあw。「ムフ」
ただ、コージィ城倉は他にも仕事を抱えてるし、『砂漠の野球部』『オレはキャプテン』で高校野球ネタはかなり使っただろうし、ちばあきお先生の雰囲気を持つ筋書きを書けるのか…が不安。
まあ、誰が描いたって不安なんだけどね。
しかし…本宮ひろ志がお友達だったのかあ。そりゃあグランドジャンプの編集が飛んでくるよなあ。平松伸二先生の自伝漫画でも、平松伸二先生とゆでたまご先生の対談でも、本宮ひろ志先生は恐かったと言ってたしなあ…。

グランドジャンプは愛読してますし、この『プレイボール』続編ももちろん読みますけれど、期待していいのか斜に構えた方がいいのか、正直困っています。
師父ことブルース・リーの映画『死亡遊戯』は、クライマックスの十数分間に出てくる本物のブルース・リーを見せるために、そっくりさんとチープな合成を駆使してでっち上げた愛すべきバカ映画です。
さて、この『プレイボール』続編は…愛すべき漫画になるでしょうか。
今んとこ不安の方がデカいですねえ…。好きだった女の子はどうなっているのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
2017/02/26 Sun. 05:32 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

プレイボールですか

 記事で見ましたがキャプテンではなくプレイボールの続編なんですね。

 プレイボールは谷口の先輩たち(田所、中山、山口、山本など)のキャラクターが好きだったので、続編といわれてもあまり食指が伸びないですねぇ。いいかげんな先輩あっての「プレイボール」だと思ってますので。谷口ー倉橋のバッテリーなら、そりゃいいとこまで勝ち進むでしょうが、甲子園というイメージはないですね。佐野の入った東実との戦いは見たいですが。画風はともかく、野球観が違うような気もしますがそのあたりはどうなんでしょうかね。

 
 

突然段ボール #- | URL | 2017/03/01 01:36 * edit *

>>突然段ボール様
中山さんはメガネなのに武闘派というw。
おっしゃる通り、プレイボールはあの先輩達が魅力的でしたよね。半田くんはどうなるのだろう…。
まあ、動かしやすいのは丸井でしょうから、江田川の井口と絡ませるのが基本線でしょう。イガラシも同級生の井口相手だと素が出るようですし。
倉橋負傷で捕手谷口が1年をリードとかいう事態があってもいいかも。
春の時点で墨谷高校はベスト8レベルの実力だったと思うので、それをどう底上げするかが難しいでしょうねえ。
ま、期待しないフリして読みます。

メテオ #- | URL | 2017/03/02 09:24 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/2241-4c96d418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)