09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『新しい家』 

今回は2話『新しい家』。本当はもう少し早く仕上げるつもりだったんですが、気持ちも沈んでましたので。

まずは今回から、アバンで王妃様…というかナレーションのモノローグが入ります。コメットを信頼し、見つめている王妃の視点であり、コメットが一応の目的を持って地球にやってきた異邦人である事をこちらが意識する為のナレーションでもありますね。
OPのイントロで子供達が「コメットさーん!」と呼び掛けて、コメットが「はーい!」と返すのも今回から。
Aパートでいきなり、カスタネット星国の王女メテオ登場。前回は顔見せ程度でしたが、基本的にはライバルキャラクター。お付きの侍従長ムークと掛け合い漫才をしつつ、コメットの後を追って地球へ向かいます。
さて、前回、鎌倉(のような)駅前で途方に暮れていたコメット。双子の幼稚園児ツヨシ君とネネちゃん、そして沙也加ママと運命の出会いをします。
で、この恐ろしくフレンドリーな藤吉家の好意に従い、ホームステイという形で住み込む事となります。ホームステイの許可の為、ノリノリでTV電話越しに一芝居うつ王妃が実にラブリー。
ツヨシ君とネネちゃんには、ラバボーの存在や星力の事も隠さず、これからこの3人が、いろんな体験を通して絆を深めていく事となります。ラバボーを使った星力チャージ、そして変身もここで披露。
一方、メテオは多少のコントをやりつつも、周辺で最も豪華な風岡家の老夫婦に、星力で強引に記憶操作して住み着くこととなります(ラストシーンのメテオが悪そうw)。メテオの星力の強さが印象的な場面ですが、後々この老夫婦の過去が明らかになると、別な意味が出てくる場面でもあります。

ポイントとしては、メテオさんでしょうね。一方的にコメットさんをライバル視するカスタネット星国の王女。オチ担当かというとそうでもなく、星国の王女としての自覚はコメットさんより強く(母親がスパルタだからw)、素直じゃないけどいい娘なんですよお! …おっと、ここでは極力私情は排除して書いてるんだった…。
天然ボケ系のコメットさんとの関係は、以前も書きましたが『魔女っ子メグちゃん』のメグとノンの関係に近いですね。ノンほどのクールビューティではありませんが。
ライバルとして、オチとして、王女として、多感な女の子としてのメテオさんに御期待ください。
関連記事
スポンサーサイト
2010/12/02 Thu. 05:22 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/245-251200f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。