07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『萌え燃え征夷大将軍綜覧』 

…というタイトルの書籍を、先日買いました。

自分は歴史大好きなので、以前はよく歴史関係書籍を購入していたんですが、最近は減りました。これは歴史関係書籍に限った話ではないのですが、ネットで調べるのが主流という時代になってから、面白い本が少なくなったと痛感しています。歴史、映画、雑学、アニメなど、以前はそそる本がたくさんあったのになあ…。

ここ数年いろんな分野で、無理矢理萌え絵で擬人化した挿絵をつけて、ウンチク本が出版される事が増えました。
自分も幾つか買ってます。『女神大事典』とか、『元素辞典』とか。元素の本は、ハッキリ言ってAnAn対策ですw。生まれて初めて元素なんぞの本を買いましたよ。
正直言うと、擬人化萌え絵は…すごく邪魔なんですがねw。そういうリスクはありますが、知りたい、興味がある事柄が過不足なく書いてあって、結構評価できると思ってます。
どうせ萌え絵をつけるんなら、質を上げてくれると嬉しいんですけどね。

で、今回買ったこの本。日本史で征夷大将軍に任命された全員を解説するのが売り。自分としては、平安時代の、征夷のために任命された方々や、鎌倉時代の宮将軍、室町時代・江戸時代の中後期の将軍といった馴染みの薄い方々の知識を得たいというのが大きかったですね。
内容的には、確かに全員に触れ、略歴や主なエピを載せてあって、勉強にもなるし役に立つと思います。これで萌え絵さえ無ければ、もう少し深い所まで載せられたのでは…とも思いますがw、それを言っちゃあおしめえよ…という所ですか。
坂上田村麻呂、源頼朝、足利尊氏、徳川家康など、あきらかに他の人よりページ喰いそうな人物でも、コンパクトにまとめてあまり差が出ない仕様なのは好印象。
それと…これも言ったらアレなんですが、テーマ的に無理に女の子にしなくても良かったと思うんですけどね。かえって腐女子を視野に入れた絵柄の方が良かったのでは?

なんだかんだで、役には立つ本です。

イーグルパブリシング社・1500円(税別)
関連記事
スポンサーサイト
2010/12/05 Sun. 03:43 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/249-476fb833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。