09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2010年のアニメ総括(不満の方) 

見ていて「なんだかなあ…」と感じる事の多かった作品を。

◎『れでぃ×ばと』
キャラクターを景気良く脱がせた…だけの作品と言ってもいいでしょう。2大ヒロインの片方、セルニア・伊織・フレイムハートは典型的ツンデレとして機能していたものの(髪型もインパクトあったしw)、彩京朋美は腹黒いという設定が活きていなかったですね。上流階級が通う学校という事で、演出がまったりしていたのも逆効果だったと思います。

◎『バカとテストと召喚獣』
テストの点数で勝負すれば良いものを、何故いちいち召喚獣で勝負するのか…という部分に最後まで馴染めませんでした。これは原作設定の問題ですから、アニメを批判するのはお門違いですけどね。
演出も全体的に軽いのが、いまひとつでした。ヒデヨシのキャラクターも好きではなかったですし。

◎『ダンス・イン・ザ・ウ゛ァンパイアバンド』
吸血鬼ものは個人的に食傷なもんで、すっごく冷たい目で鑑賞してました。吸血鬼という偉大な設定はさぞ使い易いでしょうが、それが足枷になって、大概似たりよったりの話になってしまうんですがね。
怪物くんのドラキュラ、ときめきトゥナイト、吸血鬼ハンターD…、そろそろネタとしての融通は効かないんじゃないですか。数年前のラノベがやたら吸血鬼ものが多くてあきれた記憶もありますし。
格ゲー『ウ゛ァンパイア』シリーズが、吸血鬼のデミトリを主役格でスタートしながら、続編からはデミトリは影が薄くなってしまったのが吸血鬼の現状だと思いますよ。

◎『Kiss×sis』
まあ、なんというか…。どの辺で盛り上げたいのか、ちっとも分からなかったですね。原作がぢだま某なんで、あえて薄味に演出したのかもしれませんが、同じぢだま某の『ファイト一発!充電ちゃん』がメリハリがあって楽しく見れたのと比較すると、なんかもったいない気がします。
リアルに姉がいる自分としては、「はいはい、妄想乙です」とぬるーく見てましたです。

◎『ハイスクール・オブ・ザ・デッド』
前述の吸血鬼ほどではありませんが、ゾンビというのもそろそろストーリー硬直化の代表になってきてると思います。まあそれ以前に、この作品のストーリーには何の感銘も受けなかった訳ですが。
ゾンビと戦うなら、例えば映画『エイリアン2』のような作戦立案や緊迫感を見せてくれよと望みます。

◎『俺の妹がこんなに可愛い訳がない』
妹がちっとも可愛くない、それに尽きます。脚本とかは結構いいと思うのですが。いろいろと残念な作品。

◎『百花繚乱サムライガールズ』
鳴り物入りで始まったんでマメに見てますが…。まず、登場する人物の選択基準が分からん! 徳川千姫、服部半蔵、柳生十兵衛、直江兼続、伊達政宗、真田幸村、ダルタニアン、後藤又兵衛…。目茶苦茶やん! 『一騎当千』は半笑いで楽しめますが、これは謎過ぎて楽しめない。
さらにストーリーが全く見えない。毎回見てても???状態。結局「墨がいい仕事してんなあ…」しか印象に残りません。
あと、背景が自己主張し過ぎ。キャラクターが背景の中に埋没してしまって、非常に見づらい。目が疲れます。
なんか、この冬一番のガッカリ作品ですね。食材だけ揃えて、調理放棄といった感じです。

◎ひめチェン!リルぷり!
キッズアニメに文句をつけてもしゃあないんですが、中の人が恐ろしく棒で、感性がおかしくなりますw。『めちゃモテ委員長』にも凄い棒がチラホラ出ますが、こっちは主役だからなあ…。『めちゃモテ委員長』ほど自信溢れるかっ飛び演出でもないし。

◎神のみぞ知るセカイ
むう…、放送中だから何とも言えないけど、どの辺に感情移入すればいいんだろう。困った。


まあ、こんなとこですね。
見る術が無い作品(ハートキャッチプリキュア、ジャイアントキリング、アマガミ、ストライクウィッチーズ2など)や、なんかスルーした作品(けいおん!!、エンジェルビート、デュラララ、迷い猫オーバーランなど)など、まだまだ見てないものはあります。こんな事では、カルアみるくさんに勝てないぞw。
あと、今年の作品じゃないけど今年見た作品にも、次で触れておきます。
関連記事
スポンサーサイト
2010/12/07 Tue. 16:41 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

神のみぞに関しては原作の方が何かとテンポ良いし間違いなく面白いよーあと桂馬かわいい
感情移入は自分が気に入った攻略相手なりキャラを見つけないと難しいと思うよ
とりあえず桂馬に度々見え隠れする人生観とか人間性の揺れを追いかけるのが面白い作品だね
序盤と中盤の主人公を比べるだけでも大分良い方に変化してるのが分かるよ

あ #- | URL | 2010/12/07 18:54 * edit *

No title

>>あ様
コメント有難うございます。
なるほど、そういう推移を楽しむものですか。気に入ったキャラクターを…というのは、何事にも通じるものでもありますね。
演出自体は悪くないと思っていますので、その辺を意識して見ていきます。

メテオ #- | URL | 2010/12/07 23:56 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/252-61c7acd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。