09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

斎藤佑樹フィーバー 

スポーツニュースは連日の斎藤佑樹自主トレ報道。
なんにせよ話題があるのは良い事です。この過熱報道を隠れみのにして、他球団も含め斎藤以外のルーキーが伸び伸びと堅実に身体作りできるのであれば、それはそれで野球界の為です。

気になったのが、まるで今回のフィーバーが史上最高であるかのような報道ですね。若い方から見れば、自主トレの段階でここまで報道されるルーキーは珍しいかもしれませんが、こちとらおっさんなのでw「おいおい、嘘はいかんなあ」とTVに突っ込む事しきり。
さすがに太田、島本、定岡フィーバーは記憶にありませんがw(後にミユキ野球教室あたりでフィーバーの状況は見ましたが)、定岡フィーバーは球団が巨人だった事もあって強烈だったと聞いてます。
記憶にあるのは、まず江川フィーバー。江川自体の素材の凄さもさる事ながら、阪急、クラウン→西武を頑なに拒んだ揚句の”空白の一日”、政治家やコミッショナーを巻き込んでの大混乱、阪神とのトレードでの巨人入団、それによって好漢・小林繁が阪神へ…という、脚本家にも書けないドス黒いいきさつ。ペナルティーで6月までは一軍登板できないにも関わらず、自主トレ、キャンプとスポーツ枠を越えた連日の江川報道でした。まるで堕天使扱いでしたがw、それに対する大天使・小林繁も連日報道されてましたねえ。
次は、純粋にアイドル的な盛り上がりを見せた荒木大輔フィーバー。自分が知るフィーバーでは、最も凄かった印象があります。5期連続甲子園出場、最高は1年夏の準優勝(決勝は横浜の愛甲猛に投げ負けたんですよね)、甘いマスクのハンサムボーイ、早稲田実業という印象の良い高校。優勝できなかった悲劇のヒーローぶりも人気に拍車をかけてましたね。80年代という時代も、高校野球最盛期でしたしね。ヤクルト入団後は一転苦労人となっていく訳ですが、アイドルとしては最高クラスでした。
池田高校の面々(畠山、水野)は実力はあれど野暮ったい雰囲気があって、フィーバーにはなりませんでした。
あまりにも実力が抜きん出ていてフィーバーになったのが、清原、桑田のいわゆるKKコンビ。5期連続甲子園出場で、優勝、準優勝、準優勝、ベスト4、優勝という史上空前の成績、甲子園13本塁打(清原)、甲子園20勝(桑田)という個人記録の物凄さ、アイドルではなく怪物として入団する雰囲気に溢れてましたね。清原は1年目から、桑田は2年目から才能を開花させ、本物の怪物である事を証明しました。
野茂は8球団指名など話題ではあったものの、自主トレ、キャンプの時点では特にフィーバーはありませんでした。野茂が一気にスターダムにのし上がるのは、4月末の一試合17奪三振と、そこからの二桁奪三振試合連発という実力によってです。
久方ぶりのフィーバーは松坂大輔。甲子園春夏連覇、ノーヒットノーランの実績と、愛嬌のある童顔、横浜高校というお洒落感、西武という爽やか強豪感も手伝って大フィーバー。ニッポン放送の某番組で松坂が買い物したコンビニのレシートまで読み上げてたのには、結構カチンときましたw。スタジオにいた佐々木主浩(当時横浜)が「それはいけない」とたしなめたので溜飲は下げましたが。松坂の大輔という名前が、荒木大輔由来というのも時の流れを感じました。
田中マーくんは実力は申し分なかったものの、早稲田進学の斎藤佑樹(当時ハンカチ)の甲子園での印象の陰に隠れた感があり、しかも楽天だったのでフィーバーにはなりませんでした。顔もアイドル系じゃないしね。それが幸いして1年目から実力を発揮する事になる訳ですが。

こう振り返ると、斎藤佑樹がもし高卒でプロ入りしていたら、今以上のフィーバーを生んだかもしれませんね。大学野球というのはレベルがどうであれ、フィーバーを支える一般ファンにはなかなか響かないものですし。今のフィーバーは荒木大輔先生に較べればまだまだですよ。
ともあれ、斎藤が実力を持ったアイドルである事に異存はありません。ダルビッシュという、これ以上無い生きた見本もいるんですから、アイドルのまま活躍し、野球人気を盛り上げてくれればいいですね。
関連記事
スポンサーサイト
2011/01/24 Mon. 19:59 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/295-9df94e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。