09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

不世出の大物脇役、長門裕之 

また訃報…。今回はまた、自分にとって超弩級の訃報になりました。
長門裕之さんかあ…。俳優数いれど、この人ほど演じる役柄の振り幅のデカい俳優さんはいないです。

自分の人生でのドラマ第2位は『スケバン刑事2』なんですが(白い巨塔からえらい落差ですいませんw)、あの暗闇警視役こそ長門裕之の真骨頂。胡散臭いのに威厳と説得力があるという、あの手のドラマには欠かせない個性っぷり。清濁併せ飲む雰囲気がありました。
映画『連合艦隊』や、年末時代劇大作『白虎隊』のような、滅びの美学を描いていくタイプの話でも、いい芝居をしてましたねえ。こういう場合は胡散臭さが抜け、職人的な演技が出来るんですよ、この人は。
刑事ドラマ『特捜最前線』で、たまに出て来る警視庁の眠れる切れ者、蒲生さんも印象深いです。普段は警視庁の閑職にいるんだけど、迷宮入りしそうな事件に対し、突然覚醒して謎解きをし、キビキビ動いて事件を解決すると、また怠惰な日常に戻るという、『こち亀』の日暮のモデルのようなキャラクター。怠惰な時とキビキビしてる時の振り幅が実に長門裕之。

大映ドラマの”赤いシリーズ”や『少女になにがおこったか』、『スチュワーデス物語』などに出ると、胡散臭い、憎まれ役を演じる。
文芸大作や渋い邦画に出ると、渋い、苦労を重ねた演技をする。
大河ドラマや時代劇大作、B級時代劇でも存在感を見せ付ける時代劇俳優でもあり、都会的でもあり、田舎芝居も出来て、刑事も犯人もこなせる。
(石原裕次郎が大手術の後で『太陽にほえろ』に復帰した回の、犯人役が長門さんでした。おそらくお祝いだったんでしょうねえ)
『サラリーマン金太郎』、『水戸黄門』(山野辺兵庫まで演じたねえ…)、『ケータイ捜査官』、『池中玄太80キロ』、『どんと晴れ』、『相棒』、『プロゴルファー祈子』、『真田太平記』、『私鉄沿線97分署』………。
とにかく、ジャンルも役柄も問わず、いろんなドラマ・映画で存在感を見せ付けたバイ・プレイヤー。こういう大物俳優というのは、この人しかいないんじゃないですかね。
映画黄金期も、TV黄金期も知っている貴重な方だったと思います。

もう一つ、忘れられないのが、TVのバラエティー出演は南田洋子さんと必ずセットだった事。
自分が小さい頃にやっていた『東芝特ダネ登場』では夫婦で解答者を、『ミュージックフェア』では夫婦で司会を、その他の単発バラエティーや年末年始特番の類でも、必ず夫婦でゲスト出演されてました。CMも夫婦でやってましたね。いくら”おしどり夫婦”とはいえ、そこまで徹底して夫婦同伴というのも珍しい気がします。
大物俳優と大物女優の夫婦が同時にTVに出ている事で生じる上流感覚とでも言うのでしょうか。そういう所が重宝されたんでしょうね。
”長門裕之・南田洋子夫妻”というのは、もはや一つの単語でした。”高島忠男・寿美花代夫妻”とか”アントニオ猪木・倍賞美津子夫妻”とか”宇崎竜童・阿木燿子夫妻”とか、夫婦でTVに出る事が華やかだった時代の、………終焉。今や夫婦でTVに出るのは、林家ペー・パー子さんと漫才師くらいでしょう。

先日亡くなられた児玉清さんとは奇しくも同い年だったそうですが、経歴もタイプも全く違う、名優でした。
そういえば南野洋子がめでたく結婚したのを見届けたんだなw(まあ長門さん本人はあの役に別に思い入れ無いだろうけど)。
さようなら、暗闇警視。さようなら、仕事を選ばない大物俳優。
関連記事
スポンサーサイト
2011/05/23 Mon. 06:35 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/418-0e762ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。