07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『よいこの黙示録』に感じていた事 

さきほど、仕事帰りに雑誌『イブニング』を立ち読みしてきてですね…、結末を見届けてきました。
連載中だった漫画家、青山景さん逝去への追悼文と、『よいこの黙示録』の連載終了という一文を。

雑誌『イブニング』は、山本直樹の『レッド』をきっかけに読むようになり(ミッシングリンクですね)、『夢幻の戦艦大和』や『のりりん』、『しばちゅうさん』など、今では読む漫画も増えているメイン雑誌の一つです。
で、その中で…「あ、この人…画が上手いなあ、俺好みだ」と思って読み出したのが『よいこの黙示録』です。
余談ですが、自分は結構絵柄に好き嫌いがあります。『イブニング』誌でも、日本橋ヨヲコの『少女ファイト』は大の苦手。バレーボール漫画は好物なのに、あの独特の輪郭線の太さは耐えられません。高田裕三の『キャプテンアリス』、石川雅之の『もやしもん』も苦手ですね。まあ、『キャプテンアリス』は目は通していますが。
話は戻って、画が気に入って読み出した『よいこの黙示録』ですが、絵柄ではない部分で目が離せなくなっていきます。その整った絵柄と裏腹に、非常に…闇のある、気分の引きずり込まれるダウナーな漫画だったのです。

『よいこの黙示録』の内容を簡単に触れると、ちょっとドジだけどやる気はある、小学校勤務の若い女性教師が一応の主人公。担任しているクラスに、可愛い外見で無口な女の子がいて、その女の子を中心にちょっと不思議な出来事が続くようになる。それを利用して"宗教"を起こそうとするやり手の男の子がおり、主人公が流されるままに片棒かつがされたりして、次第に"宗教"が周囲に浸透していく…というもの。
時折、主人公の女性教師の着替えとか下着姿とかの読者サービス的なものはあるものの、そんなものでは誤魔化せないくらい読後感が微妙…というか、闇を感じたんですね。
"宗教"を扱った漫画というと、たかもちげんの『祝福王』がありますが、『祝福王』は主人公が教祖となっていく課程がしっかり描かれた傑作であり、一般的でなかった宗教法人の内幕を、一部とはいえ扱った点でも読み応えがありました。今でもコミックス大事に持ってます。
『よいこの黙示録』の場合は、その引きずり込まれる感覚が独特で、いつも「…うーん」という感覚で終わってました。故に目が離せない漫画になっていたという。「この作者、こんな絵柄でよくこの話を描こうと思ったなあ」と常々思ってました。
この夏にコミックス1巻が発売され、もちろん買って再度最初から目を通したんですが、どうにも読後感が悪い。怪奇や恐怖ではなく、"漠然とした不安"のような闇ですね。せっかく買ったコミックスでしたが、「作者には申し訳ないが、この本が部屋にあると不安だし…」と、片付けついでにブクオフに持って行きました。『イブニング』誌上では引き続きチェックしていくつもりでしたが。

そして…前号の『イブニング』掲載の『よいこの黙示録』を読み、「相変わらずダウナーな漫画だな」と思って…数日後。2ちゃんねるの芸スポに目を通していて、"漫画家の青山景さん自殺"というスレタイを見て固まりました…。同時に「あの漫画の闇は、作者の心の闇か…」と妙に合点がいったのも確かです。
スレを追っていくと、作者が「やり残した事はあるけれど、思い残す事は無い」という遺書?めいた言葉を遺していたらしいとありました。何かの境地に達していたのでしょう。
ただ、あれだけの画力があり、『イブニング』という大きい雑誌に連載を持っていた方が、こういう結末を選んだ事は実にやるせない。不謹慎な言い方ですが、その画力を俺にくれ!とも正直思いました。画が下手な人間からすれば、画が上手い方は神様なんですよ。
そして、あのクラスに生まれた宗教が、どのように育って拡散していくのかを見せてほしかった。コミックスはともかく、最後まで見届けたい漫画だったのに。

『よいこの黙示録』は未完となりました。2巻の発売も無いでしょうし、今更1巻の再入手も難しいでしょう。
あとは「いい画を描く漫画家さんがいたんだがなあ…」という自分の記憶、これだけは大事にします。
関連記事
スポンサーサイト
2011/10/26 Wed. 06:35 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/480-54a99e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。