09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

横浜が下げ止まらない理由 

さきほどコンビニで雑誌の立ち読みをしていたら、横浜ベイスターズの長期低迷の理由を探る特集があったんですね。
キャッチャーを軽視(谷繁退団後は特に)している事、編成が素人丸出しな事、練習が時間も密度も薄い事、"染まる"空気が蔓延している事など、どれも納得出来る考察がされていました。
で、OBからの意見として、かのインテリジェンスエース・遠藤一彦さんのインタビューが載っていたんですね。写真を見ると、幾分老けたなあとは思いますが、ちょっとタレ目の柔和な御尊顔は確かに遠藤さんです。「おお、懐かしいねえ」。
遠藤さんは現在の横浜ベイスターズの状況をかなり歯痒く思われているようで(当然でしょうけど)、問題点を挙げ、どうしたら良いかという考えを切々と述べていらっしゃいました。もし、監督に…という依頼があったならば、全てを投げうってでも馳せ参じたいと語る遠藤さん。その記事の最後に…

『遠藤一彦・鎌倉市観光協会専務理事』

えええええ! 遠藤さん、今球界に関わってないの! なんでほっとくの! と、とりあえず『コメットさん☆』をよろしくお願いします(こらこら)!
なんでだろう…と思って、すぐに合点がいきました。大洋ホエールズは無くなったんですよね。
横浜ベイスターズは大洋ホエールズではあるんだけど、大洋ホエールズを切り捨てる事で生まれた球団でもありますから、大洋ホエールズOBには基本冷たい。山下大輔が監督になったけれど、あれは阪神における中村負広と同じ幹部候補生だったから、積極的にホエールズOBを起用した訳じゃない。負広みたいに二軍監督として経験を積んだ訳でもないしね。
西鉄ライオンズOBが、西武ライオンズからはとことん無視されているのと同じで、前の親会社の時代の選手は起用されないのでしょう。
西武ライオンズの根本さんみたいな辣腕編成がいるならそれでもいいんですが、横浜は年を追うごとに球団経営が素人になってきていますからねえ。せめてOBからの支援があれば…。遠藤さんなんかうってつけな気がするんですがね。高木豊も呼ばれないし。

これでまた親会社が変わったら…どうなるんですかね。
関連記事
スポンサーサイト
2011/11/16 Wed. 04:23 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/511-e2b9271a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。