07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2011年、第1位『CRブラックラグーン』(タイヨーエレック) 

ブラックラグーンのパチンコが出る、しかもタイヨーエレックから…と聞いた時は、「お、メーカー的には悪くないぞ」と期待感が出ました。
タイヨーエレックというメーカーは、タイアップ機種を作らせると実に上手く手堅い。『CR萌えよ剣』や『CRサムライチャンプルー』は稼働好評で続編も作られましたし、『CRフルメタルパニック』の恐ろしいスペック、『CRギャラクシーエンジェル』の完全なるエヴァセカンドインパクトオマージュ(笑)など、何かやってくれるメーカーです。地味に終わったのは『CRBLOOD+』くらいじゃないですかね。
原作を大事にしてくれて、高尾のように濃い味で人を選ぶ事も無い。さて、ブラックラグーンという素材をどう料理するのか。

初打ちは、戦国乙女2でボロ負けした直後。投資3Kほどでサクッと確変、負け分をちょいと取り戻させてもらったという、いい出会いでしたw。
それから戦国乙女の合間にちょくちょく打ってましたが、打てば打つほど味が出るスルメ台。しかも相性がいい。これは…と次第に本格的に取り組み始めます。
今は、4パチからは無くなって1パチのみに存在してますが、休日に開店直後から閉店直前まで打ち続けても(ダメ人間w)、全く飽きないという恐ろしい出来の良さ! 「これはいいパチンコですね」(ロック)。

まず言えるのは全体的なテンポの良さ。変に間をとらず、演出・予告を畳みかけてくるのは打っていて気持ち良いし、素材に合ってます。
鍵となるのは先読みですが、保留変化はほとんど関わってきません(一応あるけど、当たりにはほぼ絡まない)。ライター炎予告が先読み発生の合図なので、現在の保留数を目で確認する。大体は2個先の保留で何かが起こる事が多いので、あとはライターの炎が青より上…緑・赤・虹になってくれる事を願います(もし3個先の保留まで先読みが続けば実戦上全て当たり)。安易に保留変化を使わなかった事で、通常時に退屈しない仕組みになっていて実にグッド。
また、たまにチャッカー入賞と同時に"ピュイッ"と音がする事があって、その保留で当たるかもしれないし、リーチすらかからないかもしれない。ボーっとせずに保留をキチンとチェックさせ、いい意味での緊張感を持続させてくれます。
擬似連は3連激アツ、4連確定というシンプルスタイル。擬似連続行のNEXT図柄の格好良さは特筆モノです。1連ごとに羽根が舞うエフェクトがかかり、これも青緑赤虹の法則があります。赤が出て外れたら、しばし呆然ですねw。
また、2連でテンパイした…と思わせといて、一瞬後にNEXT図柄が止まってドクロが吠える演出は最高です。思わず手に力が入ります。
擬似連3連でも、外れる時はエフェクトの色などの要素が弱いままなので、盛大な釣りは滅多にありません。
モード移行は『ギャングスターパラダイスモード』(日本編)と『フェアリーテイルモード』(双子編)の二つがあり、どちらも突入時にカッコいい映像が入ります…が、肝心なのは2Rランプが着くか否か、だけですw。着いたら、コーヒーでも買ってきて浮き立つ心を抑えながら当たりを待てば良いのですが、まあほとんどはガセです。

リーチについては、基本はVS系。VSロベルタ、VSEO社、VSルアク船団の順に熱くなりますが、予告が弱ければ前半止まり。ある程度以上の予告で後半に発展しますが、それでも…まあ外れます。ただテンパイラインが4ラインになればロベルタでも当たる、というバランスは素晴らしいですね。
もう一つはストーリー系リーチ。これは通常時に"ラグーンチャンス"から突入。ロック、ミスター張、バラライカ、???の4種類ありますが、当たるためにはバラライカ様必須です(実戦上7分の6)。ホテルモスクワの一員である自分としても嬉しい限りですね。ちなみに、ロックとミスター張で当たった事は…いまだにありませんw。
弱予告からラグーンチャンスに入って、「どうせロックだわ」と気楽にボタンを押したら、???に止まって仰天した事もあります。全回転はその時1回だけですね。
結構楽しいのが、リーチ外れからのブレイクチャンス。ここでボタンを連打して車を壊すと、モード移行を引く事があります。たまに当たりを引く事もあり、「なんだ、当たってんじゃん!」と振り回されるのもまた楽し。
他にも、TVアニメのOPを最後まで流せれば大当たりという演出もあり、これも連打なので、当たらないけど手の運動と割り切って連打してますw。

そして特筆すべきは、落下してくるドクロ役物の爽快感ですよ。ハイパーリーチ発展時に落ちるのを除けば、落ちる=大当たりですから、通常時はほとんど落ちてきません。
まずは7以外の図柄で大当たりを引いた時、「大変だったわね、ダッチ…」とバラライカ様からねぎらいの電話。ここでバラライカ様の「いい事教えてあげる…愉快痛快ってヤツよ」の台詞の直後、ボタンを押して…ドクロ役物が落下してきた時のえもいわれぬ快感は至高です。
確変中はドクロ役物落下=ハイパーボーナスという法則。手を変えタイミングを変え、多彩な落ち方で打ってる自分を虜にします。当たり確定後のボタンで、7Rのレヴィボーナスかと思わせて数瞬の沈黙の後で、回転中に突然など、落下するたびハイパーボーナスを確定してくれます。この落下プログラムを書いた人に国民栄誉賞をやれ。
ハイパーボーナスの時は、「右を狙え!」のかけ声の2秒後、これ以上ないドヤ顔でハンドル全開にするのが楽しくて仕方ありませんw。しかもハイパーボーナス中はOPの超名曲『Red fraction』が流れますから、気分は最高潮ですよ。いや、実に楽しい。

テンポが良く、法則がシンプルで分かりやすく、演出が素晴らしく、各リーチに期待が持て、確変すると出玉が半端なく多い。そしてバラライカ様はあいかわらず凛々しい。
この出来の良さは、いかにもタイヨーエレックの仕事です。昨年のナンバーワン機種『CRサクラ大戦2』と比較してもひけをとりません(そういえば、タイヨーエレックはSammyの完全子会社だったなあ)。
今後も、1パチに存在する限り打ち倒しますよ。つうか、実機欲しいわw。

来年も楽しい機種に巡り会えますように。
長々とパチンコについての独り言を書きましたが、どうかご容赦を。
関連記事
スポンサーサイト
2011/12/14 Wed. 04:15 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

恥ずかしながら打ったことが無いので、やってみます!w
タイヨーエレックは、なんかおもしろいことを仕掛けてやろう、っていう意気込みがあって、いいですよね。当たり外れ激しいですが、ときどき「うおっ!」と思わせるようなスマッシュヒットがあるのがたまりません。

ベラミ #- | URL | 2011/12/14 21:49 * edit *

>>ベラミ様
すいません、戯言に付き合って頂いてw。
『ブラクラ』については、隠れた名機という事になりそうです。原作の知名度がもう少しあれば…。甘デジは似合わないし。
とにかくハイパーボーナスを引ける事を祈っております。出玉自体は北斗剛掌とかと変わらないはずですが、なにせ、こぼしポイントがほとんど無いので、2000発以上は確実に出ます。映像が16Rで2周する長さなのもメーカーの自信でしょう。
確かにタイヨーエレックは当たりと外れが極端ですがw、期待値は高いメーカーだと思います。

メテオ #- | URL | 2011/12/14 22:46 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/546-5e9b8c13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。