07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

川崎はリアル丸井だ 

ソフトバンクの川崎が、イチロー目当てにマリナーズとマイナー契約したニュースは、正直「ふーん」程度の関心しかありませんでした。

◎川崎の背番号が61に決まる。「逆から読めばイチローです!」
(ちょw、それはw)

◎川崎のロッカーがイチローの隣に決まる。
(………はあ、そうですか…)

◎川崎がセカンド守備の練習で、誰もいないライトに向かって「イチロー、僕が取る!」と英語で叫び、首脳陣の笑いをとる。
(………コイツ、…いろいろと大丈夫か?)


という状況になって初めて、川崎移籍が決まった時に、おすぎさん(ソフトバンクと縁が深い)が言った一言
「気持ち悪い」
の意味が分かりましたw。おすぎさんは見抜いてたんだなあ。さすが男心に造詣の深い方だ。

この川崎のイチロー崇拝ぶり、誰かに似てませんか?
自分と前後する世代の方や、野球漫画好きな方なら分かって頂けると思いますが…。
そう、私メテオの"人生の漫画ベストテン"から絶対外れない名作漫画『キャプテン』、そしてそのスピンオフの『プレイボール』に出てくる、あの丸井です。丸井の谷口好きっぷり、崇拝っぷりは、まさに川崎。

丸井は、『キャプテン』のスタート時点から登場している墨谷二中の一年生野球部員です。
転校してきた谷口(青葉のユニ装着ver)の世話を焼き、フォローをし、皆が「本当に青葉か?」と疑いだしてからも、何かにつけて谷口の味方をします(何故そこまで…という気も)。
谷口がキャプテンを引き継いで早々、シートノックが打てなかった時も、素早くフォローw(新入一年のイガラシがあきれていたなあ)。その後、特訓でシートノックをマスターした谷口を見て、丸井の谷口好感度アップw。
谷口体制が安定した頃、才能あふれるイガラシ起用を巡って、丸井を含めた上級生が否定論を唱えるも(これ、今考えてもリアルな反応だわ)、谷口はイガラシを起用。しかも丸井のポジションだったセカンドでw。
さすがに、この仕打ち(谷口も悩んでたんだけどね)には丸井も意気消沈、退部届を胸に谷口宅へ出向くも、谷口は神社で絶賛特訓中。それを見た丸井、心を入れ替え走って帰る。
青葉戦でイガラシが投手として緊急登板、投手としても一流である事を見せつけるも、セカンドはチーム特訓に参加してない控えの丸井。しかし丸井はレギュラーと何ら変わらぬプレイを見せ、密かに特訓していた事をアピール(丸井の丸井たる所以)。
その試合は大奮戦及ばず墨谷二中の敗北。しかし青葉のルール違反により、いきなり決勝として再試合。
再試合への特訓の最中、イガラシの負担を軽くしたいと投球練習を始める谷口。それを不安げに見つめる丸井(心酔状態)。
始まった再試合。両チーム一歩も譲らぬ大熱戦。マウンドで奮闘するイガラシを援護すべく、ブルペンで投球練習を始める谷口。「控えがいたのか…」と動揺する青葉サイド。
その矢先…、ファールフライを追って青葉ベンチに飛び込んだ谷口が、右手人差し指の爪を剥がすアクシデント。イガラシが悲壮な決意で続投。それをファールで潰しにかかる青葉(この辺は、野球の持つ本質的な陰湿さがよく出てました)。
見かねた谷口がマウンドに上がろうとするものの、投げようとして激痛のあまりうずくまる。衝撃の事実「指が折れてる…」。さすがに投手は諦めたものの、それでもサードを死守する谷口を見て、もう丸井の好感度、いや崇拝度はメーター振り切れていた事でしょう。
そして試合は、青葉の監督(グラサン、cv森山周一郎)が最終的にエース佐野に全てを任せ、その佐野を打って墨谷二中が勝利しました。

新キャプテンとなった丸井は、谷口を崇拝するあまり(定期入れに谷口の写真)、全て谷口の決めた路線を踏襲しようとして、チームをガタガタにしてしまいます。剛腕一年生近藤の起用にしても、当初難色を示しながら、イガラシに「でも谷口さんは、一年生の俺を起用しましたよ」と言われ、「そういや谷口さんはそうしたな!」と翻意する始末w。
結局、丸井キャプテン最大の課題は、谷口の幻影からの脱却という事が描かれていきます。強豪36校との練習試合に全勝してチームを建て直し、地区決勝で青葉を再び破りながら、満身創痍戦力喪失での全国大会辞退。丸井キャプテンの時代は終わりました。

終わったのに丸井は以降も度々出てきますw。
谷口が進学し、野球部で頑張っている墨谷高校を受験するも失敗w…。軟式野球部しかない朝日高校への進学を余儀なくされます。
それでも墨谷二中に顔を出し、谷口と自分の大判写真を部室に貼るよう押しつけ、イガラシに「変わらねえなあ、あの人もw」と失笑される始末。
夏には、墨谷二中の合宿特訓に、朝日高校野球部を引き連れ全面協力。そして全国大会にも現れ、ベンチの上でハッパをかける迷惑な先輩wとして君臨。
そして秋。ここで『プレイボール』側に丸井がやってきます。谷口を慕うあまり、猛勉強して墨谷高校への編入試験を突破したのです。即野球部に入部し、夢にまで見たであろう谷口との高校生活が始まります(丸井の努力は買うんだけど、気さくに可愛がってくれた朝日高校野球部の方々が不憫にも感じる)。
編入の新入一年のくせに、古女房のような丸井に墨谷ナインもとまどいますが、いつの間にか諦めたようです。
『プレイボール』で活躍しつつ、丸井は相変わらず『キャプテン』側にも出没、新キャプテンとなった近藤を締め上げます(こんな先輩いやだなあ)。学生服がちゃんと変わっているのが芸が細かい。
また、江田川中のエース井口など、イガラシ世代の実力者を墨谷高校にスカウトして入学させたあたり、人間的な成長も描かれます(少なくとも、井口は丸井より勉強は出来るんだろうなw)。
そして、高校三年生となった谷口の傍らには、当然のように丸井。それが丸井の幸せ。誰も邪魔は出来ないのです。

まあ丸井は、『キャプテン』と『プレイボール』を連結するミッシングリンクであり、キャラクターとして際だっていて使いやすいですよね。その原動力は「谷口さん!」なんだけれどもw。
川崎も、ずっと憧れていたイチローとWBCで一緒に野球出来て、あの決勝の韓国戦、川崎が凡退し、その直後に出たイチローのセンター返しを見て、もう…イッてしまったんだろうねえw。その瞬間の川崎を捉えた映像ないかなw。
今後も、川崎の…ドン引きするような情報がちょくちょく入ってくると思うけど、イチローは『谷口さん』であり、川崎は『丸井』。丸井が墨谷高校まで谷口を追ってきたように、川崎はマリナーズまでイチローを追ってきたのです。丸井なら仕方ないなあ…と生暖かい目で見ていきましょう。

…ちなみに、自分はイガラシ派なもんで、丸井はあんまり…w。
関連記事
スポンサーサイト
2012/02/19 Sun. 03:00 | trackback: 0 | comment: 4edit

コメント

川崎=丸井説

興味深く読ませていただきました。確かに川崎=丸井ですね。ストーカーと言ってもいいくらいだ(笑)

イガラシ「谷口さん谷口さんって、今のキャプテンは丸井さんなんですよ」
丸井「だから谷口さん・・・」
下級生「プッ」(と笑ってしまう)「あっ」
丸井「だったらイガラシ、お前がキャプテンやりゃいいだろっ!」

のくだりは印象に残ってますねぇ。まあ、その後、変則トリプルヘッダーを含めて強豪校相手に36戦全勝し、最終的には全国大会を制するんですからキャプテンとしてはすごかったのでしょう。

イチローがマリナーズを離れる時、川崎はどうするんでしょう。編入、いやトレードを希望するんでしょうか?

ところで、「イガラシ」だけなんで名字がカタカナなんだろ?

突然段ボール #- | URL | 2012/02/19 22:09 * edit *

いやーメテオさんのブログ、凄まじく面白いので、自分のブログの身の振り方を考えないといけない(笑)
スマホで書いてらっしゃるんでしたっけ?
すげー

ベラミ #- | URL | 2012/02/20 01:38 * edit *

>>突然段ボール様
丸井は、面倒見もいいし、なんでも率先してやるタイプなんだけど、最初のボタンを掛け間違う事が多い気がしますねw。それを努力でカバーする。
努力の権化のような谷口を崇拝するのは、当然なのかもしれません。
イガラシは、おそらく『五十嵐』だと読み辛いとか、字面が固いとか、そんな理由なんでしょうね。

イチローがマリナーズを離れる時は、やっぱり川崎も離れるべきでしょうw。マネージャーとかw。

メテオ #- | URL | 2012/02/20 06:15 * edit *

>>ベラミ様
誉められるの慣れてないので、困りますw。有難うございます。
このブログは、AnAnブログと、ぶっちゃけ随筆エッセイブログを両方やりたいという、我が儘な欲望wからスタートしているので、書いていて楽しい事を、出来るだけ楽しく読んでもらえれば、それに優る
幸せはありません。
今回みたいに、川崎と丸井が頭で繋がった瞬間から、書き上がるまでずっと楽しいお題を思いついた時はいいんですが、ネタのとっかかりを見つけるのはなかなか難しいですよ。
スマホは…どこでも文章を推敲できるのが利点ですかね。大半は寝床で書いてますw。コメ返しや下書きは仕事の休憩時間にする事もありますね。

ベラミさんのブログは好きですよ(Twitterも込みで)。思った事を思った時に書くのが一番なので、自分のペースを遵守していきましょう。

メテオ #- | URL | 2012/02/20 06:44 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/614-a51db73d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。