09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

悪いのは『平清盛』ではない 

大河ドラマ『平清盛』の視聴率が悪いそうな。
もう、地上波TVをほぼ見てないので、この大河も全く見てないんですけど、せっかく面白い時代をやっているのに不憫な話だなあと思ったり。時代劇好きとしても気になるところです。

この時代設定の大河というと、
・1966『源義経』…尾上菊之助(源義経)、緒形拳(弁慶)、辰巳柳太郎(平清盛)、加東大介(金売り吉次)
・1972『新・平家物語』…仲代達矢(平清盛)、中村玉緒(時子)、山崎努(時忠)、高橋幸治(源頼朝)
・1979『草燃える』…石坂浩二(源頼朝)、岩下志麻(政子)、松平健(北条義時)、藤岡弘、(三浦義村)
・1993『炎立つ』…渡辺謙(藤原経清&泰衡)、里見浩太朗(安倍頼良)、渡瀬恒彦(藤原秀衡)、村上弘明(藤原清衡)
・2005『義経』…滝沢秀明(源義経)、松平健(弁慶)、中井貴一(源頼朝)、渡哲也(平清盛)、平幹二朗(後白河法皇)
………といったとこですねえ。
あと、無理矢理だけど『風と雲と虹と』(主役は平将門、藤原純友)を含めてもいいかもしれませんね。

よく、戦国時代以外は馴染みが薄いとか言いますけど、10年に1回は平安末期の大河は放送されているのです。
特に『新・平家物語』は主役が平清盛で、平氏一門にスポットがあたる内容だったとか(NHKにもフィルムが現存してないから、見た事が無いんですけど)。豪華キャストによる華やかな王朝絵巻的内容で、後半はその平氏が勃興してくる源氏に押されていく…盛者必衰を描いていったそう。
まあ、この源平の時代をドラマにすると、分かりやすい英雄である源義経か、華やかな平氏にスポットを当てるのが常道ですよね。…してみると、板東政権の成り立ちを緻密に描いていった名作『草燃える』は異質だったんだなあ。

今年の『平清盛』は、キャストと人物相関図を見るに、確かに大河ドラマでは手つかずの時代を描いてますね。
白河法皇はじめ、鳥羽や崇徳といった皇室内部争乱。それに絡んでくる藤原信西や悪左府頼長など摂関家の対立図式、一世代前の源氏と平氏の方々。じつに俺得wだけど、日本史が好きじゃないと馴染みは無い名前ばっかりですねえ。
そして、深夜の先手の取り合い、源氏が生んだ最強武将(ジャパニーズ呂布)の鎮西八郎為朝VS実兄義朝が楽しい"保元の乱"。
さらに、内裏を巡る源平の攻防戦、阿修羅の如く太刀を振るう鎌倉悪源太義平の奮戦及ばず源氏作戦負けの"平治の乱"。
この二大京都市街戦が映像になるのは、初めての事でしょう。ただ…いわゆる源平合戦の、倶利伽羅峠、富士川、宇治川、一の谷、屋島、壇ノ浦といった戦いに比べて、分かり易くはないんですよねえ。

人物も出来事も馴染みが薄い時代を扱うのであれば、オープニングの1分ほどのアバンタイトルでしっかり相関図や事の流れを説明するなり、足りなければ途中にも積極的に説明を挟むのが肝心。
『葵・徳川三代』で徳川光圀(中村梅雀)と腰元(鷲尾真知子ら)との掛け合いによる状況解説がありましたが、ああいうのを使ってもいい訳です。
大半の視聴者には分かりにくい時代背景だという事を、作り手が意識しないといけないでしょう。
あとは、演出と役者の演技なんでしょうけどね。平清盛の悪役イメージ云々は気にしなくていいでしょう。魅力的に描く事が前提ですが。

ただ、身も蓋も無い事を言っちゃうと、昨年の『江』での学芸会で…うるさ方の視聴者を離反させてしまった挙げ句、今年の『平清盛』で初心者に厳しい時代をやるという、ダメ連係コンボを決めてしまっているのが原因じゃないかと思いますけどね。『江』を見て喜んでいたようなアレな方が、平正盛から忠盛、そして清盛へという流れを知ってる訳がないんだし。
そういう意味では、『江』の残した傷跡はデカいよ。大河ドラマの息の根を止めた作品だと思う。

まあ、この際、視聴率を気にしたら負けでしょw。もう上がる要素は無いんだし。
個人的には、鎮西八郎為朝と鎌倉悪源太義平の配役が気にはなりますけどね。清盛よりも年下で、この源氏の血筋が生んだ怪物をやれる役者はいるのかw。『利家とまつ』の前田慶次(及川光博)みたく、うまく変化球で逃げるのか。個人的に為朝は、芝居下手でいいから2mくらいのバスケットの選手とか使ってほしいですね。義平はバーサーカーみたいな奴ね(そんな役者いねえw)。
あとは、清盛が白拍子に夢中になってムフフな描写とか、11月くらいに清盛が熱病で死ぬ時、水風呂に漬けたら沸騰したとか、そういう描写を真面目にやってくれればOK。

ま、つくづく『江』の罪は重いわ。
関連記事
スポンサーサイト
2012/04/24 Tue. 05:34 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

こちらではお久しぶりです。

源平の合戦時代までいけば知ってる、という人も多いでしょうが、
今やってる時代はどうしても敷居が高いでしょうねえ。

ただ、今年の清盛はそこそこ重厚感はあると思います。
天皇家や摂関家のどろどろした抗争の描写もわりと丁寧に描かれてますし。
去年のは3月あたりできっぱり観るのをやめたんですけどねw

あ、ちなみに鎮西八郎のキャストは発表されたようですよ。
舞台中心の人なのかな、期待通りの大男のようですw

スーウェル #- | URL | 2012/04/24 22:41 * edit *

>>スーウェル様
有難うございます、こんな勢いだけの文章に(_ _)。
『平清盛』が大河ドラマになると聞いた時には、内心期待してまして、…でも聞こえてくるのが視聴率低迷ばかりだったので、ちょっと歯がゆかったのもあります。
歴史好きな人間には、やっておいてほしい時代ですからね。
あまり視聴率に惑わされず、評価されるドラマにしてほしいですね。

為朝が出る回は、率に表れない所で視聴者増えるはずw。大男は基本ですね。

メテオ #- | URL | 2012/04/25 05:46 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/682-35cc6c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。