09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『シェルノサージュ』、伝説となる 

ツイッターに登録している方も、自分みたいにROM専門の方も、一度この文字列を検索してみてください。
『C2エラー』
おそらく、おびただしい数のツイートが引っかかってくるでしょう。
このツイートをしている方々は、好きな、やりたいゲームをきちんと実費で買ったにも関わらず、そのゲームに苦しめられているのです。

先日、PS VITA用ソフト『シェルノサージュ』が発売されました。
ただでさえソフトの少ないVITAという事もあり、オタ系を狙った雰囲気のソフト(○○のアトリエシリーズでオタ系に有名なガストが製作)にも関わらず、SCEの社長自ら発売イベントに姿を見せるなど、えらく力の入ったプロモーションが展開されていました。
もちろん、電撃やファミ通などのソニーの息がかかった雑誌や、はちま等のソニー系ステマブログなども、『シェルノサージュ』を必死になって持ち上げていました。
なにせ、この後は6月までたいしたソフトが無いVITAですから、売れてもらわねば困るし、VITAユーザーもこれに期待するしかないのです。
そして、悲劇(ある意味、喜劇)の幕は上がりました。

この『シェルノサージュ』というソフト。ゲームとしては、『アップルタウン物語』や『シーマン』あたりに近いものがあります。
イオンという女性(7次元人だとか、やれやれ)に話しかけたり、コミュニケーションを取ったりは出来るものの、イオンがやっている事を"見る"のが主軸のソフトです。イオンはプレイヤーからの依頼を受けて、妖精のようなものを作ったりして…という流れがあるのですが、その本筋と、イオンをつついたり(タッチパネルだからね)観察したりするマニア的部分の二つが売りな訳です。
そして、このソフト最大の特徴なのが、オンラインで進行していく事。イオンの動きはオンライン管理されているそうで、繋いだユーザーの数だけ、それぞれのイオンが物語を紡ぐ仕様。
これは、VITAの謎機能"3G回線"あるいはWI-FIでの接続を前提にしたもので、そういうソフトを作ってほしいソニーの思惑もあったのでしょう。ギャルゲーみたいなグラのソフトなのに、社長がお祝いに来るくらいですからね。

発売日、早速オンラインに繋いで遊び始めたプレイヤーの方々。数時間もしないうちに、異変が各地で起こります。
まず問題になったのは、『登録IDが10文字までしか入力出来ない』という仕様。
ユーザーIDを登録させてオンライン管理するのは当然の事ですが、IDが11文字を越えるユーザーもたくさんいるのに、10文字しか入力出来ないぞという情報がネット上を駆け巡ります。
この時点で、「このソフトは、デバッグというか、動作テスト的なものをやったのか?」との不安が…。メーカーの対応は、『面倒だろうけど、ID変えろ』でしたw。

ゲームが進行すると、イオンの行動が場合によって支離滅裂になるバグや、壁を見つめたまま動かなくなってしまう等の進行停止バグの発生が報告されだします。VITA本体にスクリーンショット撮影機能がついているため、これらの怪現象の画像も逐一ネット上に上がっている始末。
そしてメーカーのサーバーは、発売日に数時間動いた後、メンテナンスを連発しだします。メーカーによれば余裕を持ってサーバー準備したのだそうですが、現実は数千人規模の接続でバグ大量発生。この時点で「これはもう、相当なバグゲーだな」という認識が広がりました。

それでも頑張ってゲームを進行させていったユーザーから、『C2エラー』の報告が上がり出します。
発生状況は各自マチマチではあるものの、単に再起動でどうにかなるものから、セーブデータを破壊してしまうものまで報告され、ユーザーを神経質にさせます。それでも遊ぼうとするのは見上げた根性ですが。
終いには、『C1エラー』の発生(VITAが起動しなくなる、専用メモリーカード破壊)まで報告されるようになって、もはやゲームを遊ぶというより、地雷原を抜けるかのような阿鼻叫喚、地獄の沙汰。
メーカー公式も『こういう現象が起こったら、こうしてください』『この現象は現在調査中』といった告知が並んで、戦時下のような様相を呈しています。

(以下一部だけ転載)
【公式】鯖混雑中に、3G回線で繋ぐと【高確率】でCONTINUE選択時にC2-12828-1エラーが発生する。
A1、通信ラグ パケロスでアプリケーションエラー起こしてゲームごと叩き落す仕様である事

【公式】サーバーと同期の取れないデータは不正データとして処理される バックアップは認めない
A2、バックアップは無意味 オンラインからの復旧もサポートされない 逝ったらNEW GAMEオンリー

【検証】初回起動後オフラインのみで遊んでいてもC2は起きる
A3、通信周り以外のPG本体も腐ってる疑い

【検証】特定の行動を行うと【確実にバグが起きる】というのは極一部で大半の異常行動はいまだ【原因不明】である
A4、原因行動がわからないためバグの確実な回避が不可能である事
(転載ここまで)

過去には、進行不能バグや本体破壊バグで有名になったゲームはそれなりにあるんですが、今回の『シェルノサージュ』は久々のメガトン級バグソフトです。
デバッグ会社はしっかり仕事をしたのか、それ以上に開発陣はテストプレイをどうやったのか、じっくり聞いてみたいですねえw。
今や、購入者全員がβテスターとして手探りでバグを洗い出している様相で、一種の祭りと化していますw。
…まあ、せっかく買ったソフトでもあり、ここ数年で最大級のバグまみれのソフト爆誕という事で、この流れに乗り遅れるなみたいな部分はあるんでしょうね。
もちろん、バグに見舞われずに一応ゲームが出来た方もいらっしゃるので、単にソフト的なバグではなく、オンライン常時接続による条件発生と、PS VITAというゲーム機の脆弱さ(オンライン、メモリー、OSなど)が絡んでいるのでしょう。なんにせよ3Gはクソ過ぎる。
いずれにせよ、"これしかない需要"のソフトが、ゲーム進行はおろか、下手すると本体やメモカを破壊しかねない地雷だったというのがVITAの不運というか…。

ちなみにこのソフト、ボリュームは薄っぺらで、これから月に一本ずつダウンロードコンテンツとしてストーリーが有料配信されるはずなんですが、最早それどころじゃないでしょうなあw。
バグは出るのに確実な再現性が分かっていないという事は、原因不明な訳ですから、はたして有効なパッチを当てられるのかさえ疑わしいし。
しかも、『○○のアトリエ』シリーズという、作品ごとに萌えキャラクター入れ替えて売ってる印象の、あまり技術の必要無さそうなソフトが主力のガストですからねえ。オンライン常時接続なんてノウハウがあるとは到底思えないんですが。
セガですら『PSU』でやらかし、先日も『サムライ&ドラゴンズ』のサーバートラブルを引き起こしてる状況。真面目な話、『PSO2』はまともに動くんでしょうか…。

プレイヤーが全員βテスターという、新しい遊びを提案(棒)した『シェルノサージュ』。
こんな祭りはそうそうありませんので、参加意志のある方はぜひ前向きに(笑)。VITA本体(投げ売りしてるんで2万円程度)と、専用メモリーカード8M以上(ソニーお得意の独自規格で汎用性は皆無)、『シェルノサージュ』のソフトで参加できますよ。ソフトはダウンロード版でもいいですが、バグでダウンロード版が起動しなくなったという事例もあります。お好きな方でどうぞ。

3DSの『NEWラブプラス』と、VITAの『シェルノサージュ』。さて、パッチで立ち直るのはどっちかな?立ち直れなかった方を、今年の最低ソフトにしていいと思いますよw。
ただ、『シェルノサージュ』は伝説となって未来永劫語られるでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト
2012/05/02 Wed. 01:09 | trackback: 1 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/689-8d8f0f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【『シェルノサージュ』、伝説となる】

ツイッターに登録している方も、自分みたいにROM専門の方も、一度この文字列を検索してみてください。『C2エラー』おそらく、おびただしい数のツイートが引っかかってくるでしょう。このツイートをしている方々は、好きな、やりたいゲームをきちんと実費で買ったにも関わ?...

まとめwoネタ速suru | 2012/05/02 01:18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。