09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『ダンシング・シスター』(ノーランズ) 

ある訃報から触れます。

(ここより転載)

川村龍一さん(かわむら・りゅういち=パーソナリティー、大阪芸術大短大部メディア・芸術学科長)が25日、大阪市北区の事務所で倒れているのが見つかり、間もなく死亡が確認された。69歳。葬儀は近親者で営んだ。

1975-82年に毎日放送のテレビ番組『ヤングおー!おー!』、その後、毎日放送のラジオ番組『おはよう川村龍一です』の司会を務めた。
95年の阪神大震災では、兵庫県芦屋市の自宅から車で大阪市の毎日放送を目指しながら、「阪神高速が落ちました」などと携帯電話で被災状況をリポートし、ギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティ賞を受賞した。

(転載ここまで)


小学生の頃、土曜日の半ドンが終わると、家に帰って楽しみに見ていたのが『ヤングおー!おー!』。
一番楽しみに見ていたのは、まだ若い桂三枝とザ・パンダ(文珍、小染、さんま…あと思い出せないw)のカラミというか、ゲームでしたが、この番組のイメージを決定づけていたのが、司会の川村さんの軽妙なカッコいい喋り。
特に、番組スタート時に、客席で客に「ハッピー? ハッピー?」と聞いて廻るスタイルは、小学校でもよく使った小ネタでしたw。
んで、「ヤングおー!おー!、おいしさは世界の言葉、日清食品の提供でお送りします!」(客の歓声)という、印象的なフレーズを喋ってましたなあ…。

『ヤングおー!おー!』は面白いコーナーだけでなく、ゲストが歌ったり、ちょっとした情報コーナーがあったりしたんですが、中でも印象深いのが、洋楽を紹介するコーナー。
ただ、あれは洋楽コーナーだったのか、情報コーナーで単に洋楽を取り上げていたのか、その辺の記憶はさっぱり無いんですけどねw。
そして、このコーナーがきっかけで知った洋楽が、ノーランズの『ダンシング・シスター』(おそらくPVでの紹介)。時に1980年。

この当時は、洋楽が普通にオリコンチャートをジワジワ上昇していくのは珍しくもなく、この曲も…うちの田舎ですらwあちこちで流れるほど流行し、オリコンチャート2週連続第1位となっています。この曲はオリコン云々はともかく、今でも充分通用するくらい際だった名曲ですよ。
ちなみに、この曲の後に五輪真弓の超絶名曲『恋人よ』が3週連続1位。そうか、そういう時期か…。

小学生なんで英語歌詞なんて分かるはずもありませんが、すごくノリのいいメロディーラインが印象的で、でまかせ英語(というかハミングだなw)でよく歌ってました。本当に流行ってる曲は、老若男女、誰でも知ってましたからね。
キャンディーズやピンクレディーとも、サーカスやABBAとも違う、不思議な魅力がありましたね。結構美人さんだし、姉妹だし、メインボーカルの甘い声、そして楽曲の良さなど、そういうのが混然となった魅力というのか。
まあ、当時は小学生ですから、そんな事はちっとも考えちゃいませんでしたがw。

その後、洋楽というものを意識して聴くようになっても、この曲は大好きで、もちろん今でも好きです。変化といえば、当時は適当なハミングで歌っていたのが、それなりに英単語を混ぜて歌うようになったくらいかなw。
コサキンのラジオでラビーが「ケツがデカかった。ケツデカ姉妹」とか言って笑わせてましたが、まあジンガイのチャンネーだから、ケツはデカくて当然でしょ。

で、このスマホを手に入れてから、盛んに見ている洋楽PVの一つとして、『ダンシング・シスター』のPVも見たんですがね。

『ダンシング・シスター』 オリジナルPV by ニコニコ動画


おっぱい動画じゃん(゜Д゜)!
いやいや、視線がどうしてもぶるんぶるん揺れる胸元に釘付けになります。
小学生の頃に『ヤングおー!おー!』でこのPVを見た時は全く気にしていなかったポイントに、釘付けになってしまう今の自分に少し嫌悪感orz。
でも、このおっぱいはあまりにも健康的でいいですなあ(もう立ち直っている)! 名曲はおっぱいと共に在り。

アイマスPVは、本家PVの汗だくおっぱいが神過ぎて、印象弱いですけど一応w。

『ダンシング・シスター』 アイマス洋楽PV by ニコニコ動画


春香、雪歩、美希という構成、いいんじゃないでしょうか(投げやりなコメントだなw)
まあ、純粋に曲を楽しむならこっちですね。美希が汗だくおっぱいなら、そりゃもう(ry。

自分の洋楽好きの素地を固めてくれた曲。そして、この曲を自分に伝えてくれた『ヤングおー!おー!』の川村さんの御冥福を祈りたいと思います。
また一つ、昭和が消えました。
関連記事
スポンサーサイト
2012/05/27 Sun. 05:01 | trackback: 1 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/719-f2e6a8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【『ダンシング・シスター』(ノーランズ)】

ある訃報から触れます。(ここより転載)川村龍一さん(かわむら・りゅういち=パーソナリティー、大阪芸術大短大部メディア・芸術学科長)が25日、大阪市北区の事務所で倒れているのが見つかり、間もなく死亡が確認された。69歳。葬儀は近親者で営んだ。1975-82年に毎日?...

まとめwoネタ速neo | 2012/05/27 12:45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。