07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2012年、上半期のパチンコ 

ぼちぼち上半期も終了が迫ってきたので、上半期のパチンコについて少し振り返ります。

いつかも書いたように、半分以上はエヴァ7を打ってた訳ですが、すんごく気に入って打っていたかというと、微妙かなあ…。現状では打ちたい動機の一番強い台とは言えますけど。
必殺、牙狼といった定番台もありましたが、一長一短あるものばっかりで、手放しで褒める域には達してないですねえ。
修行台だったエヴァすら演出過多になったように、近年の煽り演出の多さには、眉をひそめざるを得ません。それが似合うネタであれば何も言いませんが…。
小当たりの使い方も年々いやらしくなってきていて、「ここまで煽って小当たりか!」と憤慨する場面多数。何気なく潜伏する瞬間が有難く思えるというw(出玉無いのに)。慣らされてるなあ。
潜伏にしても、2Rランプが点灯すればOKというようなものは減って、セグの下調べ必須の台ばかり。同じメーカーの同じ枠なのに、戦国乙女2(2Rランプ)と南国育ち(セグ判別すら不能w)みたいに、発想がまるで違う台もあったり…。まあ、マイホみたいに"本当に潜伏した時だけ、データランプが光る"という設定だと助かります。一部の台には通じないみたいだけど…。
潜伏、確変当たりだけど小ラウンド、時短短縮傾向など、徐々に出にくいスペックになって、さらにホールによる回転率悪化、スルー締め(マイホはこれw)、アタッカー締めは常態化しているので、パチンコについては今後も見通し暗いですね。
ARTチョロチョロ爆裂5号機のスロットがちょっと羨ましい気がします。

◎エヴァ7(ビスティ)
打ち込めば打ち込むほど、煽って外す為の演出に失笑。それでもまあ面白いんですよね。
歴代のエヴァを打ってる時は、常に「予告(次回予告ね)、金枠、警報」を心の合い言葉に回してたんですが、今回はルートが増えすぎて肝が絞りにくいですね。基本的には、金系予告ないし疑似3連からの好リーチ発展(初号機、受け止め、拒絶)を願うしかないか。通常見ない、違和感ある発展すると当たる事が多い気も。
全体的に演出の出現率もおかしい。この半年ぶん回して、いまだに次回予告と使徒予告を1回も見ていないw。脳汁予告なんだから、当たる時にはドンドン絡めてほしい。6で相性の良かったミッションモード関連の当たりもいまだ無いし。1分ミッションは1度だけ見たなあ。
当たり1回目に流れる、『心よ原始に戻れ・宮村優子バージョン』の素晴らしさ(笑)は特筆モノ。まあ誰もみやむーに歌唱力なんか求めちゃいないんだけどw。エヴァ8ではぜひ、声優界の東の歌唱力女王である坂本真綾先生に歌って頂きたいものです。
まだまだ打つので、語ってない事は年末にまとめて語ります。

◎エウレカセブン2(西陣)
前作は出来がイマイチだったんだけど、先読み保留の面白さと、ダメな台に入れあげる性質から結構打ちました。確変中のアネモネ台詞聞き放題も良かったし。
「ああ、エウレカほどの素材をこんなクソ台にしちゃうあたりが西陣だよねえw」と思っていた矢先、サミーから出たスロットのエウレカが大ヒット。知り合いが「エウレカ最高に面白い!」とか言ってるのを聞きつつ、「いよいよ西陣の立場はねえなあw」と溜め息。
よほど悔しかった(開発チームが怒られた)のか、まさかの再度パチンコ化。しかし西陣。正直、タイヨーエレックとか高尾の方が期待出来るんだがなあ…と思いつつ、打ってみた訳です。
…これ、前の開発チームと同じだろw! 基本が全く同じだよwww。これじゃあエヴァの客は奪えんわ。確かに全体的にリファインされて綺麗にはなっとるよ。でもそれだけだわ、売りが乏しい。
打ちながら「京楽なら、三共なら、高尾なら、藤なら…これよりはマシに作るよなあ」と思っていたら、赤保留や熱い挙動も無い軽い予告からいきなり役物赤ボッキ。そのまま当たって確変昇格。…せっかくの初当たりなんだし、もっとメリハリが…とか思いつつ、神曲『sakura』を堪能。少ない投資でさっくり当たって嬉しかった反面、消化不良な感じでした。
気付いた点としては、確変中完全右打ちで電チューだと突確無しなんですが、右打ちしてんのに時々玉がヘソの方に乗り上げてきやがるんですw。しかもマイホがここぞとばかりにヘソにすんなり入る釘調整にしてるもんで、連チャン中1回突確引きましたorz。こういうのは勘弁してほしいよ、ただでさえ出玉少なめの機種なんだし。西陣許すまじ。
とりあえず、あの出来では長く踏みとどまれないですね。1パチが関の山かな。

◎サイボーグ009・絆(ニューギン)
これも前作はそこそこ打ちました。元ネタ好きだし、平成版も一応評価してるし、globeのOPEDも…特にEDについては結構名曲だと思ってますので。
この機種については、一つ疑惑があってですね。愛読のパチンコ攻略マガジンに先行情報が載ったのが12月始め頃だったんです。そしたら数日後、例の胡散臭い"今年の漢字"が発表になって…絆だったんですよね。「やっぱりこの今年の漢字って、各方面に秘かに伝達されてて、商売の道具になってんだろなあ」と思わされました。
そのイメージがあったので、新台ではあまり打つ気がせず、落ち着いた先日にようやく打った訳です。
お座り5回転でいきなり熱い挙動、役物落ちてシャッターも豪華。「これは…当たるんじゃね?」と見てたらしっかり当たり、ラウンド中昇格。そこから一気にモリモリ8箱積み上げてホクホク。
しかし問題はその後。連チャンが終わり時短突入。台の簡易マニュアル見ると時短は70回転。「とは言ってもニューギンだから、時短のフリして実は潜伏なんてザラにあるからねえ」と打っていると、確かに入っていてもおかしくない挙動。しかし時短は70回転を迎え終わ………らない? 時短が電サポが終わらないぞ。「確かコブラで、実は潜伏で、時短100回中に当たらないとそのまま時短が続くセグが1個だけあったな。あん時は200回まで行ってギルドボーナスだったっけ…」などと思索を巡らせ、これは入ってるんだなと思って回してたら…、150回転でいきなりの時短終了w。「はあ?」と未知の事態に混乱します。どうするか?
「幸い玉はあるから、1箱飲ますか」と続行したら、30回転ほどで熱い挙動が来て、サクッと当たり。しかし昇格はせず時短突入。念のためセグを入念に確認しておいたので、打ちながらスマホのパチセグアプリを起動し、今見たセグを打ち込むと…『このセグは情報を求めています』だとwww。役に立たねえ!
仕方なく挙動を見てると、さっきよりはあっさりとした印象。「これは単発かな」と思ってると70回転がやってきて………時短が終わらねえw。「何だこの機種はw」とさらに混乱。まあ回すしかあるまいよ…と回していたら、今度は140回転で時短終了w。なんだこの謎挙動は。一応そこで区切りをつけて箱流したんですが、頭の中は今の謎挙動一色でしたね。
思うにニューギンは、自社の十八番である時短潜伏、時短明け潜伏をさらに先鋭化し、やめ時の判断を一層難しくするために時短のように見せかけた電サポタイムを仕掛けてきたのではないかと。だから前作の2Rランプで見抜きやすかった潜伏を、複雑セグにしたのだと思います。
ならばこの台、人がやめた後の台をハイエナする価値は充分あると思われます。そもそも自分の5回転当たりも、潜伏だったかもしれませんし。…が、それも回ってればの話ですねw。
前作とあまりに同じ(いくら佳作台だったとはいえ、こうも同じだとねえ)演出だったせいか、はたまたこの複雑時短が嫌われたのか、客はあまり打ってませんね。
第2弾だったんだし、超絶名曲の『誰がために』と『いつの日か』を収録するべきだったんじゃないかなあ。版権使用料が馬鹿高いのは知ってるけど…。東映に頭下げろよ。

◎牙狼・魔戒閃騎鋼(サンセイ)
えーと、すいません。5万ほど入れてみましたが、まだ当たっておりません(T_T)。
それでも演出について少々。ハッキリ言って、初代やレッドレクイエムに比べて面白くないです。通常時はかなりの修行台なのに、熱い演出を待つのが苦痛になるタイプ。疑似でいちいち牙狼が出てきて「トォッ!」とかやるのが凄いイラつく。やっとかかった疑似3連は空気だし、キューブ役物のウザさは特筆モノです。こんなん延々と見せられるくらいなら、初代の「時にゴンザは元気か」とか、ザルバミッションのザルバ一人芝居とか、邪美様の妙に自信満々のアニメリーチを繰り返し見ていた方がいい。
結局のところ、フェイス無しではほぼ当たらんから、フェイスが出なかった時点でこっちは抜け殻ですよw。あとは相手が誰でも同じです。
ともかくちゃんと当てて、51%を突破し、真魔界ラッシュに入ってみないとね。…入れないかもしれんけど。

◎大海物語2(三洋)
いや、打ってはいないんですが、気になった点を少し。
ジジババの生態をよく理解し、ガラスにタッチセンサーを付けたのは偉いw。ジジババが必死にガラスを触ると、魚群が出たりパールフラッシュが鳴ったりするというのは、実に楽しそうですよ。これは海の新要素として残ると思います。
あと、当たりラウンド中のアニメがね…。毎回趣向を凝らしてくるんですが、今回はマリンとワリンとサムの学生時代が登場して、うっかり見た自分…コーヒー吹きましたw。おいおい学校行っとったんか君らはw。しかし3人で仲良くしてると、関係性が一層謎なんだがな。自分はマリンとワリンの百合押しですが。

◎めぞん一刻・桜の下で(平和)
手堅い。なんて手堅いんだ。これは長くホールに残ると思うよ(特に甘デジは)。
毎度おなじみの原作版権なんで、アニメの主題歌等は一切流れないんですが、めぞん一刻に関しては原作の度量が巨大過ぎて、ラブソングならほとんど世界観に合ってる気がするんですよね。あくまで原作に声と音楽が付いたものと考えれば普通に打てます。
前作をうまく踏襲しつつ、さらに豪華にしましたよ的な作りも上手く、前作に引き続き女性客もよく打ってる印象。平和はクソ台も作るけど、版権はわりと手堅いなあ。

◎コンバトラーV(京楽)
2戦して大勝ちと大負け。感想としては「辛いなあ、この台」ですね。265分の1、ビクトリーモード突入は50%。つまりビクトリーモード突入は実質530分の1。それで確定が1000玉の5連、等価だと2万ですか。正直厳しい。1万打って、当たらなかったら即撤退するのが利口でしょうね。
演出に関しては、近年のヘボ京楽とは思えないくらい、非常によく出来てたりするんですこれがw。コンバトラーVを見ていた人間には、嬉しくなる凝り様です。役物ギミックもいいし、予告もまあまあ。
そして何より、南原ちずるが素晴らしい! 特にちずるリーチ冒頭の、ビキニのちずるを下から俯瞰で描写したシーンは目が釘付けですw。洋ぽん使ってた頃なら、絶対撮影してたなあ自分。他にもちずる関連は充実していて、開発チームのちずる愛がヒシヒシと伝わってきます。いい仕事をしている。
なんでもこの台、いったんオクラ入りになったんだけど結局発売になったんだそう。まあウルトラマンタロウの抱き合わせなんだろうけど、オクラ入りにはもったいないクオリティがあるのも事実。
返す返すもスペックがもったいない。せめて240分の1くらいに出来なかったかなあ。
あ、京楽の悪い所思い出した! 15連して水木アニキの主題歌3回とはどういう事やねん! 訳の分からん若手の歌なぞどうでもいいから、水木アニキの歌をひたすら流せ! 説明くさい事で有名なEDも収録しろ!


今年の台はそんなとこですね。エヴァ7と戦国乙女2(1ぱちのミドル、4ぱちの甘)をひたすら回してますから、あまり数はこなせてません。
結局、必殺とかバカボンとか笑ウせえるすまんとか打ってないなあ。開拓精神を持たねば。
下半期への展望は、…後日にします、疲れたw。
関連記事
スポンサーサイト
2012/06/11 Mon. 03:59 | trackback: 2 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/734-db21529c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【2012年、上半期のパチンコ】

ぼちぼち上半期も終了が迫ってきたので、上半期のパチンコについて少し振り返ります。いつかも書いたように、半分以上はエヴァ7を打ってた訳ですが、すんごく気に入って打っていたかというと、微妙かなあ…。現状では打ちたい動機の一番強い台とは言えますけど。必殺、牙?...

まとめwoネタ速neo | 2012/06/11 05:24

フルラ 財布

2012年、上半期のパチンコ - メテオ・ストライクス!

フルラ 財布 | 2013/04/17 17:12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。