07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

戦国カフェは詰めが甘い 

豊臣秀吉から接待されて嬉しいか?
自分は、こういう接待からはすっ飛んで逃げたいと思うんですが、どうでしょうかね。

(ここから転載)

酒どころとして知られる広島県東広島市の西条地区の旧酒蔵で18日、豊臣秀吉や武田信玄ら戦国武将に扮(ふん)した店員が接客する戦国カフェ「侍」がオープン。19日まで。

地元のアマチュア劇団員ら約20人が町おこしのために企画した。舞台衣装のよろいかぶとや着物姿で、「お帰りなさいませ姫」「殿」と客をもてなした。

真田幸村ファンの女性客(25)は「武将姿の店員が出してくれたハーブティーは、格段においしかった」。アルコールの提供はないが、勇ましい姿に酔いしれていた。

(転載ここまで)


単なる武将コスプレなら多少笑えるんだけど、秀吉ってアナタ…。
天下人の秀吉が自分に茶を持ってくるというだけで、「俺の人生オワタ…」感しか無いんですけどw。
どうも自分にとっての秀吉は、『黄金の日々』の緒形拳、『独眼竜政宗』の勝新太郎…。あるいは『花の慶次』の筋肉秀吉、『へうげもの』の冷酷秀吉といった、絶対油断出来ない恐ろしい御方という印象が強烈なんですよね。
しかも背後に弟・豊臣秀長がいて、豊臣にとって有害と思ったら…数日と生かされない訳でw。正直、命は惜しいので出された茶は飲みたくない。秀長に比べたら石田三成なんぞ可愛いもので(だから歴女も、モノホンに怖い秀長には喰いつかない)。
『おんな太閤記』の西田敏行とか、『徳川家康』の武田鉄矢みたいな愉快な秀吉なんか有り得ませんよ。『信長-KING OF ZIPANG-』の仲村トオルは異色過ぎて逆に笑えたけどw。

そもそも、この戦国カフェは企画がまずい。広島県でやるんなら毛利関係で統一しないと。店長元就で、輝元と小早川・吉川、あと清水や安国寺あたりをスタッフに。一人だけ折り合いの悪いスタッフがいて、苗字を尼子か山中にしとけば客だってクスッと笑ってくれるはず。
あとは「無事のお帰り、喜ばしい事でございます、御館様」とか用語もキチッと。なんなら"女中カフェ"とか"奥女中カフェ"も併設すれば鬼に金棒。
「あれ、御館様っ」「フ…良いではないか」

とにかく、秀吉や信玄は無いわ。生きた心地しないもん。
自分は奥女中カフェで結構(ありません)。
関連記事
スポンサーサイト
2012/08/19 Sun. 03:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/809-fa6450de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。