07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

途中から読み出した漫画 

職場からの帰りに、『パタリロ!』の89巻を買ってきました。
とりあえずサッと目を通してみたんですが、今巻は淡泊というか、パタリロとタマネギだけでほぼ話が成立してますなw。バンコランもマライヒも、警察長官もヒューイットもアスタロト公爵もザカーリも出て来ない(そもそも滅多に出ないだろう、その面子は)。
まあ、ミーちゃんも油っこい話を描くにはキツい年齢なんだろうし、とりあえず無事新刊が出た事を素直に喜ぼう。
なんせ、もう30年のお付き合いなんだし。

で、ふと思った事がありまして。
最近、途中から入る漫画が減ったなあ…という事。つまり、1巻からではなく、えらく中途半端な巻から買い出すという漫画ですね。
以前、ちばあきおの『キャプテン』に言及した際、人生で初めて買ってもらったコミックスであり、それは10巻だったと書きました。その1冊の10巻をどんだけ繰り返し読んだことかw。おかげですっかりイガラシ派ですけど。
今日買った『パタリロ!』、出会ったのは小6。おかげですっかり同性愛に寛容になりましたがw、最初に買ったのは8巻でした。これはジャケ買い、表紙絵が気に入った巻ですね。内容も、8世の時間跳躍によって7世と10世が一同に会する話など、おいしい話が入ってました。これも繰り返し繰り返し読み込みました。
同じく小6頃に出会った『じゃりン子チエ』、これは20巻あたりから入って、最新刊を追いつつ過去も遡っていった買い方でした。だからヨシエはん(そおですか…)が家出していた時代はあまり馴染みが無いです。ヒラメちゃん(ウチはどんくさくない!)も、相撲よりは絵画の子ですね。
下手な劇画真っ青のリアリティなのに、いつまでもニヤニヤと読ませてくれる『エロイカより愛をこめて』も、確か読み始めたのはエピソード"皇帝円舞曲"でした。これは後に古本屋で一気買いしたので、コミックス的にはそれなりに順番に読んでますけど。
少女漫画の金字塔である『生徒諸君!』も、姉の部屋にあった中途半端な巻から読み始めました。それがまた、なぜか小西初音ちゃんの"あの事件"だったんですよねえ…。思えば庄司陽子という漫画家は、基本的にダークですよね。悪たれ団の基本である中学生時代は、後から補完しました。
『サーキットの狼』も、シリーズ最高潮の流石島レースから買ってます。風吹裕矢のロータスヨーロッパ時代は、友達の家で読み漁りましたw。シリーズ後半の日光でのレースに至っては、大人になって愛蔵版にて補完しましたw。でももう忘れましたw。やっぱ流石島レース最高。
『釣りキチ三平』や『ドカベン』、『こち亀』は友達の家や散髪の待ち時間に読むもので、中途半端が当たり前でした。

今は、雑誌で引っかかる漫画があると、それを1巻から買うのが当たり前になってますねえ。
買っている訳ではないですが、『ゴルゴ13』はどこから読んでもいいので時折ランダムに立ち読みするくらいかな。
ただ、昔を思えば途中の巻から買ってもいい気がしますね。ジャケ買いとかもっとやってもいい。気に入らなかったらブクオフに処分すればいいんだし。
新しい漫画の開拓、特に雑誌立ち読みが少ない少女漫画には有効な気がします。
いい漫画とは多く出会っておきたいじゃないですか。上記の漫画とはそうやって出会ってきたんだし、今後も出会いたい。

今から『パタリロ!』を読んでみようという方は、…とりあえず6巻から12巻のどこかから読んでみるのがいいと思いますよ。気に入ったら、前後に広げてみてください。そうすれば、絵柄が安定してない序盤もすんなり読めるはずです。
まあ、『パタリロ!』の既刊が揃ってる本屋なんてそうは無いけどねw。
関連記事
スポンサーサイト
2012/11/10 Sat. 04:31 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/906-0bb3712d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。